2006年09月30日

異世界インナー

…いや、インナースペースとかいう駄洒落じゃないから(誰に言ってるんだ)。

 本日は記事2つ〜。…というより、ゲド戦記フラッシュネタは見つけて反射的に書き込んだもので、こっちがいつもの雑日記です。

 さて、今日は新潟は秋晴れの一日。旦那の職場の同僚は昨日夜中に単身赴任から帰ってきて(旦那は同乗してきましたw)、今日は早起きして運動会の応援席の場所取りをすると言っていたそうです(旦那は同情していましたw)。頑張れ世の中のお父さんたち!過労には要注意だ(あ、お母さんたちもね)!

 さてさて、それでも真夏の素っ裸でいてもまだ暑いというような気候から比べると確実に涼しくなっているわけで。
(…でも椅子とか汗でべたべたになるから真夏でも素っ裸で過ごしたりしないけどな)
 特にこのところ朝は涼しすぎる。夜中に布団をベッドから落としたりすると確実に風邪をひきます。てかひきました(またか)。で、最近はちゃんとパジャマを着用しておりますし、今日は下着を出してきました。

 …秋用の下着というか真夏には着ないようなものを出しただけで、別に今まで下着なしで過ごしていたわけではないわよ?
(いや、誰もおばさんにそんなセクシーな展開期待してないから)

zatu20060930.jpg
 で、中から出てきたのが、先シーズン買った補正下着。一見普通のキャミソール、実は別パーツで「パワー補正ネット」がついていて、これがばっちり腹部をサポートしてぽっこりおなかをすっきり見せてくれるという優れもの。

 …のはずなんだけど、夏の間放置していたら着方がわからなくなってました。 orz

 どうやって着るんだこれ!
 ネットが背中に寄ってるけど!
 わき腹の肉をファスナーがはさみそうなんだけど!

 …たがが下着を1枚着るのにトライアル&エラーだなんて…

 orz

追記:なんとか着てみました。…思ったよりも締め付け苦しくないじゃん!
これはもしかして、毎日の純ココバナナ&結局作って2週間で飲みきったバナナ酢のおかげ?ちょっとお腹すっきりした?…とちょっと喜ばしい気分w

 …しかし、着方を忘れてるってことは下着の着心地(締め付け感とか)もきれいさっぱり忘れてるってことなので、お腹がすっきりしたかどうかは多分妄想だと思っていたほうがよさそうです。

 …そして喜ばしい気分を台無しにするのを避けるため、体重計はスルーの方向で(←超弱気)。
posted by NOIRA at 23:53| Comment(4) | TrackBack(2) | 実は実話・ネタ人生万才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観ないで語るのはルール違反なんだけれども

 …うわあ、観なくて正解だった?てか、DVDも観る必要なし?
posted by NOIRA at 20:35| Comment(7) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

とりのなん子「とりぱん」2巻

 とりのなん子「とりぱん」、待望の2巻〜。表紙のつぐみんが可愛いですよ。…身の回りのエッセイコミックだからあっさりと素人っぽいシンプルな絵柄で描いてるけど、ふんわりした羽毛の感じがとても素敵です。…触りてえ。もーちょっと可愛い系のコミックエッセイも読んでみたいなあ。

 1巻に2巻の予告が載っていて、「かまさん」の話に賛否両論…とあったので期待しておりましたが、予告での煽りの割にはいつもの通りのあっさりとした語り口で安心しました。…感動巨編だったらどう反応したものかとちょっと思ってた自分が恥ずかしいw
 しかし、瀕死のカマキリの目から光が消える様子なんて想像もしなかったものなので、ちょっと感心。身の丈ワイルドに生活していて拾ったネタをあっさり描いているように見えるけど、作者の(まさに昆虫の触角のごとく)とんがったアンテナに脱帽です。

 鳥スキーはもちろんのこと、虫スキーにもすすめたい1冊。…ただし、出てくる虫は、栗虫蟷螂猩々蠅蜻蛉青虫と、だいぶん地味ですが。
(↑の虫の名前が漢字で延々並んでいるのは確信犯的嫌がらせw読んでみろw)

 …さ〜て、またもやいろいろ飛ばして最近買ったコミックスを紹介してしまいました。ネタに乏しい日にたまってるコミックスも紹介するつもりでいますのでお楽しみに。

 …ていうか、ネタのない平穏な日々キボン!
posted by NOIRA at 23:21| Comment(5) | TrackBack(0) | コミック三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

牛〜

 今日は仕事で牛小屋の見学に。

 仕事で行ったけど、全然仕方なくなんかないさ!
(乗り気です)

CIMG4066.JPGほ〜ら子牛もいるよ。

 もう初っぱなから触りたくって触りたくってテンション高いよ!
(超乗り気です)

 でかいよあったかいよよだれ垂らしてるよ!
「こわ〜い」なら許すけど「きも〜い」は許しませんよ!給食から乳製品取り上げの刑ですよ!牛乳もクラムチャウダーもプリンも禁止だよ!
(実際にやったら体罰です。ここをみているよい子の先生方は真似しないでね!約束だぞ!←しねえよw)

 ともあれ、牛小屋のご主人のご厚意で、牛を見せていただき、飼い葉を食べさせる体験をさせていただき、子牛にも触らせていただきました。…そして、牛の大きさにびびっているお子様方を尻目に、親牛の頭もなでさせてもらいました。

 大人で良かったと思う瞬間がここにも。
(他は何ですか?スロットでフラグ立った瞬間?)

 いやー、今日は4つ足の癒しんぼくんたちに会ってご機嫌。えへへ。

 それにしても、生きている牛の舌って初めて触りましたが、かなりざらざらしています(えーと、牛タンは好物です)。…背中とかなめられたらぞくぞくしそうな(話題がアダルティな方向に行きそうなので自主規制w)

 そして、丸く大きな牛のお腹が妙な感じでびくぶるんっと時々動きます。「…赤ちゃんが入ってるの?せんせー。」と言われて改めて気が付く。ああそうか、乳牛とはいえ、授乳の必要もないのに乳は出ないよなあ。
 また、乳のでない牛(授乳期から外れてるってことかな)と、乳の出る牛は飼料を変えている(搾乳する牛は蛋白質の多い飼料を与えるんだって)というのも聞いてちょっと驚いたけど、考えてみれば当然なのかも。うちだって抱卵育雛中は餌にカルシウムとかタンパクとか余計めになるように調節するもんなあ。
 そんなこんなでちょっとした新鮮な驚きと共に帰ってきました。

 …子どもそっちのけではしゃいだら、今ちょっと頭痛がします…

 …知恵熱…?
posted by NOIRA at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

投薬の秋w

 朝晩はそろそろ長袖で過ごす季節になりました。秋ですねえ。秋と言えば実りの秋。スーパーの果物コーナーが地物でにぎわっております。

 …で、この実りの産物を文鳥の投薬に使っている私w

 アガリクス液の他にメシマコブ粉末の薬を投与しなくてはいけないうちのくろ様。処方されたのがお盆過ぎ。投薬の際のご褒美がかわり、それにともなって投薬方法も以下のように変わってきました。

8月下旬:スイカをちぎって(挽き割り納豆大)粉薬をふりかけて投薬
   ↓
9月上旬:スイカは飽きてきたので葡萄に切り替え。葡萄はその場でスプーンでちぎってやる訳にはいかないので、包丁でみじん切りにする。大きさは挽き割り納豆大。なかなか切るのが面倒くさいが、糖度が高いのでそれなりに好評。…ただし、ブンよりもインコの方が欲しがる。
   ↓
9月下旬:栗が出始めたので、ゆでてみた。ゆで栗をスプーンで耳かき2杯分くらいほじりだし、薬をまぶして指先で練ってみる。

 うお、栗に切り替えたらこりゃ楽だ。薬が流れていかないし、薬栗団子にしてやるとちゃんと食べるし。食べてると思ったら下に落ちてたとかそれを他の子が強奪して食べたとか、そういうのがあんまりない(栗は分解するから強奪しづらい)ので、楽で確実って感じがする。しばらくはこれでいこうっと♪

 そしてそんな栗の副作用!
 みんな放鳥中に頭とか肩に集まってくるよ! 更に、なっちが指先からおそるおそる食べるようになってきたよ(保護者同伴時に限るがな)!

この癒しんぼさんたちめ!

 仕方がないから癒されてあげるわ(ツンデレ風味)!
posted by NOIRA at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

「地球のステージ」観てきました

 今日はPTAの講演会で、「地球のステージ」を観てきました。

 実際にいろいろな支援活動をしていて、それをもとに映像と音楽で綴るステージ…という話だったんですが、NPO法人の活動って事で、実は観るまではちょっと意識として敬遠気味…

 …観てみた感想。これけっこういいです。

 舞台で語り&演奏をやったのは代表の桑山氏だったんですが、豊富な海外渡航経験、ボランティア経験に裏打ちされた話を、高学年の子どもたちならわかる程度の平易な言葉で語ってくれました。なかなかそれが面白い。語りと共にその場面の写真が映し出され、合間合間に現地のことを思い出して作ったという歌を歌う。…医者でボランティアやってるのに歌も歌えるのか!(←だいぶん偏見が入ってますね…)ギター弾き語りになったり、間奏ではヴァイオリンを奏でたり、そりゃあもう多才な感じ。でも話してることがだいぶんくだけてるから「お兄さんの海外お土産話」を聞いてるような感じです。

 内容は大量にゴミが集積される場所で住みついているアジアの人たちの話とか、ソマリアの戦禍が生々しく残る地域や難民キャンプでの医療ボランティアの体験とか、クロアチアのサッカー場が戦争で墓地になってしまったところに一家を亡くしたおばあさんが通ってる話だとか、対人地雷が埋まってるから山には行かないように子どもたちに通達する話だとか、結構ハード。
 ただし、現地での活動の合間にひろったちょっとした小ネタをはさみつつ語ってるので重い感じはしないし、対人地雷の話だって「地雷が完全に効力をなくすまで60年かかると言われてます。その間子どもたちは夏休みにクワガタを採りにも行けないんですよ〜。」とそんな感じで着地させてくれるので、聞いててそんなに辛くはないってのが救われてるかな。

 宗教的使命でもなく、義務感でもなく、富める者のおごりでもないバランスがすごくイイ感じ(本人若い時を振り返って『自己中心的でボランティアなんてとんでもないと思ってました』とか言ったりするし)。

 こんな語り口の中から、生活に密着したグローバルってのは生まれる気がしました。機会があれば皆様も是非。
posted by NOIRA at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

【現世だけに】三千世界にネタはつきまじ【してください】

 お盆に「お母さんの17年忌をうっかりぶっちぎっちゃったわ」と言うことが判明した我が実家ですが、まあ、6月の命日は過ぎていても(日程を合わせる…とかいう言い訳が通用しない3ヶ月のずれw)お彼岸ならいいだろうということで、法事を行いました。

 本来なら、母の友人や親戚ご一同様を呼んでやればいいのでしょうが、父と私と弟の3人でうちうちで行うことに。

 …まあ、忘れてたなんて恥ずかしくって言えやしn(ry

 …ということで、弟が前日に長野県(しかも南端)から新潟に帰ってきて、新潟市内の私と父とで村上まで出かけました。前々から打ち合わせをしていたので、起きる時間はばっちり、朝食をとって途中で墓花を買い、実家へ出発です。

 …あれ〜?数珠がない。

 ひっそりとネタが仕込まれているような気がしないでもない幕開け。しばらく数珠を探したが見つからないので、諦めて出発。…実家に余分があったような気がするので借りちゃえ。…しかしどこにしまったのか置き忘れたのかなくしたのか…

 3番目の「なくした」説に一票! ><ノ

 まあ、時間には余裕を持って間に合ったし、花はちゃんと準備できたし、ついでに実家の仏壇の花とおはぎも買っていったし(作る余裕なんかありません)、及第点と言うことで。

 ち〜す。あら弟、元気にしてた〜?ゴメンお父さん数珠貸して…というやりとりをしている間に楽しい事実が判明。

 「あの後お寺さんと連絡をとったんだが、母さんの17年忌の他に俺の親父(つまり爺さん)の50年忌とおじさんの3年忌もあったんだと。」

 …。

 Oh! 超豪華ゲストでにぎやかな一日にナリソウデース。(棒読み)。
(…ゲストって…来るんか?草葉の陰から?)

 お父さんちょいと忘れすぎだよ。…しかし、33年忌で終わりだと思ってたんだけど、続きがあったのかよ。

 「普通は、親の死後50年っていうと子どもの方にもお迎えが来るからなあ。」

 …ちょw そこのおじさん、不吉なことゆわない。

 それにしても、つまり50年忌って50年経っても成仏しないってこと?ワタシシロウトナノデヨクワッカリマセーン(棒読み)。
(供養、ということの存在意義が問われるような気がするんだけどどうよ)

 そして貸して貰った数珠。…先っちょにふさふさがついていた気がするんだけど、これって去年死んだ犬が形見代わりにかじっていったあとですか?
 「いや〜、古いからヒモの先の房が取れてるなあ。」
 まったお父さん、今の言い方、直す気とか替える気とか皆無っぽかったぞ〜(というわけでビンゴとみた)。

 さて、村上へ移動して法事の始まりです。本堂でお経をあげてもらって、新しい卒塔婆をもってお墓に行って、墓前でもお経をあげてもらう、というシンプルな形式でした。法事は何回か経験してるんだけど、ほんとに家族だけでやるのは初めて。3人で横一列に並んで、住職さんのお経を聞きます…

zatu20060925.jpg

うっわ仏の試練キター!

 …お寺の本堂には坊さんが座って読経する席があるんだけど、まわりをいろいろなものがかこんでいるのです。銅鑼とか、鐘とか、木魚とか、仏典(多分)とか。
 ちょうど私の席からは、大小の鐘にかくれて、そり上げた後頭部だけが見え隠れ。…しかも本堂の四隅からスポットライトが当たってるよ!

 …ご来光だ!

 …と、そんな大人にはあるまじき思考がふと頭に浮かんだうえにツボにばっちりはまっちゃって苦しいのなんの。もうどうしようかと。…耐えたよ、大人だから耐えたけどさあ!

 そして第2の試練キター!

 だいたいお経のリズムでもうすぐ終わるかなというのは予測がつくんですが(聞き慣れてるパターンのものだけね)、今回いらんところに気をとられていたら、途中から全然聞いてなかったわけで。
 んで、一通り唱え終わった住職さんが「それではご焼香をお願いします。」と言ったときには、膝から下がイイ感じに彼岸に旅立ってしまっていたわけで。
 …足に痺れが来ると、笑いたくなるよね…。…耐えたよ、大人だから耐えたけどさあ!

 ばちですか!?これは仏罰ですか!?

 まあ、そんなこんなでしんみりと故人を思い出す余裕もなく過ぎていったお彼岸でありましたとさ。
 …でも、例によって戒名を言うときに噛んだのはしっかり聞いてたわよ?…できれば今後の改善に期待したい…けど、住職本人がだいぶん苔むしてきてたから、過剰な期待はしないようにしよう…。

 おまけの小ネタ。

 お寺の向かいには、美味しいと評判のラーメン屋があります。ついでにお昼でも…と行ってみると満員。そこで父が「笹川流れに行って魚を食べよう。」と言い出した。…長野から今回弟が来たので張り切ってるっぽいぞ〜w
 笹川流れに行き、民宿兼食堂みたいなところで食事をしました。酢ガキ定食ひゃっほう。冷えてないけど剥きたてだよっ☆(彼岸なのにいいのか?)

 お店のおばちゃんが話しかけてきた。「奥さん、おはぎ食べない?」聞いてみるとお彼岸のレディースサービス(?)であるらしい。女性のみなんだそうな。…ありがたくいただいて分けて食べました。

 …でもつっこみたくて突っ込みたくてしょうがない。

 「奥さん」と呼ばれても全然変じゃない(どころか最近はサービス入ってるかも知れない)年齢なのは自覚してます。

 しかしいったいどっちの「奥さん」と見られていたのか。

 70男(父)の「奥さん」で40男(弟)は息子なのか。
 40男(弟)の「奥さん」で70男(父)は舅なのか。


 聞かずに来たので暫くの間悩ましい問題なのである。
posted by NOIRA at 23:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 実は実話・ネタ人生万才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

夢枕獏+天野喜孝「鬼譚草紙」

 なんか最近HDDの調子が悪い〜。新しいHDD買ってきたけど引っ越しが面倒くさい〜。…で、HDDがいかれた時用に「ハードディスク革命BackUP」をインストールして、緊急起動用のディスクを作るところまで準備。
 今週突然ふっつりと更新がされなくなったら、原因は私の死亡かHDDの死亡です。

 …でも、うちのマシンが死んでもタブりん(ノート)がいるから、更新されなくなった場合の可能性としては私の死亡の方が高いかもw

 さて、HDDとは関係なく今年読了した本43冊目、夢枕獏+天野喜孝:著、「鬼譚草紙」朝日文庫:刊。
 「陰陽師」と同じ時代を舞台にして描かれる鬼と女とえっちのお話。

 「陰陽師」では、どちらかというと源博雅と安倍晴明との友情とか、日常・非日常に見え隠れする「呪」の哲学とか、同じ不思議譚でもそっちの方にいってしまって、あまりエロスは強調されていないように感じる(まあ、登場人物がいい大人ばっかりだから、そう言う要素も皆無じゃないけども)。
 こちらの「鬼譚草紙」は最初っから「Hな譚(はなし)をやりたいねえ」で夢枕氏と天野氏が意気投合して始めたそうなので(あとがき「Hな譚(はなし)のこと」参照)、「陰陽師」よりもかなりえろえろです。ただし、「陰陽師」と共通したあの時代の(夢枕的)雰囲気とか、物語のさらりとした読後感なんかはかなり近いので、陰陽師シリーズがお好きでしかもエロでも気にしなーい、という方にはプッシュプッシュ。
 普通の文庫本よりもかなり多めに挿入してある挿絵は、天野喜孝による美麗カラーイラスト。さらりと書き流したあの絵柄で、十二単を脱ぎ捨てた肢体が踊ります。アンダーヘアまでばっちりですよ(むはー)!
posted by NOIRA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ちょんまげ占い

 今日は、法事で村上市へ行ってきました。その顛末がなんかいろいろあるんだけど、時間がないので報告は明日以降余裕があったらということで。

 mixiの腐爺さんのところからひろってきました「ちょんまげ占い」。

「自分の上司は時代劇で言うと、ぜったい悪代官タイプだよなぁ」 …そう思った事はありませんか?

「いつか叩っ斬ってやる」 …そう言いつつも毎日我慢してしまうあなた自身は、時代劇で言うと、どのキャラなんでしょうか?

「ちょんまげ占い」はあなたの心の奥底に潜む、
「時代劇的人格(ペルソナ)」を白日の下にさらけ出します。

…などと、とりあえず理屈を付けてみましたが、お遊びですのであんまり真面目に捉えないように。


…だそうで、生年月日をもとに、全13種類のキャラクター別性格に分類してくれます。そんなわけで、生年月日を入力してさっそくぽちっとな。以下結果。

あなたの時代劇的人格は「悪徳商人」です。

【悪徳商人(あくとくしょうにん)とは?】

商人は江戸時代の士農工商という身分制度において、最も低い身分と位置づけられていましたが、産業の発展と共に力をつけ、実質的に最も力がありました。悪徳商人は悪代官などの権力と結託して、物価を不当に釣り上げたり、商品の販売を独占したり、高利貸を営んだりして利を得ていました。時代劇では大抵ラストでバッサリ斬られます。

【あなたの性格】

・金の使い方を心得ていて、無駄遣いはしないが、使う時にはパァッと使う

・人並み以上の才覚があり、おかげで周囲が馬鹿ばかりに見える事がある

・善悪に関して、他人とははっきり違った基準があり、それにしたがって行動する

・他人が求めているものを察するのが得意

・相性が良いのは悪代官、相性が悪いのは仕事人


 …悪徳商人…悪徳商人か…。…納得しておくべきなのかなあ。
…無駄遣い…するけど。私の周囲の1番のお馬鹿さんはむしろ私なのでだが…。複雑です…。

2006年09月22日

【ひゃっほう】文鳥バトン【キターですよ】

 ふと気が付くと、カウンターの数字が7000間近。気が付かないうちにmixiの足跡数を踏み越えて行くが男の生きるm(お前いくつだ)
 お祝いし忘れましたけど、やっぱキリ番じゃないし仕方ないって事で。7000おいわいもナシで次は10000hitで何か…やる余裕があったら考えます。最近1日のアクセス数が50オーバーなので、あと10000までは2ヶ月の計算。…2ヶ月で何か…へっぽこイラストとか誰も行かないリプレイサイトとか、需要のないモノを何か企画しますよw
(需要のあるモノを企画しろよ)
(無理ですね)
 …しかし、2ヶ月先には研究授業の壁が立ちはだかっているのであった…
(逃避し放題ですな)

 さて、j-bさんからいただいた「文鳥バトン」。もともとmixiの文鳥コミュで作られたっぽいのですが、該当の「文鳥バトン」トピックを見ると、その場での回答が皆無で、みんな「バトン頂きます〜」というコメントになってるのがちょっと面白かったのですよ。しかしまさかこんなに早々にまわってくるとは…えーと、どっちが正解?
解答1:バトン恐るべし
解答2:ブンチョ飼いが少なすぎ

…解答1であることを切に願う。

さて、お答えいってみよ〜♪

−−−−−
1.過去・現在文鳥さんは何羽いますか?

 過去・ 最低2羽から最高8羽
 現在・ 7羽

2.その子たちのお名前と種類を教えてください。

現在の家族構成
ぐれ :桜♂7歳
くるみ:シナモン♂4歳
くろ :桜♂4歳
もか :シナモン♀3歳
しるく:シルバー♂2歳
うみ :白♀1歳
なっち:桜♀(多分)1歳未満

3.文鳥さんの出身は?ペットショップ?自家繁殖?

ペットショップ出身が多数。うみ様がj-bさんのところから空輸で里子。なっちのみ自家繁殖。…なぜ自家繁殖の鳥だけが荒なのか… orz

4.文鳥以外の過去の動物暦を教えてください。

犬(秋田系雑種、マルチーズ、シーズーミックス)
鳥(チャボ、セキセイインコ、カワラヒワ、ムクドリ、雀、コニュア、錦華鳥)
小動物(ハツカネズミ、ハムスター、モルモット)

…データをそろえてわかる節操のなさ…

5.文鳥さんの好きなものはなんですか?

 コンスタントに人気があるのは米とカナリーシード。そして時々粟玉。煮干にも目の色を変える。

 スイカと葡萄も味を覚えました。…どんどん贅沢になってくな…。

6.文鳥さんの苦手なものはなんですか?
 
 カメラと爪きり。

 
7.面白い特技や癖はありますか?
 
ぐれ :繁殖したときは手の上で子供に給仕する子煩悩パパ
くるみ:我が家で唯一ブランコを愛する男
くろ :昔は頬黒でした
もか :奇跡のダイエッター&リバウンダー。…繁殖期だと思って油断してると素で体重になっているので要注意。
しるく:呼ぶとちゃんと来る。ちなみに、他の子を呼んでも割り込みに来る。
うみ :シルバー限定面食い女。最近くろとかくるみが求愛してるけど絶対尻尾を振らない一途な女。
なっち:ふと気がつくと腕の上にいてびびっている謎の荒鳥。

8.ここがカワイイというしぐさはなんですか?

もふもふ〜ふがふが〜
ねむねむ餅がビジュアル的にはずきゅーんと来ます。
しかし、よく似たシルエットでも、体調不良餅は心臓に悪いです。
 
9.手乗り文鳥?それとも荒鳥?

 手乗りで飼い主とコミュニケーションとってこそのコンパニオンバード。
 しかし、複数飼いだとみんな半手乗りになってしまう罠 orz

10.一番懐かれているのは誰ですか?
 また、一番懐いてくれる文鳥さんは誰ですか?
 
 なつかれてるのは私。ビバ単身赴任!(待て)
 一番なついているのはぐれ様だと思うんだけど、最近ちょっと距離をとられている。若いやつらが肩と腕を占拠してるせいだ。くすん。
 態度が一番フレンドリーなのはくろ様…というか、毎日の投薬(あがりクス&おやつの葡萄まぶしメシマコブ)で、私のことを奴隷だと勘違いしている節があるような気がする。
 一番よくくっついてくるのはしるく様。…しかし挙動が自己顕示よくっぽ… 飼い主に似るのか orz

11.時間を決めて放鳥してますか?ほぼ放し飼いですか?
 
 合図でケージに入るということがないので(というか、出たら外の世界を満喫して入りやしないので)、電気を消して捕まえることが可能な時間帯に限定。1日2時間程度かな。 

12.文鳥さんのお気に入りの場所はどこですか?

くつろぎポイント:鴨居の上に自作した止まり木とかはしごとか

悪巧みポイント:ワイヤーラックとカーテンの間に秘密基地

まったりポイント:マウスを握った右手の中指の付け根(絶対握れない)

13.与えている餌を教えてください。

 キクスイさんの文鳥ブレンドを1日に1羽あたりレンゲ半分弱。その他、ムキエとか粟玉とかペレットとかコシヒカリとかをちょっとずつおまけに配合。
 文鳥ブレンドだけでおおむね8グラム程度になるんだけど、おまけの種類が多かったりするとけっこう余るような量に。

 1日に1羽あたり小松菜の葉っぱ(中程度)を1枚くらい。

 その他、エンドボレーを常設。

 繁殖期には、小さい半月に粟玉を常備。その他、必要に応じてカトルボーンを耳掻きとかカッターとかで削りだして設置。気が向けば粟穂。

14.人間の食べ物を与えていますか?
 
 …ごめんなさい…与えてます…

 主に果物がおおいけど、その他甘栗とかピーナツとか玄米が手に入ったりしたらとか。
 ほんのり調子崩してるときは蜂蜜のぬるま湯溶きを数滴。 

15.びっくりエピソードを語ってください。

 文鳥が喧嘩してると思って起きたら文鳥の喧嘩声をラブソングに取り入れた錦華鳥のシャウトだったこと

 ふと見たら太っていてショックだったこと。

 ひさびさにひっくり返したら肝臓が目立ったこと。

 帰宅してのぞいたらつぼ巣とケージの隙間に刺さって死にかけていたこと。一晩看病して持ち直しました…。

 頬黒に一目ぼれして成鳥を買ったら何故か手乗りだったこと。

16.親ばかエピソードを語ってください。
 
 …もしかして15の解答をそのままここに転記してもいい感じですか?


17.好きな文鳥本はありますか?

 今市子「文鳥様と私」シリーズ
 夏目漱石の「文鳥」は表現は素敵だけどあ〜ゆ〜買い方はやめて。

18.写真はよく撮りますか?

 カメラ向けると逃げます…飛翔写真とかお目目きらきらのどアップとか、「そこにしびれる憧れるぅ」な写真が撮りたいよ君たち… orz

(そこでデジスコとか思っちゃうあたりどこかが間違ってるのね…)

19.次にまわす人を指名してください。

 好きな人もってってくださいね〜。強制はしません。
 …が、みわみわさんがねたにしてくださるとほんのり嬉しいかなw

追記。j-bさんが「カワラヒワって何?」とコメントくれたので、カワラヒワ「ぴよ」の写真も貼っちゃえ。ぺたり。うちに来た頃の写真です〜(スキャン画像なので暗いよ)。
piyo.jpg
posted by NOIRA at 22:43| Comment(10) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

【超能力】アンジーちゃんの予知能力【ちょい能力】

 モーラステープによる自己流治療2日目。殆ど痛みを感じなくなりました。

若さの(ry
(恥ずかしいってば)

 まあ、今日も比較的早めに寝ようかと思っております。放鳥中にベッドに横になるほどじゃなかったけどね。

 …でも放鳥はしますよ。文鳥7羽、ホオミドリアカオウロコ1羽…とここまで放鳥すると、荒のはずの錦華鳥達もそわそわしだして「みゅみゅみゅみゅみゅ〜」と騒ぎ出すから不思議。あんたたち干渉されずにケージの中にいる方が落ち着くんじゃないの?
 …そして要求に負けて放鳥するんだけどさ orz

 最近の投薬パターン。
 まず、くろ様を掴みだして、アガリクスを1滴。朝にもやってるので合計2滴ですね。んで、嘴の色味とか、お腹の腫れ具合とかをチェック。ケージからつかみ出すときは、抱卵中だという事もあってすごく怒るんだけど、出してしまうと意外と大人しいのでありがたいかも。…しかし、逃げ回る体力がないってことなのかも知れないのでちょっと心配。
 で、ついでに隣のケージからぐれ様を出してアガリクス投与。彼の肝臓は目立ってはいないんだけど、てんかん気質を疑わせるふらつきがあったり、最近年取ってきてアゴの下がはげたまんまだったりするので、サプリメント代わりに1日1滴。
 更に、ぐれ様と同じケージからなっちを取り出して1滴。くろ様の娘だからか、どうも肝臓が生まれつき大きいので、予防的サプリメントのつもり。
 その後、葡萄を一粒むいて、包丁でみじん切りにして、皿に入れてもってくる。もってくる間に汁がたまるので、そこにメシマコブを入れて指でまぜまぜ。メシマコブ汁になったところに葡萄の切り身をつけてくろ様に召し上がっていただくわけだけれども、最近ブンとインコは葡萄の味を覚えてしまったので、阿鼻叫喚誰が誰やら。…まあ、流血沙汰にならなきゃいいや、もう。
 ここ2〜3日は、でん六の「ソフトピーナッツ」を買ってしまったので、空前のピーナッツブームが来ていました。…食べようとすると群がられて困るんです〜(のろける)。荒のなっちもだいぶん近くまで来るようになりました。ピーナッツ万才。今日は指先から奪っていくまでにあと一歩ってところで。
 残念ながら錦華鳥達は寄っては来ません…。文鳥と同じ餌(シード類)を食べているはずなんだけど、ブン達がおいしいものに群がっていてもキンカ達は来ません… orz

 で、その錦華鳥ですが、室内の電灯を消して、捕まえてはケージに放り込んでいる間に、

尾羽を盛大に抜いてしまいました orz

 つるりと逃げたところを捕まえようと指に力をいれたらさ〜…orz

 お陰で、1羽の尻尾がえらくみすぼらしいことに…。

 …はっ!一昨日の私のおしり痛はこれを予知してのことねっ!?

 …とかいう感じで、この3日間の謎の痛みにオチをつけてみるテストw

 …しかし、1度に5枚くらい抜けたんだから痛かっただろうなあ。 orz
そして、これでまた怯えて荒化が進んだかもしれません orz
posted by NOIRA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

アンジーちゃんの安眠妨害

 さて、昨日寝るときにモーラステープを貼って寝た私。…前に足の治療用に処方されたモノだけど、当時の足なんかよりもよっぽど緊急性があるのでこの際使っちゃおう。

 …あうう…寝返り打っても痛いよ…

 …しかし、驚いた事に今朝は症状かなり軽減!やったねモーラス君達!

 若さの勝利だ!
(あまりの白々しさに悶絶 orz)

 …昨日ほどではなくなったものの、やっぱりかがんだりすると時折変な風に痛みが蘇ります。…どこかで医者か整体に行かなくちゃいかんなあ。

 それに痛みで思わず抑えちゃうのがおしりだし。

 痛みで抑えてるというよりも、トイレに行きたい人みたいに見えやしないかと妙に心配です。
(とか言ってる辺り多少余裕があるって事かな〜)

 今日は帰ってきたけど、横になっていた方がいいだろうと思い、みんな室内に放鳥してベッドに転がってみる…

 …しまった!最近気温が下がってきたからみんなが暖をとりに来る!

 そんな、背中とか頭とか縦横無尽にたかられたら、寝返りが打てないじゃない!
 いろんなところに気を使いながら寝るの辛いよ!
 足をかじらないでいただきたい!
 顔の上に乗らないでいただきたい!
 なんか足とか腕とかに「ぷり」の気配!

 みんな、邪魔ですよ!

 …幸せですよ!ええ!
(せっかくだからのろけてやる)
posted by NOIRA at 23:56| Comment(5) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

アンジーちゃんの独白

 昨日は、買い物ついでに足つぼやってもらいました。
 例によってイタ気持ちイイひと時。あっお姉さん、そこ大丈夫ですよ強くしても…くうっ!あだだだだだ!まってまってやっぱちょっと弱め!ひ〜!

 …で、もんでもらいながらいろいろ話をしたんですけど、どうも痛い場所が前と違う。…夏の疲れ、たまってる?
 「あ〜、割とむくんでますね〜。…あと、坐骨の辺りがだいぶ…」
えっと、腰が重かったのはだいぶ直ったし、足もなんとか。むくんでるのは自覚あるけど、坐骨?ばんばん平気ですよ。

 …と思ってたら。

 今日、ちょいと椅子に座ったときになんかぴしっときた。

 腰は、なんともない。

 おしり。

 …痔じゃないぞ。痔になるところと腰の中間点くらいに、妙な痛みが。

 …坐骨ってここか!
(痛んで初めて認知する)

 …もしかして暗示にかかったのか!
(暗示でマジに痛むのか?)

 いや、その後なんかどうにも痛いっす。腰掛けてると痛い、立ち上がると痛い、歩くと痛い。
 …どうやら、しりの筋肉に力が入ると痛いっぽい…。

 …ちびちゃんたち担当なので、休めません。…明日はもろもろ予定があるため早退もできないっぽいです。…そして、旦那に電話で話したところ、「多分レントゲン撮っても出ないよ。MRI推奨〜。」と言われてしまった…。

 おかしい。
 もののためし(というかぶっちゃけここのネタ)で、暇になったら撮ってこようと思ったのに。

 MRIマジ撮りしそう。

PS:お尻筋肉痛…もとい尻尾痛の先達がいたらアドバイス求む。冷やせばいいのかあっためればいいのか。とりあえず今日は入浴して痛み止め張って寝ます〜。

PSその2:…明日…体育があるのよ…(そっと涙)。
posted by NOIRA at 23:54| Comment(6) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森博嗣「女王の百年密室」

 3連休で本1冊〜。…「読書の秋」というにはちょっとスローペースかなあ。

 …というわけで、今年読了した本42冊目、森博嗣:著「女王の百年密室」幻冬舎ノベルズ:刊。

 なんだか久しぶりの森博嗣〜…と思って読んだんだけど、「犀川&萌」シリーズとだいぶん印象が違います。
 主人公は今よりも100年くらい先の「現在」に生きるサエバ・ミチル。
 車の故障でたどり着いた町は、女王が統治する幸福で豊かな楽園だった。100年ほどの歴史を持つこの町では、誰も不満を持たず、恨みもなく、死ぬこともない。
 …そんな町の中で殺人事件が起きるが、明らかな殺害の痕跡があるにもかかわらず、住民たちはそれを「殺人」であると認めない…。

 なんかこれって本当にミステリー?どっちかっていうと、SFと言ったほうがいいのかも知れない。科学的考証として目新しいアイデアはないのかもしれない。サエバ・ミチルの生きるこの先にある未来としての「現代」は確かにびっくりテクノロジーの宝庫だけれど、現在ある技術の素直な発展形といえば言えるし。…ああ、でもこれってネット以前の世界観で読んだらまごうことなきSFかも。

 サエバ・ミチルのもつ「常識」よりも、女王の国(100年以上未来から見た100年前…って要するにほぼ現在ですね)の暮らしぶりのほうが読者であるわれわれに近いこと、そしてわれわれの常識では考えられない「貧富の差や権力の差による不公平感を排除し、みんなが仲良く分業しちゃうユートピア」が何故か体現されてしまっていることなどが、単純な「ここで起こった殺人事件の犯人は誰?」という謎を撹乱するギミックになっている。
 …そして、殺人事件自体には、解かれてみればさしたるトリックらしいトリックがない、といういろんな意味でパラドックスを内包したストーリーといえるかも。

 点どうも「犀川&萌」シリーズの印象が強かったもので、森ミステリーと言えば「技術介入のひねりを利かせたロジックと何故かお約束いっぱいの少女漫画風人間関係」という先入観があるんだけど、そういう印象が本作品ではが弱いような…。
 「封印再度」とか「笑わない数学者」あたりの謎の構築が好きな私としてはちょっと残念。…でもまあ、「すべてがEになる」以降の森博嗣的なエッセイからは十分理解可能な読後感だったりする。

 あえて衒学的ネタばれを。
 蜂工場で5000光年の虎で攻殻機動隊な記憶鮮明、でも全体的にはトーマの心臓風味。…ああ、ロビタもネタとして濃厚に入ってるかも。
 以上のネタばれが心の琴線に触れた人にはちょっとプッシュ。
posted by NOIRA at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

もふもふざるもの

chuzzle.JPG この3連休ですが…

 ダウンロードしたゲームに猿のようにはまっておりました(爆)。

 gameblastから落としてきたゲームなのですが、「chuzzle」といって画面内の「もふもふ(これがchuzzleという名前らしい)」を列ごとぐりぐり動かして、3つ以上固めて消すゲームです。

 めりけんていすとなポップな色調、のりのりのBGM、単純なルールと快適な操作性、固めて消したときの「きゅ」という泣き声、連鎖の快感…とひさびさにはまりゲーの予感。…てか3日間実質はまってた訳なんですが。 
(…だってさ、やめらんないじゃん…? orz)

 えーと、そういうわけで、もふもふスキーとその近縁種のぷよぷよスキー、そしてコラムススキーにもお勧め。

 オンライン無料版はこちら。10秒ほど宣伝場面を見ながらお待ちいただくとプレイできます。

 ただし、有料ダウンロード版のほうが画面が大きいしBGMつきだしで実はお勧め。気に入ったらダウンロードするもをかし。
posted by NOIRA at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うにさんブログ開設おめでd

 mixiでお世話になり、こっちでも時々コメント下さっているうにさんがブログ開設〜。おめでとうございます〜。…というわけでこちらでご紹介w

人間力が足りてないんですわ

 快調に書き進めておられるようです。スポーツ系の記事がおおいかな。サッカーとか野球とか好きな人は、ぜひどうぞ。
(ここでは絶対フォローしない系のニュースを扱ってくれますYO!←だっておいら運痴だしw)

 こちらのコメントでは「うに」さんとして書き込みをされてますが、mixiでは「はしか撲滅」さん、ブログでは「はしか撲滅うにうに」さんになっております。…えっとー、統一したほうがよければそうしますよ〜<うにさん
(すっかり私信)

 右サイドバーにもリンク張っておきますね〜。みなさまよしなに。
posted by NOIRA at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ほっとけないペットの賢さ(泣)

zatu20060917.jpg
 昨日の記事みたいな変な生活してると風邪をひくってのはまあ想定内って事で…ああくそ。悔しい。

 で、部屋で豪快にくしゃみしたあと、ティッシュを取り出した訳ですよ。鼻をね、かもうかとね。

 鼻の前に紙をもってきて、ちーん!とかむと、同時にちいさく音がする。

 ちーん。

 何今の?何の音!?
 振り向くと、そこには、満足そうに「ほめて?」と言いたそうなぺん様(インコ)が…。

 いやああああああこんな音は真似しないでええええええ。

 …厳密には、「ちーん」なんていう擬音語よりももっと実際の音に近い音を出していらっしゃった訳ですがうちの大天才様は(怒りながらも親バカモード)!

 …昔、学校の帰り道に呉服屋さんの前を通るのが楽しみだった。時折、九官鳥が店先に出ていたからだ(しかし今考えると猫対策どうしてたんだろうか…)。
 「おはよう」とか「こんにちは」とか喋るのが好きだったんだけど、「ばーか」とか言ってる子がいたりなんかして、『汚い言葉は教えないでね』というような張り紙があったのを覚えている(うろ覚えだけどね)。
 自分の家で飼っている鳥に、バカとかなんとか、汚い言葉を教えようとは思わなかったけど、

こんな音を覚えてしまうとは。

 不覚の極みである。

 …というか、他にも変な生活音を覚えてるんじゃないだろうな…。

 トイレのそばにケージを置かなくて本当によかった…。
(結論それですか?)
posted by NOIRA at 23:59| Comment(16) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

山手線占い

 せっかくNilsさんがネタを投下してくれたので、早速応えてみるテストw
 Nilsさんありがとう〜v

 性格も恋愛相性も緑の電車がズバリ教えてくれる!「山手線占い」!…そういえばNilsさんはちょっと鉄っちゃん入ってたような覚えがw

 えーと、田舎者の私は山手線に乗った事が片手の指前後くらいしかないはずなんで、緑の電車が私の事を占えるとは思わないのですがどうよ。…去年のカラオケオフでも、待ち合わせは池袋駅なのに自動車で移動しましたからね!田舎者は車で移動!これ常識ですよ!(かなりやけっぱち)

 とりあえず占ってみましょう。生年月日を入力してぽちっとな。以下結果。

あなたの駅は 「 目 白 」

空想力と放浪癖、世紀末スナフキンタイプ


 おおっとなんかかっこいいぞ!スナフキン大好き!(でも私自身じゃないような希ガス)

どんな性格?
 外見はオクテでおとなしく見えるが、内面は好奇心旺盛で発想力豊かな人。団体行動が得意ではなく、一人で空想の世界にボーッとひたる時間が大好き。放浪癖と開拓精神を持ちあわせるため、引っ越しや旅行も頻繁に繰り返すタイプ。しかし義理人情に厚いので音信不通になることはなく、友達ともマメに連絡をとり友情を大切にする。


 …えーと。ある種理想だけどこうなれない自分が哀しいかも知れない…「ためこみハムスタータイプ」のために引っ越しは重労働、旅行は…リアルで行きたいけどネット経由で意識だけ世界へ…てかそんな感じか。

恋愛の傾向
 恋愛においても自分の夢と理想を追うので、現実の相手といてもどこか上の空。気まぐれなので、真剣に向き合おうとする相手を翻弄してしまい、その結果、つき合いが長続きせずいつも愛想を尽かされることになるタイプ。はじめから理想に合わせ、包容力があり頭のいい相手を探すしか、長続きするすべはない。


 ほほほ翻弄してませんよ!旦那には放置されてますよ!
 …ああ、だから長続きしてるのか…(えー)。

 ついでに、相性診断もあったので旦那との相性を占ってみた。

あなた(目白)とあいて(目白)
乗車オススメ率80%


 …め、目白同志かよ!…もしかして私がぼーっとしてる間、放置しているように見えて向こうもぼーっとしてるってことか!?
(そして「乗車オススメ」ってだいぶアダルトな意味含んでますか?w)

運命共同体だが、無難すぎてマンネリに

そばにいるだけで安心できる、不思議な充足感を得ることができる相手。しかし、お互いにプラスもマイナスもなく無難すぎて刺激不足に。常に好奇心と向上心をもてば最高のパートナーになる。


 …相性診断でいい結果が出るのは珍しいかも…(たいていはあんまり良くない。「精度が高いよ」という占いほど高い精度で低い数値をたたき出してくる…最低値は「相性8%」だったかなあ)w
 …えー、あー、うー。既にマンネリってる気もしますが、精進します…。
posted by NOIRA at 14:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 占い・分析・ラベリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就眠(秋眠)ナニも覚えず

 昨日は更新をさぼってしまいました。

 …否。

 書く気はあったんです。その顛末を言い訳がましく記事にしてみる(転んでもただでは起きません)。

 7時過ぎに帰宅して、メール&書き込みチェック。ここでぷるるんさんのコメントにレス。
 そして、今日は旦那が8時前に新潟着という事で、7時半に迎えに出発。当然このタイムラグじゃ何も用意できないので、外食ということに。週末なので本屋経由でファミレスへ。…思えばこのとき児童書のコーナーで長々ぼ〜っと立ってたような…。

 食事を終えて帰宅。あとからコンビニに出ようかそれともお風呂に入ろうか…とか言いながら帰ってくると、つけっぱなしのパソコンがウィルスチェックを終えておいてくれたので前に座って終了させる。さて記事を…

 …ぐう。(意識なし)

 …はっ。階下から旦那が呼んでいる。とりあえず「あい〜…」と言いつつ降りていくと、「お風呂入れて〜」とのこと。コンビニは私が意識不明だったのでやめるそうな。…はいはい、お風呂ね。了解…

 …ぐう。(意識なし)

 「お〜い、風呂〜。」と起こされる。ご・ごめん!今入れて…何?もう入った?うわ、ごめんなさい移動で疲れてるのに〜…と殊勝なことを言ってみるテストw
 そんなわけで感謝しつつお風呂に入る。いや〜、何でこんなに眠いのか。そして、夜涼しくなったせいか湯船が快適…

 …ぐう。(意識なし)

 入ってきた旦那に起こされる。…やばいやばい、ひとりでこれやったら溺れて死ぬよ?…ああ、でも何回か風呂の中で寝てるけどまだ生きてるから結構死ぬ確率は低いかも知れない(1回死んだら次はないのだが)。頭洗いたいけどやっぱり朦朧としてるので今日はパス。
 「もう先に寝るね〜…」と自室へ移動。鳥たちももう寝せるモードで部屋の中はスモールライトでだいぶん暗い。仕方ないからパソコン落として寝ようか。記事は…1日お休みでもイイや…と残念がりつつパソコンの前の椅子に座る。

 …ぐう。(意識なし)

 自分が落ちました(核爆) orz

 夜中に身体が冷たくなって目を覚ましたんですが、なにぶん死ぬほど眠い(まだ眠いのかあんたは)。よろよろとパソコンの電源を落とし、パジャマも着ないでそのまま寝床に潜り込みます。…ううう、寒い。頭も痛いっぽい。お腹も痛いっぽい(「っぽい」と表現されているのは意識が半分以上ないため妄想の可能性も高いからです)。こんな体調じゃ眠れないよ…(何言ってんですかこの人は)。

 …ぐう。(意識なし)

 さすがに今日は休日にあるまじき早さで目が覚めましたが(それでも寒いのでパジャマ着直して寝ました)、3連休のしょっぱなから体調と生活リズムがぐちゃぐちゃに。…なんかいい事なさそうな連休だな〜。ぷうぷう。

 …そしてまだ眠いのです…(戦慄)。
posted by NOIRA at 13:48| Comment(8) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

【新たなる】私を傷つけるのは誰?【呪いなのか】

 昨夜は早めに寝たので、今日は比較的すっきりと起きて出勤。…しかし、つい先週くらいまでは暑くて寝てらんねえ状態だったのに、昨日今日とお布団が恋しいです。
 お陰でブン達も私の肉布団が恋しく感じてくれるらしく、わりと寄ってきます。最年長のぐれ様がどうも羽がちょっとほっかり気味なのが心配。ヒーター、まだいいよね…?くろ様も昨日吐き戻すようなポーズを取っていたんだけど、体調悪化してなきゃいいなあ…。

 さて、そんな鳥様達ですが、夜中は当然自分のケージに入っています。夜中に家の中を歩く存在と言ったら、概ね私ひとり。まあ、想定外のゴキ様とかいろいろいるかも知れないけど。

zatu20060914.jpg なのに、誰かいるとしか思えない事態が。

 先日、唇のそばがプチ痛いので、吹き出物でもできたかと鏡をのぞくと、そこには1本のひっかき傷が。

 …えーと、どうして顔面に傷があってそれをまったく覚えていないのでしょうか〜。

 そして今日。眉間にプチ痛いところを感じたので、吹き出物でもできたかと鏡をのぞくと、そこにはまたも1本のひっかき傷が。

 …だから何故覚えのない傷が顔面にできるんですか。

 顔に出来る傷なんか、いつの間にかできているなんてことはないはずなんだけどなあ…

 …誰か呪ってる?

posted by NOIRA at 22:39| Comment(9) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする