2007年09月30日

にゃんにゃん分析ほか

にんにんさんのところで、「にゃんにゃん分析」なるものをやっていた。

…えーと、画像しかないんですけど…つまり分析結果が猫画像で出てくるってことでいいんでしょうか?

よくわからないのでやってみる。

にゃんにゃん分析

分析した結果がここに出ます。
入力ボックスに分析したい名前(人名)や物を入力して「解析する」ボタンを押してください。


はいはい。それではNOIRAと入力してぽちっとな。

「NOIRA」のにゃんにゃん分析結果



猫画像

Σ ぎゃあ!萌え!猫は天敵なのに萌え負けた!

…というわけで、これはとてもよい分析ですね(にっこり)。


★ついでに「わんわん分析」もあるよ!

こっちも入力してぽちっとな。

「NOIRA」の犬画像分析結果



犬画像

Σ おおおおお!死にそう!萌え死にそう!

…これは既にハアハアな分析ですね!


★もうひとつおまけに「おもしろ画像分析」。

入力してぽちっとな!

「NOIRA」の分析結果



おもしろ画像

・・・・・・。

落ちがついたと言うべきかケチがついたと言うべきか…。

orz



 そんなこんなでにんにんさんの記事にTB。

 そうそう、ruitoさんのところで見つけたけど、ここの記事もいい。すげえ笑ったよ。しんにょうからハッピーウェディング!
posted by NOIRA at 22:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 占い・分析・ラベリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

モーリス・バートン「動物に愛はあるか 1」

 ペットロスのため思考が停滞気味の今日この頃ですが、とりあえずお休みなのでちょっとまったり。

 そんな中、今年読了した本47冊目、モーリス・バートン:著「動物に愛はあるか」ハヤカワ文庫:刊。アマゾンseesaa支店でTBできないので、本家ハヤカワオンラインにリンク。こちら

 ついでにハヤカワのほうの紹介文も引用しちゃえ。以下。

〈ライフ・イズ・ワンダフル〉シリーズ 他の個体を「思いやる」、真の意味の動物の利他行動を多数の魅惑的なエピソードで解説

動物にはいかにも高度な精神の働きゆえの、思いやりや愛情の発露としか思えない行動が見られるが、たいがいは自らの遺伝子をより多く遺そうとする遺伝的利他行動にすぎない。しかしこの理論からはみ出す、真の利他行動としか呼べない例はどう考えればいい? 仲間の死骸を持ち去り埋葬するゾウや、友達の目に入った異物を不器用な指で取ってやるチンパンジーなど、興味深いエピソードを通じて考察する稀有な動物誌。(全2巻)


 …で、このうちの1巻を読んだわけです。うちに続きの2巻がない。どうしよう。

 動物が自分の生存に対して不利になるにもかかわらず、他の個体(同種族の個体とは限らない)の生存を利する行動および働きかけをする…人間でいうところの『思いやり』と解釈されるような行動をそのまんま「思いやり行動」とか「利他的行動」とかいうわけです。で、さて本当にそれは『愛する心』の発露であるのか?というようなことがメインテーマ…だと思ったら、それ以外のエピソードも豊富、しかも引用されている例が(生物学的に価値があるものも単なる「動物ちょっといいお話」的なものも含めて)豊富。

 なんか得した感じ。

 種族を超えて「救いを求める叫び」に反応してしまう動物たちの話、イルカがおぼれた人間を岸まで運ぶエピソード、「忠犬ハチ公」に代表される主人やつがいの相手への忠義立ての話など、

 利他的行動とかその辺の考察をすっとばして
動物萌えだけでも読めますよ!

 一見「愛または思いやりのある行動」に見え、我々が「動物にも心があるのよね!」と感動するようなエピソードも実は…と分析されていくのがなかなか面白いです。
 ただし、

・本能的な行動が一見利他的に見えているだけ
(母鳥の偽傷行動とか)

・遺伝的本能行動の誤用(本来の使い方と違う)が利他的に見える
(生まれた子供の呼吸をサポートするための行動がおぼれた人間に適用されて結果として人間が助かるとか)

・生存本能にも遺伝的本能にも反する本当の意味での「利他的行動」


のいずれであるのか、解釈は難しいなあといったところ。

 で、

「愛」って本能じゃないの?

 交尾とか繁殖とかにつながるいわゆる「愛」も、人類愛とか隣人愛とかいわゆる社会的な「愛」も、根本は本能のような気がするんだけど、違うんだろうか。
 人間のいわゆる「思いやり」が本能に根ざしていない行動であるとは証明されてないような気がするんだけどな。動物の多々心打たれる行動とその解釈はいいとして、人間と動物の無意識の線引きがなされているような気がするのはキリスト教圏にいないせい…なのかしら。

 とりあえず、動物萌えの人、擬人化して感動するのが大好きな人にプッシュの1冊、ということでひとつ。
posted by NOIRA at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

ペットロスでも

仕事。

とはいえあんまり元気が出ないのでお子様と大勢会わない通勤ルートを通ってみる。

そして現在ウォークラリーの路上監視役。お子様来ない。暇だ。

20070928092919.jpg
道端の葡萄畑をぱちり。ひとふさはみ出てます。




今日は残業(というかPTA)もあるのにテンションあがりません…。

昨日だったからみとってあげられたんだよなー、とか普通の授業じゃなくてある意味助かった?とか、ぐるぐる。

昼休み以降やること山積みなんで、感傷的なのも昼までだけどな。
posted by NOIRA at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

たった今

 手の中でもかが永眠しました。

 何もしなかった。ていうかできなかった。なでてただけ。どうしよう。


ちょっと落ち着いたので追記。
posted by NOIRA at 22:30| Comment(6) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CoCo壱のスープカレー

20070927194205.jpg


 まいとさんから聞いて実は興味津々だったCoCo壱のスープカレー。本日通りかかったのでふらふらと。
 写真はトッピングのソーセージを追加したもの。思っていたよりも美味しかったです〜。季節限定11月末まで。
posted by NOIRA at 19:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

五味太郎「からだのみなさん」「いったでしょ」「みんなそれぞれきのいいなかま」

 仕事でいしょがしいにょ…

 …というよりも単に要領悪いんだろうなあ、と人生何百回目かのため息をつくわけなんですが。

 そんな今日はあえて明日の早起き準備(目覚ましとか)をして寝ることにする。

 でもまあ、先日行ってきた新津美術館で買った絵本を読んじゃったので簡単にブックレビューを。絵本も入れちゃう今年読了した本44冊目&45冊目&46冊目、五味太郎:著「からだのみなさん」かがくのとも傑作集:福音館書店:刊、「いったでしょ」偕成社:刊、「みんなそれぞれきのいいなかま」絵本館:刊。

 …実は、義妹さん親子に…とイメージして買った絵本3冊だったりする…。

 「からだのみなさん」は歩いていた男の子がポケットに入っていた飴を見つけたり水が飲みたくなったり何故かストリーキングを始めたりするんですが、男の子本人が意図してやってるというよりも体がうきうき浮かれてしまう、そんな感じが表現されております。
 …とか書くと硬い感じがするけど、要するにパンツまで脱いじゃうってのがオトコの子だよね!とまあ、そんな雑感で。小学校2年生の甥っ子向け。

 「いったでしょ」は1歳ちょいとの姪っ子に読み聞かせ用に。「つまづきますよ」「つまづいた!」「いったでしょ」と、注意してるのにいろいろなトラップ(?)に引っかかる子供と「だから言ったでしょ」といなすお母さんの淡々としたやりとりが続く。シンプルな絵とあいまってグッド。
 でも「いったでしょ」がお母さんの文句じゃなく愛情たっぷりだってのが、オチとともに実感されちゃう素敵絵本。ああ、こういう「いったでしょ」は親じゃないとだめだよなあ、みたいな。

 「みんなそれぞれきのいいなかま」は1ページにぽんと描かれたイラストに「愛しっぱなしの植木鉢さんと愛されっぱなしの花の三姉妹」とかなんとかちょっと添え書きがしてあるだけなんだけど、身の回りの「モノ」のイラストとその説明というよりは、なんか身の回りの「ヒト」を実は描いてるんじゃないか?みたいな感じがしてくる。
 これはいろいろ解釈して楽しむ大人向けだろう(本文中に漢字が多い、という要素をのぞいてもね)と思うので、お母さんである義妹さん向けに。

 …実際の絵が見たい人のために、公式の出版リストにリンクしておきます。ちなみにこの本、みんな1000円以内の定価。まあちょっとお子さんのお土産に買っていけ、みたいな。

 …さて。あえて寝るっ!
posted by NOIRA at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

一見2択、実は一本道のシナリオ

※TRPGの話題ではありません。※

zatu20070925.jpg

 今回はお蔵だしざつまんが。

 普段使いの座布団が汚れてきた。綿はぺしょぺしょしてきたし、外側の布はいろいろ汚れてきたし、うち1枚なんか夏の間椅子の上に無理やり敷いてたもんで汗すってしけしけしてる。

 …で、考える。廃棄して新しいのを買うべきか、クリーニングに出すべきか。2〜3年使ってるとはいえ、擦り切れるほど使ってはいないわけで、クリーニングに出してもいいっちゃいいわけで。

 さてこのざぶとん、4枚ある。

 同じようなものをホームセンターで買うと、1000円〜2000円くらいのお値段である。確か買ったときは1200円くらいだったような気がするので、5000円くらいあれば新品が手に入る。
 クリーニング代はというと、多分この手の厚いものは高い。背広の上下(つまり2パーツ)で1000円くらい、コタツ布団が2000円以上したと思うので(うろ覚え)、多分この中間くらいのお値段じゃないかと予想。1枚1000円としても4枚で4000円かかる計算。

 洗っても買っても同じくらいかかるのかい!

 さて、同じお値段ならどうするべきか。気持ちよく新品にしてしまうか、エコの精神でクリーニングして使うべきか。使えなくなっていれば考える余地はないんだけど、別に捨てるほど痛んでいるわけではないのでやっぱ考える。

 Σ 閃 い た ZE !

 それならコインランドリーのでっかい洗濯機で一気に洗っちゃえばいいのよ!

 エコだし安上がりだし、

 何より自分で洗濯するなんて主婦っぽいよね!
(軽やかに駄目な宣言)

 そこで、コインランドリーにもって行く。中型の洗濯機で800円。乾燥するのにどのくらいかかるかなあ…。まあ、1000円あればいいとこ乾くよね!

 …と、やってみたのですが…

 大・失・敗・!

 中綿がよれよれになって座布団の形状じゃなくなったYO!
 洗ったのに廃棄買い替え決定だよ!

 誰だこんなシナリオ書いたの!
 (お・ま・え・だ)

 えーとそんなわけで、座布団4枚買い替え決定。古い座布団はと言うと、ぬれたまま持ち帰って切ってばらし、現在台所の床磨き(擬似ワックス洗剤使用)に使っております…。

 …結局どっちの予定よりも高くついたんじゃないか?
posted by NOIRA at 23:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 実は実話・ネタ人生万才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

もちろん

20070924173956.jpg


スイーツもがっつりだよ!
posted by NOIRA at 18:42| Comment(9) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宿題バイキング

20070924170015.jpg  20070924171020.jpg

小三大夫さんと夕食〜。イタリアンバイキング「アボカーレ」へ。
夕方の開店と同時に入ったので、誰もまだ食べ物をとってない状態でバイキング料理をぱちり。…綺麗綺麗(悦)。
そして自分のお皿も食べ始める前にぱちり。

ふふふ、これでひとつ宿題を果たしたわよっ。
posted by NOIRA at 17:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新発田市

20070924090505.jpg


朝から差し入れもって五十公野野球場に来てます。試合は9時頃からと聞いたからスタンド入りしてるのに全然別のチームが練習してるやん!スタンドのお客に聞いたら第2試合で10時半からだと?なんじゃそりゃ!

時間潰す場所もないよママン…orz

気候がもう秋という感じだから過ごしやすいけどさ。
そうそう、もうトンボもいたよん。
posted by NOIRA at 09:27| Comment(1) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

山賊「やさぐれパンダ 1」

やさぐれぱんだやさぐれぱんだ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] やさぐれぱんだ
[著者] 山賊
[種類] 単行本
[発売日] 2005-10
[出版社] アーティストハウスパブリッシャーズ

>>Seesaa ショッピングで買う


 ふと外出したときに、暇つぶしに文庫漫画買ってぱらぱら見たら偉い面白かったのでご紹介。「やさぐれぱんだ1」。
 seesaaのショップには文庫版のページがなかったので、多分文庫版1のもとになっているものだと思う「やさぐれぱんだ」にリンクしましたが、どうやら文庫化に当たって加筆修正が入っている模様。
 シュールな脱力系漫画がお好きな人はぜひ。

 もともとは「山賊UNDERGROUND」というサイトの漫画が発端らしいです。今はどうやら「山賊WONDERGROUND」になって不思議の国のアリスっぽいお話を展開中。
 ついでに、DVDにもなったらしいので、そっちもリンクしておきます。堺雅人(青年)×生瀬勝久(ぱんだの声)×堀部圭亮(脚本・監督)だそうなので、好きな人はちょっと見てみるといいよ(リンク先に予告編があるので、本編の雰囲気もちょっとわかるかも)。

 基本コント漫画なんで、感想というほどのこともないんだけど、

鳥スキーとしては「あるぷすいちまんじゃく」と「きょじゃく」は外せませんよね!

(気になったら読め)
posted by NOIRA at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

夢枕獏「陰陽師 夜光杯ノ巻」

陰陽師 夜光杯ノ巻陰陽師 夜光杯ノ巻
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 陰陽師 夜光杯ノ巻
[著者] 夢枕 獏
[種類] 単行本
[発売日] 2007-06
[出版社] 文藝春秋

>>Seesaa ショッピングで買う


 ぎゃあああ!昨日はコメント返しして「さて今日の記事を…」とseesaaにインして、

そのまま寝ました。

 夜中の2時半頃目が覚めたら電気はつけっぱ、PCは管理画面。苦笑しつつPCの電源落としてもっぺん就寝〜。体力落ちてる?それとも暑さで死んでる(暑さで死んでる割には「眠れない」という症状がないあたり平和なやつめ、って感じか)?

 で、今日はだらだら目覚めてだらだらしつつ読書その他ぐうたらモード。だって怠け者だもん、ぐうたらしないと死んじゃうの。

 そんな1日、今年読了した本43冊目、夢枕獏:著「陰陽師 夜光杯ノ巻」文藝春秋:刊。

 相変わらずの安倍晴明と源博雅がまったりと酒を飲み、風流を愛で、そして当然のごとく平安の世に現れる怪異たちと触れ合う、そんな短編集。「月琴姫」「花占の女」「竜神祭」「月突法師」「無呪」「蚓喰法師」「食客下郎」「魔鬼物小僧」「浄蔵恋始末」の9編収録。

 お話自体は相変わらず盛り上がりに欠ける(活劇がない、という意味でね)んだけど、その雰囲気がやっぱりいいなあと思わされてしまうところが上手いと言うか心憎いと言うか。
 鬼とかもののけとか、そういったものを否定しなければ(というか、平安時代で陰陽師という職業が成立してしまう世界観なので最初っから否定するような読者はいないがな)、まずは不思議な現象ありき、博雅が話を持ち込むか晴明が持ち込むのかの差はあっても、2人がその場へ出向くことによって不思議のからくりがするりと解けるめぐり合わせの妙。爽快感と侘び寂を同時に盛り込んだような、陰陽師世界にしばし精神を飛ばして戯れる、そういう感じがお好きな人はどうぞ〜。

 …どうぞなんて言わなくったって、シリーズ通して読んできてる人は既に買って読んでるんだろうけどね。

 今回、うちの庭から羽化した蝉が妙に少なくって気になっていただけに、「月突法師」の話が(途中でネタが読めたけど)ちょっと染みた。泰山木が危なくなったんで去年切ったんだけど、根元にいて生きられなくなった奴らもいたんじゃないのかなあ…。作中では松の木が切られずに済んでよかったね、という結末なんだけど、うちの庭を振り返ってちょっと寂しいにょ。
(しかしそれとは別に露子姫に萌え)
posted by NOIRA at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

夜更けにソフトにささやいて

…先ほど電話が来た。若い(少なくとも年下だろう)男性の声だった。

「年金のご案内なんですが、(中略)月々1万円程度の出資で、後には毎月8万円程度の金額に名って戻ってくるという商品なんですよ。」

…まあ素敵。

「東京は土地代が上がり始めてまして。」

そうなんですか〜東京の土地なんて買うつもりもないから知りませんでしたよ。

「もちろん昔ほどの利率ではありませんが、いかがなもんでしょうか。」

…いや、どんなにいい商品でどんなにうまい資産運用してくれるのか知らないけどさ。

22時過ぎて営業の電話が一般家庭にかかってくる時点でNGだろ。

…まあ、この間の「必要ありません」と言ったとたんに無言で切りやがった電話より10倍程度マシだけどな。

…そして学会の名簿を使ってローラー作戦するなや。
posted by NOIRA at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中啓文「ハナシがちがう! 〜笑酔亭梅寿謎解噺〜」

 今日も新潟は30度越えの気温。どーなってんだと秋の空(てかこんな気温秋じゃNEEEEE!)…でもまあ、研修会場はエアコン効いてたから普通に出勤するより楽だったかも。

 今年読了した本42冊目、田中啓文:著「ハナシがちがう! 〜笑酔亭梅寿謎解噺〜」集英社文庫:刊。
 研修会にもっていって暇だったり休み時間だったりしたら読もうと思ってたんだけど、研修が思いのほか面白く&グループの人たちと雑談しまくり(なじむの早かったなあ今回)で全然読めなかったので、帰ってきてから読了しました。

 身寄りのない不良少年・竜二が高校時代の恩師?につれられて落語家・笑酔亭梅寿(しょうすいてい・ばいじゅ)の弟子入りをさせられるところから物語は始まり、いろいろな事件を通して竜二が落語への愛着をもち始めたり、師匠梅寿とのつながりができたりしていきます…とか書くとすごい端折った説明になっちゃうんだけど。

 そんな竜二の心境の変化とか成長とかが大きな流れですが、基本的には短編連作で、本書には「たちきり線香」「らくだ」「時うどん」「平林」「住吉駕籠」「子は鎹」「千両みかん」の7編収録。
 作中で演目として取り上げられる古典落語と、巻き起こる事件(殺人事件だったり誘拐事件だったりいろいろですが)が不思議と絡み合って、謎が解ける…というのが基本の形で、そこにちょっとずつ竜二と梅寿、兄弟子たちとの交流が絡んできます。
 題材として取り上げられている落語の筋にも作中で触れられているので、もともとの噺を知らなくても楽しめます(「住吉駕籠」と「千両みかん」知らなかった…)。

 作中で取り上げられる古典落語の題材と、事件との不思議なリンク、そして作中の人間関係の微妙な人情の絡みが、演出の味として感じられ、楽しめます。…竜二が探偵役を勤められるほど頭のまわるタイプに見えないのが引っかかると言えば引っかかるかな。

 そんなわけで、落語に魅力を感じる方もバンドやりたい方も(w)、よかったら読んだって〜。…というノリでご紹介。

 …調べてみたら、文庫に落ちてないけど続編もあるっぽい。表紙の竜二君がかわいいので文庫化希望w(でも作中のイメージにあってるのはハードカバー版のような希ガス…
posted by NOIRA at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は研修

20070920144747.jpg


 今日は長岡で研修会。カウンセリング技法研修会で、コミュニケーションや話し方について研修してきました。メラビアンの法則からアイコンタクトのとり方、アクティブリスニング、ストロークの使い方、コミュニケーションのギャップと認知の歪み、ソーシャルスタイルとエゴグラムなどなど、盛りだくさんな内容で、ぼーっとしてる暇はなかったよ!

 でもすごい楽しく実りある研修だったので、朝から高速ぶっとばして行った甲斐があったというものです!

 …と断言したあとに毎日高速で職場に通っていることを思い出してちょっと台無し感を味わっているところなんだけど、まあいいや!

 今日研修したことを生かして、明日からもっと戦闘的な会話を志すことにしたいと思います!(敵が増えますよ?)
posted by NOIRA at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

戦国武将診断

 今日の帰宅は22時ちょっと前。夕食は教務室の机の中に残ってたクッキーと、帰りに買ってきたコンビニおにぎり1個。もう食生活がずたずたですが、体調は結構いいので気にしない。(そして体重は変動なしだけど気にしたら負けだっ!)

 そんなへろへろの中、mixiをのぞいたら龍牙さんがやってたので便乗して「戦国武将診断」をしてみることにする。

 えーと、なになに?

 この診断は25の質問に答える事により,あなたの武力,知力,魅力,政治力,才能を測定しあなたが最も似ている戦国武将を診断するという今までに無い診断です。
これまでに様々なメディア(MSNや雑誌など)に紹介されてきました。

「診断結果の戦国武将」
織田信長,徳川家康,豊臣秀吉,武田信玄,毛利元就,上杉謙信,北条氏康,本多正信などなど

 あなたは戦国の風雲児信長か?風林火山武田信玄か?
利家とまつの前田利家か?三本の矢毛利元就か?
さてあなたの診断結果は?


 …というわけで、診断して戦国武将になっちゃおう企画〜。私はどんな武将タイプなのか!

 …まあ、忍耐力がないので、家康だけはないと思うんだ…。

 あ、ネタ武将ってのもなしで。(墓穴のネタ部主将)

 さて、25問の設問にぽちぽち答えて以下結果。突っ込みも入れちゃえ。

mouri.jpg

 …なんか意外な人選キター!!

●武力:75点 [よくできました]
あなたの武力です。この値が高いほどあなたは敵をなぎ倒していき、戦闘で能力を発揮できます。現在でも愛する人を怪しい人から守るなどの時に役立つことでしょう。


 そそそそんなに戦闘力ないよ!愛する人を怪しい人から守るだなんてそんなの無理!

 …ってかぶっちゃけ私が危ないひ(ry

●知力:90点 [すばらしい]
あなたの知力です。この値が高いほど頭がいいことになります。戦闘で仲間の損害を最小限に抑え、相手の損害を大きくすることができます。現在では、有名大学に入って、一流企業に入るもよし学者となって、後世にまで受け継がれるような研究を行っても良いことでしょう。


 えー、仲間の損害を最小限に抑える知性があったら、自分の被害が極大になってしまうようなネタを踏んだりはしないと思うんですよね!

●魅力:50点 [普通]
あなたの性格の良さです。この値が高いほど、周りの人の喜びを常に考える性格のいい人であるということです。


 …それは少なくとももう10s痩せろという神のお導きですか…

●政治力:75点 [よくできました]
あなたの政治力です。戦国の世でのし上がっていく為には、朝廷や他勢力といかに交渉するかも大事です。この値が高いほど、あなたは自分の会社などで勢力を持ち、出世していくことができることでしょう。


 ふ、出世なんてした日にゃ首がきゅっと絞まっちゃうからいいのさ!(出世できない人の負け惜しみくさく響いてますが何か)


●才能:80点 [よくできました]
音楽ができるとか人を笑わせるとか、ちょっと個性的な才能。秀吉が天下をとることができたのも個性的な才能を十分発揮することができたからでしょう。


 …これって「ネタ人生スキル」の才能だと思うんだけど気のせい!?

あなたのは毛利元就に似ています。元就の生涯は、まさに考えに考えぬいた一生であった。安芸吉田荘(広島県高田郡)三干貫(約三千石)の地頭から、中国の雄にのしあがったことを思うと、当然のことであろう。元就の残した言葉には「武略・計略・調略」「調儀」という語が多い。謀略家は、次男元春の妻女を選ぶにあたってさえ、武勇に優れた熊谷信直の「醜悪(みにくき)こといわんかたなき」娘を望んだ。信直が恩義を感じ、死力を尽くすと踏んだからだという。また元就の生涯は、摂生に摂生を重ねたものであった。五歳で母に死別、十歳で父を失い、二十歳のとき、兄興元が病死し、その子幸松丸までもが九歳で亡くなってしまう。肉親が次々と死んでいく中で、健康に留意するようになったのは当然のことといえるかもしれない。戦国時代では当主の早世が家門の衰亡を招くのだから尚更だ。父も兄も酒豪で、ために早死にしたとも言われている。「酒を飲まなかったら七十、八十歳まで生きられる」とは、摂生によって長生きし、西国に覇を唱えた彼の、息子たちへのお小言である。「毛利という二字が、末代までも廃らないように、全力を挙げよ」この思いが、彼の人生のすべてであった。


 …ああ、お酒飲まないあたりは毛利元就かもね!(そこだけかよ)
posted by NOIRA at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 占い・分析・ラベリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ゴキが出た!

 …実は先週のお蔵だしざつまんがなんですが。先週はなんか疲れてたり寝落ちしてたりでアップできなかったのでとりあえず。

zatu20070918.jpg

 ゴキがでたんですよ!

 …で、以下民話調の語り口でお送りします。

 先週のことじゃ。
 ある夜、ばさまが階段を下りていくと、1匹のそりゃありっぱな黒ゴキ様が廊下の隅にござっしゃった。
(ええ、ここはおばさんと表現するよりむしろ「ばさま」の勢いで!狸を捕まえると婆あ汁になってしまう運命のディスティニーですね!)(意味重複してますYO!)
 なにしろその黒ゴキ様の立派なことといったら、うっかりスリッパで叩き潰そうもんなら、臓物を一尺二寸ほども遠くまでぶちまけそうな感じがする。そんなことになろうもんなら真夜中に廊下の掃除をせにゃあかんでな、ばさまは脱ぎかけたスリッパをもう一度履き直して一計を案じることにしたんじゃと。

 というのも、黒ゴキ様がたたずんでいる向こう八寸あまりのところに、ばさまが以前にしかけた「ほいほい罠」があったんじゃと。こっちがわから追い立てれば、黒ゴキ様は恐ろしゅうて物陰に隠れようとするにちがいない。廊下の端まではもう少しあるし、手ごろな隠れ場所と思うて黒ゴキ様はそこに逃げ込むにちがいない…ばさまはそう思うたんじゃな。
 「ほいほい罠」というのはな、中にはうまそうな匂いのする「犬万」ならぬ「ゴキ万」が仕組まれておってな、においにつられてやってきたゴキ様を一網打尽にしてしまう恐ろしい罠なんじゃ。
(…「犬万」がわからない人は白土三平「サスケ」を必読じゃ。)
この匂いもゴキ様を油断させるに違いない。
 そして威風堂々黒光りのゴキ様であっても、罠に入ればたちどころに身動きがとれのうなってしまうじゃろ。そうすれば、ばさまは廊下に飛び散ったゴキ臓物の心配をすることなく、「ほいほい罠」をぽいっと捨てればいいってわけよ。

 ばさまは、その辺にあるチラシをくるくるとまるめると、黒ゴキ様から少し離れた場所をとんとんと叩いたんじゃ。そして、ちょっとゴキ様に寄せてとんとんとまた叩く。ゴキ様は近づく音に反応し、「ほいほい罠」のほうへと逃げ出したんじゃ。

 勝った!ばさまは内心快哉を叫んだんじゃと。

 ところが、黒ゴキ様、何を思うたか、「ほいほい罠」のところまで一直線にはしっておったのに、いざ罠の入り口を前にすると、

 がさがさっ!

と鮮やかな壁面走りをきめ、「ほいほい罠」をぴんぽいんとで回避したんじゃ。

 Σ ちょ!!!

 ばさまはショックのあまり一言叫んだんじゃが、その隙に、黒ゴキ様は廊下の向こうへ消えて行ったんじゃと。

 「当たらなければどうということはない…!」

 ゴキブリマントの連想からか、ばさまの耳にはそんな幻聴がきこえてきたんじゃと(幻聴ながら、声はしっかり池田秀一じゃった)。

 さて、後日談。
 実は、黒ゴキ様があの日回避した「ほいほい罠」なんじゃがのう。
 何故か、翌日には黒ゴキ様が1匹中で成仏なさっていたそうじゃ。

 ばさまは一瞬安心したんじゃが…ほんとうにあの日のゴキ様であったのかはとうとうわからなんだ。
 ほれ、「1匹見ると30匹」というからのう。

 いちごぽーんとさけた。
(でもエンドレスなりわが闘争!:泣)
posted by NOIRA at 23:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 実は実話・ネタ人生万才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ぐたぐたネットワーク

 今日は午後からサービス出勤をしてきました。職場のLAN環境をいじくる必要が出てきたからです。

 …あえなく玉砕してきたわけですが。いろいろサポートしてくださった皆様、情けない結果ですみません…。

 …ととりあえず「ネタ記事っぽくない」当たり障りのない表記でお茶を濁してみるテスト。


さて、詳細は追記から!

新津美術館〜

20070917120202.jpg20070917120802.jpg


五味太郎展を見てきました。確信をもって作られたエッジがいい感じ。子供連れのお客も多く、家族で楽しんで見られる企画でした。落書きやビデオのコーナーもあったし。

帰りは近くのお店で自家製カレー。うまうま。
posted by NOIRA at 12:33| Comment(9) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ぺんたぶ「腐女子彼女。」&パート2

腐女子彼女。腐女子彼女。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 腐女子彼女。
[著者] ぺんたぶ
[種類] 単行本
[発売日] 2006-12-08
[出版社] エンターブレイン

>>Seesaa ショッピングで買う


 昨日は足つぼとか行ってまったりしながら本を読んでました。
 足つぼで速攻読んじゃった本のご紹介〜。今年読了した本40冊目&41冊目、ぺんたぶ:著「腐女子彼女。」&「腐女子彼女。パート2」エンターブレイン:刊。

 大学生の著者がバイト先で知り合って、好きになった年上の女性。告白をして無事付き合うことになりましたが、

 大学生は非ヲタで彼女は腐の人でした…

 …とまあ、概要だけ言えばこんな話。腐女子の彼女は、会社ではそんなそぶりを見せないのだけど、告白の後カミングアウトして彼の前ではそれを隠そうともしない…

 …というか、引きずり込む気満々です!

 もともとブログに掲載された記事を編集したものらしいので、(あ、「腐女子彼女。パート2」のほうのブログは見つけましたのでリンク)本文は日常の点景とか日常の中でのイベント(クリスマスとかね)とかの様子がつづられております。読みやすいので「あんまり堅苦しい本はな〜」と思う向きにプッシュ。

 個人的には、「一般人にはわからねーよ!」的なツッコミを入れつつどんどんそまっていく筆者の様子に「おお、教育してるなあ」と思ったり、「惚れた方が負けの法則発動よね…」と思ってみたり、パート1を見て「この人Mなんじゃ?」と思ったらパート2で「ソフトMです」とか言ってたり…といった感じで、書籍として読んでも面白かった反面、ブログでリアルタイムでコメント欄に突っ込みいれつつ読めたらさぞ面白かっただろうなあと思ってちょっと悔しいかも。
 まあ、今書籍を買わずにブログの本文を読んでも、リアルタイムの臨場感には乏しいと思われるので、興味ある人は書籍のほうで読むことをお勧めしますです、はい。

PS:で、読んでその辺に置いておいた「腐女子彼女。」を見つけてぱらぱら見だしたうちの旦那との会話。
旦「…出てくる名前がわからん…。」
NO「ああ、固有名詞は『作品名』か『キャラクター名』かの判別ができれば大丈夫。キャラクター名だった場合は8割くらい少年から青年くらいの男性キャラクターだと思えば間違いなしw」
(うちの旦那もだいぶんヲタ寄りだけど、さすがに「のだめ」とか「ラブコン」まではカバーしてないことが判明しますたw…アスランとかキラとかはこの間種借りて見てたから知ってると思うけど。)
posted by NOIRA at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする