2007年11月30日

職場の愚痴スパイラル

 今日は研究活動にひとくぎりついて打ち上げ会。いや、でも授業はまだまだ続くしこれから期末だから手放しで喜んでもいられないんだけどね…。
(そして体調さえよければサービス出勤の悪寒)

 それにしても、昨今の若い人は熱心だなあ。自分の過去を振り返ると「どこに穴掘って埋めてやろうかこの女」と思う今日この頃…
 というか、そこそこ中堅の年齢だってのになんでそこそもこんなに段取りが悪いのか。考えていたらふと思い当たったことがある。

 …私って、自分で思ってるよりもっとはるかに仕事が嫌い?

 ここんところ週末でもサービス出勤して熱心に仕事をやってるつもりでいたわけなんですが、もしかしてそれって認知の誤りかも。
 そうじゃなくて、多分ぐたぐたの構造は以下のような感じか。

1:仕事が嫌い
    ↓
2:仕事の優先順位が下がる
    ↓
3:仕事の能率があがらない
  または
  仕事やってて閃きとか集中とかがない
  (ダイナモが回らない、とも表現します)
    ↓
4:仕事の仕上がりが雑だったり遅かったりする
    ↓
5:仕事が間に合わない
    ↓
6:休みに出なきゃならない
    ↓
7:仕事が嫌いになる
    ↓
以下1からループ


 エウレーカ!すげえ負のスパイラルだ!

 さて期末も近いことだし、どこかで負のスパイラルを断ち切る必要があるんだが…どこを変えろというのだ…。以下ちょっと考察。

1および7:「嫌い」を「好き」に変えるのは無理だし、認知の問題として処理しても単なる欺瞞になりそうな希ガス… orz

2:ああ、仕事の優先順位を意識的にあげるのはあり、かもな。問題は私の逃避システムにターボがついてるってことなんだがw
(「稼ぐに追いつく貧乏神」効果)

3:能率を上げ、かついいアイデアが湯水のようにわき、天啓がばんばん降ってくる方法をご存知の方はご教授ください。ただし「神頼み」(というか宗教的な方向性)は不可。

4:…拙速で諦める、という手はあるかな。「あんた年齢的にはそろそろ中堅でしょ?」という声にはすべからく耳を塞げば大丈夫(かもしれない)。

5:えーと、し、〆切を後ろにずらす…?(よせ、泥沼化する!)

6:…「あえて寝るっ!」の心意気?


 …というわけで、なんかいい方法がないでしょうか。仕事が隙になりたいとまではいわないけど、間に合わない現状はやばいよ。マジで。
posted by NOIRA at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

米澤穂信「愚者のエンドロール」




 今日は午後休とって帰ってきたけど、仕事らしい仕事もしないでだらだら中。正しくお休みと言えば言えるんだけど、明日になって首がきゅっと…きゅっと… orz
 で、半分とろとろしながら読んだ本の紹介。今年読了した本58冊目、米澤穂信:著「愚者のエンドロール」角川文庫:刊。昨日読んだ「氷菓」の続編です。

 「氷菓」は春に主人公・折木奉太郎は古典部に入部して会誌「氷菓」をつくることになったのですが(そのいきさつとして古典部の過去の英雄の事件にせまるわけなんだけど)、今回の「愚者のエンドロール」はその会誌の原稿を執筆している期間=夏休み後半のお話。でもメインエピソードは会誌のほうにはなくて、シナリオが中途半端なまま頓挫した上級生の自主制作ミステリー映画の結末を推理するお話。
 探偵…といっても、実際の事件ではないので、途中まで撮影されたビデオ映画を見ながら、視聴者という視点から推理するわけなんだけど、その探偵役が映画作りの面々から3名、そして奉太郎くんの計4名。まずは3名の推理を順に聞いて彼らの推理を棄却し、その後探偵役に抜擢されて推理を完成させ、失われたシナリオに反映させる…というお話の流れ。

 ミステリー成分は相変わらずやや弱めだし、推理といってもどうも存在しない解答を探しているようでちょっともたつき感があるかなあ。なんといっても「シナリオを作った経験のない高校2年生がクラスの自主制作のためにひねり出したシナリオ」が途中で切れているわけなんだから、破綻してても不思議じゃない。ただ、ストーリーの結末(および犯人)を推理する過程で、ストーリー内の状況だけではなく、映画作りのための小道具なんかをストーリー外の物的証拠として扱うことができる、という点が推理の枠を広げてて面白いかも。
 そして、映画の中の世界で起こった殺人事件の犯人を、映画を作る側である外側の世界の学生たちが推理・検証して、さらにそれを小説世界の外側から読者である我々が推理・検証する、というメタ構造になっているのがちょっと興味深い。

 また、古典部4人組なんだけど、奉太郎君の推理についてほかの3人が寄せた感想に「ああ、こいつらつるんでるけどけっこうなあなあじゃないんだなあ」と思って嬉しかった、かな。

 そして読みながら「なんで倒れた脚本家に直接聞かないのよ」という素朴な疑問がぐるぐるしてたわけですが…ああ、なるほど、意味があったのか…。映画ストーリーの結末をさぐるために出された推理がやや稚拙であることと、素朴な疑問がかみ合ったときに、ある意味納得できる感じまで構造が見えてくるように計算されてます。

 そんなわけで、昨日と同じく「ビューティフル・ドリーマー」症候群患者は読んで損なし。プッシュ。

 未読の人にはわからない戯言追記。
 作中、古典部の面々をタロットカードになぞらえるシーンがちょっと印象的。「力」に「正義」に「魔術師」に「愚者」ですか…。
 そして周りの人間を手駒にしてしまう「女帝」万歳。
 その「女帝」すら操作しちゃってるねーちゃん、アンタ超能力者通り越して神ですよ!
posted by NOIRA at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

米澤穂信「氷菓」




 昨日咳がひどいので5時ダッシュでかかりつけの医者に行き、待合室で読んで帰りにうどん食べに行ってそこでも読んで読了。今年読了した本57冊目、米澤穂信:著「氷菓」角川文庫:刊。米澤穂信は初めて。しかもこれでビュー作らしい。

 舞台が学校なので、ミステリ成分はやや薄めというか、おきる事件が基本的に派手さがない(そりゃあ連続殺人とかフツーの高校で起きるほうがどうかしてるわなあ)けど、「日常のちょっと謎」とか「伝説として語られる先輩の謎」とか、高校生活ならではのギミックが効いてて爽やかに読めちゃった。
 でも、本書最大の謎「伝説の先輩の謎」は読んでる途中で大枠で予想ついちゃった。そこはちょっと残念。
 登場人物はありがちといえばありがちだけど、主人公(=語り手)の「省エネフィルター」を通した描写がちょっと個性的に感じて好きかな。ああ、学校でいつものメンバーと意味もなくいつもの会話ね、的な感覚が「究極超人あ〜る」と「パズルゲーム・ハイスクール」をたして2で割ったような感じだと思ったんですけど、果たしてこの2作品は足せるのか…ちょっと自信がありません。

 本は薄いし描写もそんなに複雑じゃないので、さらっと読書にお勧め。高校時代のだらっと文科系部活なんかを思い出したい人にプッシュ。

 …でも、私的に最大の謎は「氷菓」よりもむしろ「主人公の姉は超能力者じゃないのか」ってところなんだがw
posted by NOIRA at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっちまっ…orz

昨夜は早めに就寝。

したのに。

夜中に咳が出て寝付けず。

…そして眠ったが最後起きなかった。

7時前にうちを出ないと間に合わないのに目覚めれば8時前…

速攻電話かけて「すみません、1時間年休ください…」

…ええ、2時間目からは授業しましたとも!

自己管理最低〜 orz

ちなみに明日は午後から研修で職員がほとんど出払うため、

お子様たちは午後カット。

便乗して明日は午後休もらって早く帰って寝る予定。

いろんな人に心配されつつこんなネットの片隅で病気自慢。ああ。
posted by NOIRA at 22:28| Comment(3) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

うにょ〜ん、体調悪化〜

調子悪さ確変継続中。

頭痛と寒気と咳と痰がひどいので改めて通院。
ネブライザーでのどすっきり。幸せ。

しかし頭痛が治らないのでそう言ってみる。
「咳き込みによる酸素不足だと思いますよ。」

酸素不足!

つまり過呼吸の逆か!

仕方がないので、お風呂に入って残ってる「酸素缶」です〜は〜しつつ休みます。ふにゅう。

…暖房で部屋が乾燥してるし仕事中はお茶を片手にというわけにもいかない職場なので、脱水ももしかしたらあるかもしれない。
だって飲んだ水は痰と鼻水になって即出ちゃうし。

…とりあえずお風呂お風呂。話はそれからだ。

…仕事やめて寝ちゃおうかな…
(自爆へのプレリュード)
posted by NOIRA at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

【not】マイコはあああああああん【映画】

激しく調子が悪い。
夜中に咳き込んで眠れない。
咳がひどくて涙が出る。
咳がひどくてときどき吐きそうになる。
つっかえた感じというか。
喉とか胸とかから音がするよ。
空気漏れてるよ。やばい。
そりそろ横になって寝るのが辛くなってくる頃だな…。

 …というような状態で出勤したのですが、夕方ケータイに着信。知らない番号だったけど、出てみたらいつもかかってる内科の先生。
「あ、どうも○○医院です。」
「もしかして血液検査の結果出ましたか?」
「出ました。」
メバロチンを服用してるので、2ヶ月に1回くらいずつ血液検査をしてるんだけど、どうも周りにマイコプラズマ持ってた人がいたという情報を得たので、ついでにマイコプラズマの抗体反応も見てもらったのです。

結果、抗体反応陽性。

「でも、既に抗体ができていたと言うことは、今回ではなくもっと前に感染して一応治ったということですので、普通に生活してて大丈夫ですよ。」

…えーとつまり先月からそろそろ6週間ほどになる咳の長患いはマイコプラズマ肺炎とは関係ないんですね?ぴ〜ぷ〜ひょろ〜って気管から妙な音がするんですけど…本当に普通に生活してて大丈夫なのかしら…。

まあ、即入院とか言われても困るんだけどさ…。
吸入剤もらいに行って来ようかなあ…。
(まったく覚えのない時に感染していたらしいと知ってちょっと弱気)
posted by NOIRA at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

高千穂遥「ダーティペアの大帝国」




 結局3連休はあんまり仕事もしないでだらだら過ごしました。駄目じゃん俺。そんなだらだらの中で今年読了した本56冊目、高千穂遥:著「ダーティペアの大帝国」早川書房:刊。「ダーティペアの大征服」の続編です。いや〜あれでおわりだったらどうしようかと思った。大征服と大帝国の2冊で「バーバリアン・エイジ編」だそうで、ファンタジーワールドの2人の活躍とそもそものトラコンへの依頼とちゃんと今回で両方かたがつきますよん。

 あんまり書くとネタばれになってしまうおそれあり、なんだけど、前回「大征服」の記事およびコメント欄でいくつかの予想が出ておりましたのでご紹介。

(1)話のオチはファンタジー大陸の滅亡じゃないでしょうね…。
  (記事内・NOIRA予想)
(2)壊滅オチとして考えられるのは以下。(コメント欄・まいとさん予想)
   @キャラクター・プレイヤー共に壊滅
   Aキャラクターのみ壊滅(プレイヤーは現実世界へ)
   Bサーバーの暴走等で、プレイヤーは現実世界に戻れなくなる
(3)「世界観の崩壊」というプレイヤーにはやるせない末路があるのか?
  (コメント欄・NOIRA予想)
(4)依頼者がルーシファの工作員で、ダーティペアによるシステム崩壊を誘発する作戦
  (コメント欄・NOIRA予想)


 どれが当ってるかは読んでみてください。一番「ダーティペア」シリーズらしいのが一番真相に近いかもね☆

 いやいや、一見ファンタジー、実はコンピュータ制御のテーマパークという設定がけっこう生きてて、途中でハッカーによるシステム改変がなされてそれによるバトルスタイルの仕様に変更が生じるとか、依頼人の意外な正体とか、小技が効いてます。
 そして「サトシとピカチュウに」というオマージュは何だよ!と思ったらほんとにそういう話だったりして腰を抜かしました。やるなあ高千穂さん。

 ちっとも感想になってないけど、けっこう内容には触れてます。往年のファンはぜひぜひ。高千穂遥健在!ですよ。
posted by NOIRA at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪国屋で鴨鍋うどん

20071125183419.jpg

F2さんと晩御飯〜。お腹に優しくうどんで。
(そこで外食の矛盾)
posted by NOIRA at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

久々にジュンク堂

 昨日ヨドバシに行ったのに今日はジュンク堂へ。効率悪いぞ自分。
(どちらも新潟駅から屋根続きの場所)

 駅前に車を停め、ヨドバシの前を通って「ステラおばさんのクッキー」でお昼を食べてジュンク堂へと流れていったんですよ。東側自由通路(交番のある側からプラーカ1に通じる通路)を通ったときに、床にはまっている正方形のブロックの一つに、

何故かぼたぼたと赤黒い水滴が垂れた後が。

…血痕…?

 あとで気がついて「ケータイもってたのに!」と悔やんだのですが、アレは一体なんだったのか。
 ほぼ1枚のブロックに集中して直径2センチ程度のぼたぼたがいいくつもあったのですが、鼻血とかにしては多すぎるし、吐血だったらああはならないイメージ(実際の吐血現場を見たことがないのでなんとも言えないけど、嘔吐したあとみたいな感じになるんじゃないかな)なので、なんなんだろうな〜と。

…やっぱ刃傷沙汰か!?

 でもジュンク堂に入ったらすっかり忘れて本の海に夢中になっちゃったけどね!コミックスを数冊とソーシャルスキル系の資料を数冊ゲット。…うわ、4月にこの本ゲットしてればもうちょっとなんかいろいろ仕事上でやりようがあったような…!
 合計1万円とちょっとかかったのですが、おまけにコーヒー券をもらいました。地下のジュンク堂カフェで400円分のお飲み物と交換できます…というものなんだけど、

金券として使えるパターンのおまけよりも嬉しいかも…
(食欲を刺激されると弱いらしいぞ!)
(というか人間単純にできて過ぎるよ)

そんなわけで、ジュンク堂のカフェでお茶をする…新たな宿題へと。
posted by NOIRA at 23:46| Comment(8) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

うごきません

デジカメが壊れた…。

 最近あんまり活用していないR5ですが、なんか起動のときににゅっとレンズが出てきたて途中で止まってそのままになりました(涙)。今年はケータイも壊れるしデジカメも壊れるし、物壊し率高いなあ。

 本日ヨドバシへ行って修理に出したわけなんですが、買って1年以内なので保証範囲で直せそうとのこと。有償修理になりそうなら連絡をくれるというので、結果待ちです。見積もりに2週間くらいかかるそうで、メーカー送りだから仕方ないとはいえ長いよなあ。

 とりあえず旦那のDMC-FZ18があるとはいえ、やっぱり手元に自分のデジカメがないと落ちつかないよ。早く帰ってきて〜ん(はあと)。
(そんなこと言いながら、1代前のデジカメも職場で健在ですよ)

 というか、そろそろ白鳥が来てるんですが。鴨類もわさわさ来てるから撮り放題なんですが。むう。
posted by NOIRA at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

岡田有花「ネットで人生、変わりましたか」




 1日早く週末だ〜。今日はタイヤもスノーに履き替えたし、蓄暖はがんばってくれてるし(まだちょっと出力が足りない感じだけどね)灯油も買ったし(高くなってますな、実感)、この週末は気候が冬モードになっても多少安心して暮らせそうです。

 …多分日曜出勤だけどな!(涙)

 さて、冬に向かう日々の中、今年読了した本55冊目、岡田有花:著、「ネットで人生、変わりましたか」ソフトバンク・クリエイティブ:刊。
 もともと、「ITmedia」に掲載された記事をまとめた本なんだけど、mixiやはてなといった有名どころの人たちから、「記者のお母さん」といったマイナーどころまでさまざまな人たちを対象に、ネットに触れていかに「人生変わった」か、というお話が満載。ネット礼賛でもなく、ネット否定でもないスタンスで書かれているのだけど、「ほんのちょっと」から「激変」まで、ネットを触媒に変化した人生、というテーマがとても面白かった。

 私自身もネットにつないでなければ知り合うことのなかった人が何人もいるし、ふと今後ろを振り向けはそういうご縁で家族になった文鳥がすでに3羽もうちにいるわけで。更に思えば「インターネットすげえ!HP作りたい!」とか考えていたのはwin3.1の頃だったなとか、今振り返ってみれば「HP作りたい」ってそれ目的じゃないだろ、とか、なんかそんなこと言ってるのが年取った証拠?とかとか。

 身の回りに当たり前にあるようになってようやく実感する、ネットは触媒であって手段なんだよなあ。本当に面白いのは、「ホームページ」じゃなくてそれを作っている「中の人」なんだなあ、とまあそんな当然のことなんだけど。読みながらしみじみそんなことを思った。

 だから「パソコンを使って授業ができますか?」なんてアンケートとって、「IT教育のできる教員は小学校で○○%」とかそんなことを問題にする教育界(というか文科省)のあり方は頭固いって言われるんじゃないのかなあ…(直接ではないにしろ手下だから声を小にして言ってみるテスト)。子供が何を得るかが大事なんだから、パソコン使おうと掛け図使おうと黒板に板書だろうとなんだっていーじゃん。(体験させることを主眼としたPC使用の授業までは否定しないけどさ)むしろ視覚資料ゼロでイメージ喚起する訓練になる授業だって「おばあちゃんの昔話」が失われて久しい現代じゃ有効なんじゃないのか。ぼそぼそ。(あくまでぼそぼそと。だって手下だし)

 …ほんの感想に戻るけど、ネットを触媒に変化した面白い記事の数々は、やっぱり取材の対象とされている「中の人」の面白さがあってこそだろうと思います(ただし、「話して面白い」は単にしゃべりのスキルの問題なので、取材して文章化されたかさこそ面白い、という部分は否定しないよ)。
 人こそ宝。そして仕事でも趣味でも傾ける情熱こそが宝。うんうん。

 日常、大きな不満とか不安はないけどちょっと迷走気味、な人には心のビタミンとして効くんじゃないかな。お勧め。
(迷走部分が大きい人には「それに比べて自分は」鬱になる可能性があるかもなw)
posted by NOIRA at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

アラあら荒…?

 さて寝落ち気味の本日、皆様いかがお過ごしでしょうか。昨日に引き続き文鳥の話です。

 文鳥の話しかネタがないんじゃなくて、ここしばらくケータイ記事ばっかりでカレー以外のネタをため込んでしまっております…駄目じゃん… orz
 紹介したいコミックス2つ3つ、書籍も1冊あるんですけどにゃ。英辞郎の第3版とか何をとち狂ったか使えもしない(多分)のに買っちゃったみっくみくとか、舞妓プラズマちっくな話(誤字確信犯)とかそりゃあもうネタはまわりにごろごろとあるんですけども。
(…ケータイ記事ばっかりになったのは体力低下が主原因だよなあ)

 さて、10月上旬にうちにやってきた「シルバー・パイド・イノ」なる品種の文鳥2羽(よくわからないんだけど、シルバー文鳥のアルビノがけ、程度の意味でとらえてます)。もともとの飼い主はj-bさんで、「半手乗りだったのがほぼ荒になりました〜。おおむね同い年のペアですよ〜。」と教えてもらったんですが、なんか挙動を見てると疑問がわいてきた。

 …えっと、本当にペア…?

 いや、仲はいいと言うか、喧嘩している様子はないのでケージを分ける必要はなさそうなんだけど、譲っていただいてから1ヶ月あまり、

 オスの「ている」くんのさえずりを聞いたことがない。

P1000291.JPG
 こうやって見ている限りではペアっぽいんだけど、成鳥になるまでうちにいなかったんだから、うちとは別の系統のさえずりをするはずで(うちはくろ亡きあと、さえずりはぐれ流派の1系統しかないのだ)、ちょっとでも歌えば違和感ありありでわかるはずなんだけどなあ。

 そんなわけで、「ている」くんと「ぷりん」ちゃんに関しては、私の中で疑惑が渦巻いてます。
・もしかして♀同志じゃないのか。
・それとも♂のているくんに何か問題が?
・…それとも品種が固定されてないので一代雑種的な…
(ちょっと待て、交配能力がない=交尾しない、じゃないだろ)
・それとも1ヶ月たっても日々まだ緊張してる???
(そんなやってるとうちになじむ頃に一生終わるぞ)

 万が一♀同志だったら、くるみと相性の良さそうなほうをケージにつっこんでみようかと思っております…。

 そしてもう一つ。うちは夜に1〜2時間程度放鳥しております。

 2羽とも、ケージの戸を開けておいてもでてきません。
写真のように壷巣の上にずっといます。


 なんでやねん!遊びたくないのかよ!私は遊びたいよ!ぶーぶー!


 …やっぱり緊張が取れてないのか、夜になると部屋に戻ってくる怪しい人間に警戒してるのか、ふたりともどっち!?
 まあ、自分のペースで新しい環境になじんでもらうしかないんだけど、できればリラックスしてもらいたいものです。

 ケージの下段の止まり木に自分から下りてきたのも見たことがないのですが(菜っ葉の取替えなどで、手をケージに入れると逃げ惑って下段にも来る)、餌は減っているので多分大丈夫だろう…と思いながら経過観察を続けることにします〜。

 あとはそうねえ…
・交尾してたらペア
・卵を1日1個程度のペースで生んでたら1羽は♀
・卵の増える頻度が高いなら両方♀

 新しい流派のさえずり、聞きたいんだけどな…。
posted by NOIRA at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

♪ぬっくぬくにしてやんよ〜♪

 冬到来。羽毛とか大丈夫かしらと思ったけど(一応周りの掃除はしたよ)、昨日から蓄暖のスイッチを入れました。まだ40%程度の蓄熱量だけど、今朝はほんのちょっと冷え込みが軽いかも(その室内のみだけどね)。そして今日帰ってきたら室温14度。いい仕事してくれてます。これからもう数日かけてパワーが上がっていく予定。
 その他、ぺんちゃんのケージのヒーターは先週から入ってるし、単独ケージのくるみのところもおととい冷え込みそうなので入れた。

 一人寝は寂しいもんねえ。(写真はくるみ@シナモン♂)
lonrykurumi.jpg

 …あ、はなちゃんのヒーターって預かってたかしら…とそんな感じでちょっとずつ冬対策中。そして放鳥時にはみかんでご接待。オレンジ色の物体を見るとちゃんと飛んでくるよ!

 まっさきに飛んでくるのがしるく@シルバー♂↓とうみ。カップルで「食いしん坊万歳」状態。まったく。
nozokisiruku.jpg

 さて、蓄暖を入れたら次はタイヤのお取替え準備です。週末にはタイヤ交換する予定〜。その後、壷巣を各ケージに取り付け始めるかな…。
posted by NOIRA at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

鉄の掟

20071119183000.jpg

まいとさんと「ポポラマーマ」にてキーマカレーのパスタを食す。宿題消化だしパスタは旨いしご機嫌…といいたいところだけど、手前のカレー味を先に食べたら、向こうの赤味噌仕立てパスタの味がインパクトなしになってしまった…。

食べたいと思ってもカレー味は後回しが鉄則ですな。トホホ…
posted by NOIRA at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四字熟語メーカー

なんか「脳内メーカー」が本になるそうです。

記念と言うわけじゃないですが、「うそこメーカー」シリーズの最新のやつをやってみることにする。その名も「四字熟語メーカー」。名前を入力すると四字熟語が表示される、というなんともシンプルなものですが、

…「脳内メーカー」もそうだったけど、人はモノがシンプルなほど深読みしちゃう業の深い生き物だからねえ…。

 そんなわけで、早速挑戦。まずは「NOIRA」と入力してみます。ぽちっとな。

NOIRAを表す四字熟語

 …「直感重視」…orz

 今直感として閃いたよ!モニタの前で笑ってる奴が数人いるよ!
(それ直感じゃなくて経験則だと思うけどな…)

 ついでに「のいら」とひらがなで入力してみました。ぽちっとな。

のいらを表す四字熟語

 …「愛情先生」…(悶絶)。いやん!こんな結果いやん!

 人名(?)じゃないけど「のいらんど雑日記」も調べちゃえ。ここを表す四字熟語カモン!

のいらんど雑日記を表す四字熟語

 …「横領先輩」…イミフ!イミフ!意味不明!

 とまあこんな結果出ました〜。皆さんも興味があったらやってみてね☆

しかしこの結果はまだぬるかった…
posted by NOIRA at 01:09| Comment(9) | TrackBack(1) | 占い・分析・ラベリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呪いの末路を予想してみるテスト

 最近すっかりフードブログな「のいらんど雑日記」ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 …というか「カレーブログ」に特化しつつある件について orz

 …まあいいや。まだしばらく熱病に浮かされたようにカレーを食べ続ける呪いは継続する模様。何でこんなにカレーが食べたいんだ自分。

 自分が女の子(とかいう年か、という突っ込みは全力で却下)だということを考えると、呪いから逃れる方法の王道として

王子様が現れて救ってくれる

というあたりかなと思うんですよ。
(無駄にメルヘン)
ちょっと想像してみる。…あれ?

白馬に乗った王子様

じゃなくて

ターバン巻いた王子様

が来るような悪寒ひしひし。そして2人は手に手を取ってカレーの原産地へ直行。

呪いエンドレス。

何故だ!

そんなわけなんで、もしもこのブログがカレーの呪縛から離れられないままある日突然更新されなくなったら、管理人がターバン巻いた王子様とカレーの国へ逃避行を始めたと思ってください…。

 明日(もう今日だなあ)も仕事だ…。

 頼むよ王子様…
(なんだ逃避なのかよ)
(てか何を頼むんだ)
posted by NOIRA at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

カレー以外の宿題消化

20071118190414.jpg20071118192338.jpg

開店当時から気になっていた「なおじ」に潜入。

すげ!昭和のお茶の間再現!ちゃぶ台にやかん!

メニューの名前も凝ってるけど、割としっかりしててかつ庶民的。ポテトフライ頼んだら、大量で焦ってしまった。(^^;

写真の料理は向こうから赤いラーメン(ザクとは違うらしい)、爆弾餃子(直径5センチ以上ある)、なおじろう(という名前の野菜ラーメン)でした。
新潟市内の懐古スキーは是非どうぞ。
posted by NOIRA at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜出勤の直前に

20071118123956.jpg

東堀のカレー屋「VOVO」で食事。さて行ってきます。

そして追記で感想。
「ハーフカレー」というメニューでルーを2種類にして楽しさ倍増。
野菜カレーとドライカレーで頼んでみました。
野菜カレーはルーがあっさり系、ドライカレーはごてごて系ですからお互いにインパクト大ですね。うまうま。
カレーの右にあるのはサラダ、奥の小皿2つはトッピング。左がライス用で、しその実と菜っ葉と大根の赤い漬物を細かくしてドライにしたもの。右の小皿は辛さアップのものなんだけど、粉末じゃなくてフレーク状なのでダイレクトに舌にきます。ひ〜。うまうま。
posted by NOIRA at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

一服〜

20071117144335.jpg
ガトーフレーズ山形南原店にて。手前がバナナのキャラメルクリームタルト、奥のがマロンタルト。

…ひとりで食べた訳じゃないぞ。

とか言いつつ、店内のケーキバイキングのポスターに心惹かれる私。29日〜30日、1500円だって。
posted by NOIRA at 14:56| Comment(6) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

山形経由仙台行き

20071116202430.jpg

…の途中でカレー。山形のココスにて。
…下調べして行くべきだったか…。
posted by NOIRA at 22:34| Comment(7) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする