2008年01月31日

ナイルでカレーミッション

20080131185159.jpg20080131185407.jpg

 まいとさんとF2さんとカレーミッション。竹尾インター近くににできたインド料理店ナイルにて。カシミールセット。マイルドベジタブルカレーがうまうま〜。

 ちなみに、店員さんは黒っぽい肌の外国の方。日本の冬に適応できるのかしら…とちょっと思ったので、お金を払うときにちょっと聞いてみた。
 「日本に来てどのくらいになりますか?」
「1年くらいになります。」
「冬は寒くないですか?」
店員さん、ちょっと笑ってお答え。

私、ネパール人なんで、寒さは日本と変わらないんで大丈夫です。」

がああああああん!インド料理の店だからインド人だと思ってた!
すみません、私、外見だと白い人か黄色い人か黒い人かしかわかんないんです…!(実はそれも怪しかったりする)
posted by NOIRA at 19:26| Comment(5) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

納得いかない…

 ずいぶん以前に職場のプリンタをつなぐ問題が解決できない話を書いたのですが、実はあれから放置していたわけなんですよ。

 物理的につなぐことはできた。デバドラも入れた。…てか、LAN1のPCからLAN2のプリンタが一応見えている。
 なのに、プリント命令が通らない。レイヤーいくつの問題なんだちきしょーというか、何で見えてるのに印刷できないんだちきしょー、の状態。

 で、ネットワークの設定がうまく行ってないんだろうと推察されるわけですね。パスワードわかんないし。そもそも見えるのにコマンドが通らない状態で、どこにパスワードを入れるのかも判然としなかったんだけど。

 本日、頼りになる専門職の方が来て下さいました。
 ひゃっほう&ありがとうございます!ホントは後ろで見学させてもらって今後のメンテナンスに生かしたいんですが、授業があるのでできません!あとはよろしくお願いします!

 で、放課後。ちょうどその部屋にいた人に聞いてみた。
「うまく行きました?」
「ああ、USBでつなげばうまく行きますよって言ってましたよ。」

 Σ ちょ!

 それ予算が3倍かかるからあえて避けた方法じゃん!それだとネットワーク設定いらないじゃん!それでいいならやったって!
「あ〜、もうソフト(多分ドライバのこと)のインストールも設定も既にされていたって言ってました。

 や っ た ん だ っ て ば !

 …ネットワーク管理の方が来てくださったんじゃないの?だってパスワードがいるって言ってたじゃん!所轄の違うプリンタだからネットワーク別にしたってことじゃないのか!

 …で、結局、「USBケーブルを買う」までプリンタの増設も保留。なんか納得しきれません…。USBでいいなら別に他の人がお休みのときにわざわざ出勤して設定いじらなくてもええやん…。

がっくり…
posted by NOIRA at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 実は実話・ネタ人生万才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

斉藤美奈子「紅一点論」




 さて、平日なのに仕事はどうした状態で本を読んでおります。2008年に読了した本7冊目、斉藤美奈子:著「紅一点論」ちくま文庫:刊。

設問:次の人物を分類し、カテゴライズせよ。

魔法使いサリー、フジアキコ隊員、キューティーハニー、セーラームーン、ジャンヌ・ダルク、森雪、セイラ・マス、綾波レイ、ナウシカ、ナイチンゲール、キュリー夫人、ヘレン・ケラー


 …ぐじゃぐじゃですがな。
 性格もさまざま、フィクションとノンフィクション(というか実在した人物)も入り乱れてるし。

 これらの人物とそれを内包するお話(アニメなどの場合は作品ストーリー、実在の人物の場合は主に伝記)を、メタ視点から俯瞰して、「ヒロイン」というものの存在意義と彼女たちを内包する作品群のありようを探る。さらにメディアを通して流れてくる(主に子供向け作品とされるものの)男女偏重の役割分担とその行き詰まりにもやんわり言及していく。
 かといって、本論が堅苦しい内容ということではない。論じられているのは子供向けメディアとしてのアニメ・特撮と児童向け伝記が主であること、斉藤美奈子氏の大真面目に語りながらもまわし蹴りでひざかっくんするようなあの調子(別名「あほらし屋の鐘カーン効果」といってもいいかな)が健在であることなどから、するするけろりと読めてしまうのだ。
 加えて、かなりの数に上る(「設問」で引用した他にもある)作品群をぽいぽいぽいっとカテゴライズしていくので、なんだか「アニメ特撮・なつかしのヒロイン総特集」という番組でも見てるような感じ。主要な作品についてはストーリーダイジェストもついてます、みたいな。

 …いやあ、それにしても、小さいころもっと伝記を読んでおけばよかったなあ。そうしたら「伝記を読んで素直に感動し、偉人にあこがれた過去の自分」に悶絶する楽しみも味わえたかもしれない。

 読了して思う。アニメ編、伝記編のほかに伝説編を入れて欲しかったなあ。伝記というにはあまりに生涯の記録がなさすぎてファジーにならざるを得ない卑弥呼とかクレオパトラとか楊貴妃とか。
 …あれ?でもこれって「ヒロイン」っぽくないラインナップか。

 そしてもうひとつ、子供向け伝記の矛盾を晴らすべく(?)導入された女性偉人たちのみもふたもない表され方(実務派ばばあだったりがり勉女性だったりシニカルなエンターティナーだったり)のほうが人間的にでこぼこしてて気に入った。伝記の書き直ししてください斉藤先生。ぜひ。
posted by NOIRA at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫が知らせない

 なんかとっても幸せな夢を見た。

 温泉に行ってだらだらのんびり過ごし、休暇を満喫する夢。同行してるのは、うちの文鳥ズの最長老、ぐれ様である。
 露天風呂につかっているときは頭の上にふっかりと、マッサージ椅子に座ってぐいんぐいんしてるときは安全な腹の上でゆらゆらと、車のハンドルを握れば肩の上でご機嫌ソング…

 目が覚めた。思った。やばい!落鳥っ!?

 最近寒いし。ぐれ様そろそろ9歳になって、羽毛がスカスカになってきつつあるし。若い野郎どもとけんかになると即効負けるし。

 虫の知らせか!?

 布団を出てケージのところにかっとんでいくと、「まだおねむですよーん」という風情でふっくらしたぐれ様がこっちを見てる。
 …霊感なくて良かった…。

 しかし、あんなに楽しい夢を見て、現実の結果もまずまずなのに、何で一日メロウな気分で過ごすことになったんだろうか。

 …愛って理不尽だわ。
(ちっともロマンチックに響かない不思議)
(というか親馬鹿効果)
posted by NOIRA at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

おかしいなあと思ったら

しばらく前からコメントの反映が遅いと思っていたんだけど、
昨日投下した2つ目の記事が現時点でトップページに来ていない。
なんじゃこりゃああああ、と思ったら、障害報告出てました。

現在、Seesaaブログのブログサイト(ドメイン名:seesaa.net)に
おきましてお客様が投稿された記事、コメント等が正常にブログに
反映されない状態となっております。

ただいま、対応を行っておりますので、今しばらくお待ちいただき
ますようお願い申し上げます。


だそうですので、コメント入れても反映されないかもです。
皆様お気をつけのほどを〜。

…と注意を喚起しようと思ったこの記事が
もしかしたら反映されて皆様の目に付かないかもしれない悪寒w
(とりあえずお知らせ記事にTB張っちゃえw)
posted by NOIRA at 21:21| Comment(9) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

リセット初心者

 今日は、1日家でだらっとなんかいろいろしてました。そんな中でPC周りの話題を。

しょの1:

 「ウィザードリィ戦闘の監獄」を再インストール。というかマシン変わったからデータ皆無で最初からプレイ。しかしマッピングをしたノートがあったので最初の迷宮は比較的さくさく進んでるよ!
 そしてさくさく死んでるよ!シーフなんて経験点を1点も稼がないうちにサプライズアタックで死亡〜。なんてこったい。

wizkidou.jpg

 …しかし最初の迷宮(地下3階15×15構成)を抜けてません。首が痛い肩が凝った年は取りたくないもんじゃ。ぐわあ。
(平日やったら仕事が死にますな)

しょの2:

 んで、ゲームやったのでプレイ画面でも報告がてら…とSSとってみる。GIMPでjpgに直したものの、セーブがどこにされるのかわかんないよ!おまけに3枚1セットで出てたウィンドウ(データとツールで別ウィンドウなのだ)をうっかり消してしまったYO!
 ううう、そんなに大きく変わるわけじゃないんだろうけど、フォトショ慣れしてるせいかGIMP使いづらい…。
(ちなみに、ノートPCタブりんに入っているフォトショップエレメントの3も使いづらいし、マシンを新しくしてIEも7になったんですが、タブを消したつもりでウィンドウそのものを消してしまうミス続出。検索結果のページだったりすると目も当てられないよ…)

 まあ、なんとかセーブポイントは探し出しましたよ!がっでむ!
(というわけで、画面の画像が上に貼り付けてあるんですね)

しょの3:

 ラベルマイティ(ジャストシステムのラベル制作ソフト)を再度インストール。ちなみにバージョン4。最新版は8で、買おうと思っていたのにその理由を忘れた…何か新機能がついたんだったかなあ…
(そりゃあ4からずっと放置してればいろいろ機能もつくだろうさ)

 …とまあ、このようにツールが新しくなるとユーザーが迷走するリセット初心者状態の1日でしたとさ。職場ではノートを使ってるし、なじむまでには時間がかかります…。

 というか、これがなじんで快適になったと思うのもつかの間、今度はなにやら不具合が出たりして、またマシン更新の必要を感じるようになるんだよねえ…パソコンは意外とナマモノです…。
posted by NOIRA at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | モノは試しだ!(えー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細川 貂々「ツレがうつになりまして。」




 たまにはコミックスレビュー…というわけでもないんだけど、「海馬」と一緒にアマゾンさんから取り寄せた本が2冊。「ツレがうつになりまして。」&「その後のツレがうつになりまして。」
 がっちりデータベース的な欝の本はちょっと辛そうだし、生活密着型で表現されているようなのがいいかなってんでこれ。

 …読んで思った。「すべての人がうつ病になる可能性があります」ってのは納得するんだけど、なんか自分がなる気がしません。
 これtって、「私って前向きだから」というよりは、「嫌なことから即逃げ」の自覚ですか?

 帯に「感動の純愛コミック」とあるのは言いすぎだろうと思うんだけど、でも愛がないと病気で鬱々の旦那と上手に付き合っていくのは難しいだろうなあとも思う。そんなわけで、当事者でもある作者てんさん、上手にツレさんの「情けない」「みっともない」を乗り越えて自己開示させてるよなあというところに素直に感動…あ、感動してるのか。そーかそーか。
 女性誌の記事に添えてあるカットのような味わいのシンプルな絵柄(実際そういう仕事してるっぽいけどね)で、本来感情の起伏の激しいはずの日常をちょうどいい距離感で描いてるノンフィクションの良作。この本にもやっぱ癒された…ってか、最近癒しを求めて読んでるのか?とちょっと思う。

 …ま、皆さんお疲れの時代ってことでひとつ。
posted by NOIRA at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

池谷裕二&糸井重里「海馬−脳は疲れない」




 昨日読み終わったんだけど、寝オチ寸前(というかすでに落ちていた)の状態だったのでレビューは今日に持ち越した。2008年に読了した本6冊目、池谷裕二&糸井重里:著「海馬−脳は疲れない」新潮文庫:刊。共著…というよりは対談を編集した本です。
 30代の若き脳科学者とブレイン系マルチライターの幸せな出会いとかっとび続ける話題。
 対談自体は2002年に行われたものだから、脳科学のトピックスとしては古い話題もあるのかもしれない(あ、ちなみに2005年の文庫化にあたりプチ対談が行われていて巻末にそれも載っております。お得感プラス!)けど、それでもさまよえる一般人の私なんかには十分目新しい知識が盛りだくさんでありました。
 そういう知的好奇心を満たす部分と、その話題を糸井さんが絶妙に「俗で理解しやすい領域(褒め言葉)」へと引っ張ってくる爽快感、そしてなんかちょっと生きる指針になっちゃう不思議。
 特に、「30歳を過ぎてから頭は爆発的によくなる」といったあたりの話題は個人的に経験した心当たりもあって超納得。記憶能力に焦点を当てると子供のころほど物覚えはよくないってのは実感できるけど、経験をもとにものごとを自分に引き寄せて考える知恵ってのは、やっぱ大人のほうが上だよねえ(あー、子供のころはその辺混同してとんがってましたごめんなさいアイタタタ)。

 ほかにも、紙上でできる盲点の実験といった遊べる要素もあって、科学的な話題がやさしく楽しめちゃう、という点でもプッシュの1冊。
 教訓じゃないところがミソなんだと思うんだ。糸井さんのアプローチってそうだよね。うん、でもなんか勝手に癒された。ありがとうな1冊っす。
posted by NOIRA at 17:51| Comment(7) | TrackBack(1) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

【重々の意味】重々承知【違うから】

 雪景色に鬱々とする寒がりのNOIRAですこんばんは。今日はseesaaさんがやたら重いのですが、どうしたんでしょうか。

仮説1:インターネットの中も積雪のため交通渋滞がおきている。
(リアルとバーチャルの区別をつけなさい)

仮説2:温度が低いため、データがかじかんで動かない。
(むしろ温度が低いほうが抵抗値は減るんじゃないのか)

仮説3:ROMがあったまらないと大当たりは来ないんだよ
(なにそのパチンコ都市伝説)

仮説4:もしかしてここが1日にして超有名ブログに!
(カウンターを見ると現実を直視できますw)

仮説5:えっとつまり不定期メンテナンスが近いってこと?
(妥当すぎてつまらないので却下)
posted by NOIRA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

米澤穂信「夏期限定トロピカルパフェ事件」




 今日はふぶいたりお日様が照ったりの変な天気。ちょうど17時ころからまた雪が降ってきて、つもるかもしれないというので、今日はおおむね皆さん早めの退勤。そんなわけで私もちょっと余裕のある帰宅をしました。
(仕事にはばっつりと目をつぶるw)

 で、早めにお風呂に入って最近とまり気味の読書でも、と手に取った1冊。2008年に読了した本5冊目、米澤穂信:著「夏季限定トロピカルパフェ事件」創元推理文庫:刊。「小市民シリーズ」2作目。

 一緒に高校生になった小鳩君と小山内さん、今度は高校2年の夏休み。小鳩君は小山内さんに『小山内スイーツセレクション・夏』なるリストを渡され、一緒に市内のカフェ&甘味屋めぐりをすることになったのでした。
 …一見高校生カップルならそんな行動もありかなという感じなんですが、実はこの2人、そういう関係ではない。「カップル」という言葉の定義するような関係ではない、ということもそうなんだけど、スイーツを食べに行くという行動自体はともかく、お休みの間に誘い合うような間柄ではないんである。なんたって学校生活のもろもろの面倒ごとを避けるために2人はお互いを利用するのであって、面倒ごとが基本的にやってこない長期休みに関して、デートよろしくお互いを誘い合う必要はないんである。
 疑問を持ちながらも小山内さんの強引な誘いに付き合ってしまう小鳩君。しかしそのうち大事件が起きて…

 うう、騙された。小山内さんらしくない強引さだと思いつつも、「春期限定いちごタルト事件」でオチとして明かされた小山内さんの性格を考えると、それもありかも…みたいな感じで、小鳩君と一緒に騙されましたよ!なんか、裏には裏の裏がある、みたいな入れ子細工陰謀構造。あとがきでもらった『復讐少女』の称号は伊達じゃないですね…。

 そしてラストにちょっと衝撃。え、シリーズここで終了?秋期限定スイーツと冬期限定スイーツないの?なんというか、納得しきれない不安定な幕切れにそわそわしてます。…これはひとつの「続編希望」の形ですね。
posted by NOIRA at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【not】みっくみく【実践】

 出入りの業者さんと「初音ミク」の話になった。

 職場で何を話してるんだ、という突っ込みはオールスルー。ちゃんと仕事の話なんですよ。
 「スコアメーカー」というソフトを使ってるんだけど、要するにPC上で打ち込んだりスキャンしたりした楽譜をデータとして扱うことができるソフトなんですね。扱って何するかっていうと、一番シンプルには印刷する、パートごとに楽器を指定して音源を作る(MIDI&WAVE)、合奏譜からパート譜を作ったり、移調譜を作ったり…といろいろできるわけです。
 「どれみ どれみ そみれどれみれ」と五線に楽譜を打ち込んで、演奏させるときは設定でリコーダーの音にしたりピアノの音にしたりクラリネットの音にしたり…なんてことができるので、校歌の伴奏CDなんかを作ることもできるわけなんですが、

 いかんせん、「スコアメーカー」では歌を歌わせることができない。

 んで、業者さんと話してたのが「歌パートだけみっくみくにできないでしょうかねえ」というお話。…実はまだインストールしてないんだけど(駄目じゃん)、五線に楽譜を書いていく感じの「スコアメーカー」の操作と「VOCALOID EDITOR」の操作では直感的にまるで違うことがわかるんですが、…やっぱミキシング用のソフトを追加で用意しなきゃ駄目なのかなあ…と、およそそんな話題で玄関で立ち話。

 やろうと思えばいろんな方法があるとは思うんだけどね。
 でもまあ、今仕事でやりたいっていったら「お子様たちに歌わせて録音したテープじゃノイズがのりすぎなので、校歌の伴奏音源と歌入りの音源を作っときたいな」という程度なんですが。

 …教室用校歌のCDがみっくみくじゃどうなのそれは、という気もするんですが。

 うーん。
 そしてスコアメーカーがKAWAIで初音ミクがYAMAHAという…。うーん…。

2008年01月23日

【というか】凹みの中からつぶやいてみる【逃避?】

 ちょっと仕事で凹み気味だったので、帰りに寄り道して定食屋に。…気がつくと「幽遊白書完全版」を読み終わっていた…。

 …迷惑な客である。

 ああ、でもちょっと気晴らしにはなったかな。

 そーゆーわけで、フィクションとかエンターティメントの重要性を実感した日であった。
 …というか、今のデスクトップにゲーム系ソフトが何も入ってないのよ。こういったなんかあからさまに気晴らしをしたいときの娯楽がないなあ。

 …wizardlyでも入れるか…(戦闘の監獄PC版、実はぜんぜんやってないのよ)
posted by NOIRA at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日付が変わりました…

… orz

寝ます…

マニュアルくらい読めよとか
アップデートくらいやっとけとか
アウトルックは嫌いだから知らんとか

細かいこと言い出すときりがないんだけど。

…都合のいい位置づけに置かれてるなあ自分、というのが
まあ、絶妙に脱力ポイントだったりするわけだ。

…愚痴吐いてないで寝よっと。
posted by NOIRA at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

戦闘力メーカー

 お腹がいっぱいになって帰宅。これから一仕事…する気力がないよ☆

お風呂入って寝ちゃおうかな〜。しかし早起きできるわけもな…(死)

そんなことを考えつつさまよっていたら見つけました、「戦闘力メーカー」。名前を入力すると戦闘力を表示してくれます。

 とりあえずNOIRAで戦闘力解析。ぽちっとな。以下結果

battlerate_noira.JPG

 …なぜオッパッピー…?99レベルでカンストなのに87レベルなら健闘したとみていいのかなあ。

 ついでに本日ミッションをこなしてきた「キレンジャーレッド」で解析。ぽちっとな。以下結果

battlerate_kirenjaR.JPG

 …萌えにハニカミ…

 ま、まあ紅一点にはふさわしい称号かもね!
(紅一点で王子って…)
posted by NOIRA at 23:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連続ミッション

20080121193533.jpg20080121194519.jpg


 まいとさんと小三太夫さんが極秘ミッションを行うというので混ぜてもらう。なんだか通ってるような気がするんですがイオン南。今日は「ポムの樹」でオムライス。

 最初の写真はオーダーした「洋風おろしオムライス」。緑のたれはシーザーアボガドソース。おろしの中にはスモークサーモンが入っていました…氷頭なます…?まあ、おいしかったのでよし。ほんのりおフレンチなオムライスで満足満足。うまうま。

 それから、でっかいパフェは私じゃなくて小三太夫さんのオーダーしたプリンパフェ。あまりのでかさに感動して写真をとったんだけど、ついうっかり左上にささったソフトクリームを強奪してしまったら、「これで『私が食べたものじゃないわ』といえなくなりましたね腐腐腐」と言われてしまいました。は、謀ったな!
(いや、食べる気満々だったからだめでしょ)

 そして。「キレンジャーズがそろってるのにカレーミッションじゃないですね」といったら「カレーじゃないのはお前だけだ」と突っ込みが。そうなのだ、まいとさんはチーズカレーのオムライスを、小三太夫さんはドライカレーのオムライスを食べていたのでした。

 「…今回レッドの裏切りってことで。」

 があああああああん。
posted by NOIRA at 19:50| Comment(13) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

突然カレーミッション

20080120175015.jpg

 F2さんと小三太夫さんから「お夕飯いかが?」のメールが入ったので、イオンでカレーミッションその2としゃれ込むことにした。
 今回のターゲットは「金牛屋」。ステーキ&ハンバーグの専門店なんだけど、3人そろってここはあえてカレーメニューを頼んでみる。業が深いなあw

 で、写真。左奥がF2@キレンジャーグリーンさんオーダーの「チキンカツカレー」、右奥が小三太夫@キレンジャーイエローまたの名を長官さんオーダーの「バラカツカレー」、手前が私ことNOIRA@キレンジャーレッドがオーダーした「ビーフカレー」。
 多分カレーソースはみんな同じだと思うけどお互い味見しなかったので未確認。辛さと甘さが同居する深い味。ちょっと大人向け。ビーフカレーは煮込んだ肉じゃなくて、ステーキにしては薄めにスライスして焼いた牛肉が入ってます。焼きの香ばしさと肉の柔らかさがグッド。バラカツカレーはカツが入ってるんだけど、ちょっと豚バラはしつこめだそうですのでお腹のがっつりすいているときにどうぞ。チキンカツカレーはチキンだからバラカツよりもあっさりしているようですよ。

 いやあ、「ステーキ屋に行ってステーキを食べない」というミッションはかなり贅沢かつはずれの恐怖が大きかったんだけど、おいしくミッション達成できたので満足満腹。
 そして、前回「しゃぶ菜」ミッションのときにこのカレーのにおいをかぎ当ててこだわっていた小三太夫さん…

 さすが長官だ!
(ほめ殺しの勢いで)
posted by NOIRA at 17:52| Comment(5) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米澤穂信「春期限定いちごタルト事件」




 やばい。3学期が始まってぴたりと読書が止まった。やっぱり仕事してると忙しいんだねえ。…「逃避としての読書は?」という話もありますが、アソシエの1月号読んだら自分があまりにもサブプライムな人種だったことがわかって猛省中。やるべきことは先にやらなくちゃ、ということで、読書よりも仕事が優先です(何をいまさら社会人)。
 …ほら、猛省してる間だけでもやっとけば、もしかしたらそれが習慣になるかも知れないし(ほんのり駄目な姿勢を露呈)。
 ちなみに、それでも仕事をいくつか取りこぼしてます。どこまで続くサブプライム人生。ネタ人生とどっちがましなんだ。

 さて閑話休題。ようやくちょっと休日の余裕〜ということで、2008年に読了した本4冊目、米澤穂信:著「春期限定いちごタルト事件」創元推理文庫:刊。「古典部シリーズ」の米澤穂信、今度は「小市民シリーズ」に手をつけました。

 小鳩君と小山内さんは高校1年生。物語は2人が高校に合格した日から始まるわけなんだけど、この2人がちょっとエキセントリック。
 一見したところ、小鳩君は割と平均的な目立たない男の子、小山内さんのほうは物静かで引っ込み思案な女の子。で、ふたりは学校から一緒に帰ったり、喫茶店に2人で立ち寄ってお茶したり、と盛り上がり感には欠けるけど落ち着いたカップルのような行動をしている。
 でもこの2人、別に恋愛関係ってわけじゃないらしい。「清く慎ましい小市民」であろうとして互恵関係にあるんだそうだ。
 …あろうとしているってことは、本性はそうじゃないってことなんだけど、彼らのそんな日常に、高校生らしい事件が絡む。自転車の盗難とか、美術部に先輩が残した作品とか、紛失したポシェットとか、限定販売のケーキとか、友人宅で出されたココアとか。
 で、そういった日常のいかにも小市民的なプチ謎の果てに、ひとつの陰謀があきらかに。いや、陰謀といっても多少高校生レベルを逸脱してるかな、程度なんだろうけど。

 どうしても古典部シリーズとの比較になっちゃう部分はあるけど、主役2人が「ダブル福部里志のカップル」という感じで、これはこれで面白いかも。…キャラとしては里志君のほうがポジティブで好きなんだけど、これは摩耶花ちゃんという得がたい女の子が彼のそばにいたことによるのかもしれません。といっても、里志君のほうは現在のあり方とか考え方のほうに魅力をおかれて描かれているし、「小市民」の2人は本性の発露=封印された過去のほうに魅力があるんだろうから仕方ないのかなとも思います。
 …「春期限定〜」はシリーズ第1作なので、キャラクターの本性を故意に小出しにしている感じなので、今後の展開に期待。とりあえず手元には続編「夏期限定トロピカルパフェ事件」があるわけですが、さて。
posted by NOIRA at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駅南スタバ

20080120082235.jpg

偵察兼ねて朝ごはん♪7時からやっているので今日はいいけど、仕事の日は無理ですな…。
posted by NOIRA at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

メディアのマイナス的教育効果

 …すげえ。今日の記事タイトル、まるでどこかの教育者みたい!
(大はしゃぎ)

 土曜日だけど出勤。なんか自治体の教育フォーラムがあるそうで、一般参加の動員がかかった。…熱心だなあうちの町…。
(雪道じゃなきゃこんなに億劫じゃないんだけどね)

 話の内容は今日的教育課題のあれこれ、といった感じ(詳細にも書けるけど今回そこはカット)。
 話題の中に「メディア漬けの生活が子供たちを蝕む」みたいな内容があって、要するに「テレビやゲームに子守をさせるのをやめよう」という内容なんですが、えーと、テレビとネットはいいとして、「ゲーム」は「メディア」にこの場合入れていいの?とか、んで「本を読もう」ってゆーけど書籍は「メディア」に含まないの?とか内心突っ込みの嵐だったんだけど、まあ言いたいことはわかるから失笑しつつも黙って聞いてよう。そんな自分に「大人になったねえ」とプチ賛辞(ぉ)。

 まあ、言葉の細かい定義よりも大人がそうやって問題意識を持つことが大事なんだよね。結局子供の未来は大人次第。
(教育的効果ゼロのブログをものしてる人が何か言ってますよ?)

 んで、中に使われていた資料に「ある少年の1日のメディア視聴の様子」というデータがあったんだけど、その少年、休日に起きているときはお風呂の30分間を除いてすべてテレビまたはゲームに接していた。
 ここで「まあ、1日のほとんどすべてをメディアに奪われてしまってるのね、これは問題だわ」と思わなきゃいけないんだろうけど。

 「とゆーことは、浴室にテレビがあったらコンプリートだね!」

とか思ってしまった私、もしかして「ゲーム脳」でしょうかw

 …仕事をさせたら「ゲー無能」だけどな!

PS:そんな休日出勤の間に、旦那がメインマシンの入れ替えをしてくれました。今までSHADOW2006とECHOESのツイン稼動だったけど、今日からはECHOESメインでっす。(CPUも載せ換えたらしい、ありがとう〜♪)
 …で、まだGIMPを使えない(というかよくわからない)ので、「ざつまんが」はお休みDEATH!データの移動は終わったとはいえ、まだまだマイマシンになってません。とほほ。
posted by NOIRA at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

ちこちこりべんじ

 おととい遅刻した記事をあげたんですけど、実は昨日も遅刻。

 昨日は更に10分早く出て、事故もなく除雪車もいなかったのに、

何故かのろのろ渋滞。

 おとといより早く出ておとといより遅く着くという結果に… orz

 一応社会人なんで、前日の反省を生かして早く出たんですけど。

 結果がついてこなきゃ意味ないじゃんか〜。

 で、今日は更に10分早く出勤。

 間に合いました。

 …というわけで、とりあえず反省の意思表示にはなったかと思うのですが、始業前に一仕事するには足りないんだよなあ…。

 いっそ、朝方に生活改善する?
 今1時に寝て6時過ぎに起きてるんだけど、夜10時に寝て3時に起きれば睡眠時間変わらないよなあ…。

 気が向いたらやってみます。

 でも多分時間が余っていたら余っていただけ寝るような気がする… orz
posted by NOIRA at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする