2009年04月30日

なぞねぎ

 昨日は午前中からけっこうこまごま動き回っていたのだけれど、お昼を過ぎて帰宅してみると、玄関前の自転車のかごの中にねぎがどっさり。

 …誰?

 心当たりの実家の父も、近所の方も留守。

 …まいとさん…いいや、その場合は多分メールなりメモなりでお知らせがくるかと思うし…。

 …誰なんだ…。

 …ていうかコレ、食べていいの?
(食べていいなら豆腐抜きねぎごろんごろん切りの麻婆豆腐にします…ってそれ麻婆豆腐じゃなくて麻婆ねぎじゃん★)
posted by NOIRA at 23:17| Comment(5) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

こまごま休日

 お休みなので今日は寝坊w

 でも、こまごま動き回ったお休みでした。

 町内会費を集めてまわったり(今年組長らしいよ)、布団を天日干しにしたり、ひさびさにうえきingに行ってカレーを食べたり(写真撮り忘れた!)、洗濯機を2回まわしたり、ヨドバシに行ってなんかいろいろ物色したり。

 うむ、魂の休日。(毎週言ってないかそれ)

 あと2日がんばれば今週は終わりだ〜。だいぶ精神的に回復してきましたよ!

 そうそう、雑誌を読んだ。

 アソシエの最新号。「文具のスゴ技」特集がよかった。

 「技」というにはネタが小粒だったような気がしますが、でもよかった。

 萌えた。
(それ感想としてどうなのよ)

 そんなわけなので、連休にはロフトか事務キチに行こう。そうしよう。
posted by NOIRA at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

小川一水「風の邦、星の渚―レーズスフェント興亡記」




 さて疲れた体に鞭打って平日2日目。明日は週のど真ん中なのにお休みだ、わ〜い。そして自分でもいつ読む暇があるのかわからない2009年に読了した本23冊目、小川一水:著、「風の邦、星の渚―レーズスフェント興亡記」角川春樹事務所:刊。

 中世終期、神聖ローマ帝国の時代。故郷を追われた…というかていのいい厄介払いとして庄司として辺境の村にやってきた騎士は、その地にレーズスフェントという町を築く。夜盗から身を守り、交易路を切り開き、税を課す領主と交渉し、苦しい道のりを経て町は発展していく。

 …ただひとつ、フツーと違っていたのは、この街には精霊(または悪魔、魔女、地球外生命体…とも言う)の加護があったのです…。

 「奥様は魔女」ですか!?

 …というわけで、「時砂の王」好きな人にはお勧めの、架空史の背景を超越者が跳梁跋扈する素敵な構図のお話。ただし、町の発展を妨げる仮想敵となる存在は、概ね理解のない領主(主人公の父親とか更に上位で支配している諸侯)だったり、夜盗だったり、ヴァイキングだったりハンザ同盟だったりするので、超越者よりも当事者の知恵と勇気と努力といちかばちかが物を言う世界なんですけどね(全部いっしょくたにしていいのか?)。
 クールで超越している泉の精霊レーズの望みは「町を見てみたい」ということ。その昔カエサルが築いた街の興亡を目にして以来の彼女の望みと、主人公である騎士ルドガーの「人が平等に暮らせる都市を作りたい」という望みが協奏してレーズスフェントという町を構築していく様子がなかなか面白いです。

 ルドガーや彼に伴って旅をしてきた弟のリュシアン、ストーリーに見え隠れする彼の師や思い人などの人間ドラマの面白さもあるんだけど、レーズの視点が読者の視点と同様に俯瞰的に町を見ていて、彼女にとっては、町の発展は箱庭療法的な意味合いを持ってるんだろうなあとか想像できちゃったりしてそこも面白かったかな。

 でも萌えだったのは彼女が実際に戦闘に参加するシーンだったりするわけですが…私こんなにクリーチャースキーだったかしら。
 そして思ったんだけど、中世ヨーロッパだから「泉の精霊」という扱いを受けていたレーズですが、もし棲息地が中世日本だったりしたら、「なまず女房」として語り継がれたにちがいない、と。

 さあ与太感想記事に興味をもったあなた!ハードカバーだけど買っとけ!

 個人的には最近とみに萌えつぼが近いよねのF2さん、まだ未読ならぜひ、の小川一水スキー同盟(勝手に今決めた)ruitoさん、多分「デルフィニア」のウォル王とルドガー、ルウ王妃とレーズを対比して読むと面白いよ、の腐爺さんにプッシュ。ぜひどうぞ〜w
posted by NOIRA at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

2人目登録〜w

 アルカナコレクション、Dingoが100レベルになり、すべてのクエストを制覇するころから仕事が忙しくなってきて、しばらくの間放置気味でしたが、この4月の大型アップデートでいろいろとできることが増えたのであります。

 まず「転生」。レベルを1に戻してやりなおすことが可能になり、育成のしなおしが可能に。しかも転生したキャラクターはゲーム上のうまみもあり、ひとつは育成のベースになる初期ステータスポイントが1回につき10増えるというもの、もうひとつは100よりも上のレベルに到達できるというもの。これで、転生を繰り返す(上限4回)ことにより、今までよりもはるかに高いレベルを目指すことができるのです(上限160レベル)。

 しかも、そのような高レベルキャラクター向けの新しいクエストも実装。こりゃあ転生してより高みをめざすっきゃないね…

kotowaru.jpg

 …と思っていたら、「風呂が装備できなくなるのは嫌だ」とDingoが拒否しやがりました。…まあ、(自称)アルカナワールドで一番風呂が似合う男だそうですから…(ため息)。

 そんなこんなで、今まで作るつもりのなかった2ndキャラを登録〜。裏でもそもそ更新している「REIZOUくえすと」のほうに設置しました。皆様そちらもよ〜ろ〜し〜く〜。

 こっちは元ネタキャラの中からけっこうマルチなタイプを引っ張ってきたので、戦士系よし魔法系よし転生狙いです。…あとは暇をつくってプレイするだけだにょ〜。(そこが一番難しい…)
posted by NOIRA at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | アルカナコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

何これ!?

 …何これ?というのはカウンターの数字。というか訪問者数。

 カウンターの数字の上にカーソルを置くと、ここ1週間のカウント数推移を見ることができるんですが、うちの訪問者は概ね1日50人くらい。ここんところ記事がつまらない割に訪問者が多目(60とか70とか)だったのは、アルカナコレクションの転生システム実装により、100レベル打ち止めだった人たちがどんどこ転生してレベル上げに着てるんだと思ってました。

 で、今日の夕方。何気なく「今日はどんなもんかいな」とカーソルを数字の上に乗せたところ…

どん!
635.jpg

はあ?
何この635って!
桁が違うよ!
63の間違いじゃないの?

 …で、管理者画面にログインしてアクセス解析見てみた。

 「最後のパレード」に閲覧集中w

 なるほど、みんな興味あるんだねえ…。
(確かseesaa版アマゾンにTB張ったっけな…)

 そんなわけで、今日は一躍人気サイト(爆笑)になったここ「のいらんど雑日記」ですが、多分該当記事はあんまりつっこむところがないので(というか、まいとさんの突っ込みコメント&私のレスで記事の立場が割りとはっきりしたっぽいので)明日からはまた閑古鳥パラダイスになる予定ですw
(あ、でも1日50カウントまで成長したのでそこ毎日書いてきた自分をほめry)

 ちなみに、この記事書いている現在、729カウント。こんなに伸びたの初めてだ〜。わーい。
(一時的なものなのでやや不本意だけどな!)
(でも素直に喜んでおくことにしようw)
posted by NOIRA at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

あっさり回復

昨日は精神的低調から寝落ち、不貞寝を経て朝寝坊11時。

その後、
にせんまんえんと
足ツボと
ソフト整体と
いただきもののケーキと
うちわ企画で

なんか癒された。

このまま「五月病です〜」と
引きこもる気満々だったのに、
なんだこのお手軽女は。

ちなみに、
「にせんまんえん」は
もらったわけでも払ったわけでもないですがw

「お金」って、動機という意味ではけっこう効くなあ。
(稼ぐ予定もないですよwww)
posted by NOIRA at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

超脱力

やばい。
新年度になってトップギアで走りすぎた。

夕方ふつっと
すべてのことがどーでもよくなった。

やってもやってもやってもやってもおわらないんだもん、

やらなくてもよくね?



…で、そんな下向き下向きの心理状態を面白がって記録してみる。
今なら頭上にミサイルが落ちてきても歓迎できそうな。
posted by NOIRA at 23:53| まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

皆様換羽中

今日は気温が低め。
しかも1日のどが痛く洟がとまらないのだった…じゅるじゅるっ…
(教卓にはボックスティシューが常備ですよ!)
(教務室にも常備ですよ!)

そしてまいとさん経由で先日レビューした本の盗用疑惑を知って、あちゃーという感じ満載。…人に勧めちゃったのになあ…。

そんなへなちょこな日常のなかで、うちの鳥天国もややへなちょこ感が増してきております。そう、換羽の季節。
残念ながらみんな写させてくれないので(泣)、メモ程度に記録。

ぺん@ホオミドリアカオウロコたぶん♀

…年中微妙に生え変わっているんだけど、若干トゲ(筆毛)が多目。最近忙しくて法長時間が減っているせいか、デレ度が増している。なでられると「ふきゅ〜」ってつぶれる。…ういやつよのう。
しかし突然不機嫌になるのはやめていただきたい。キレポイントがわからん。

はな@オカメインコ♂

筆毛は目立たないけど、掻いて欲しがる頻度が上がっているところをみるとかゆいのかも?しかし「かいて」ポーズで待っているくせに、指を近づけると時々いきなり噛むのはどういうこっちゃ。ビビリにもほどがある…もちろん、かまれたら即でこぴん(くちばし限定だから痛くはないだろう)だけどね!
そして、ビビリのくせに肩に乗ると離れません。なぜ?

くるみ@シナモン文鳥♂

換羽として目立った兆候はないけど、飛翔力とか足とか弱って来てる感じ。よく考えたら7歳だもんなあ…。換羽か老化か微妙なところ。放鳥してもすぐにケージに戻っちゃう。文字通り「隠居」ってことなのか。
しかし、怒りんぼは健在。そしてブランコのサーフィンのりも健在。…しょこらちゃんを隣に乗せてブランコをぶんぶんこいでるところを見ると、足が悪い感じはしないんだけど…
もし換羽でも、体調崩さないで欲しいなあ。らぶらぶブランコ相乗りフォーエバー。

しょこら@シナモン文鳥♀

壷巣が崩壊したのをいいことに、他のカップルよりも早めに撤去。おかげで産卵もとまり、元気です。今シーズンの換羽はまだっぽいけど、ふかふかで元気です。
自分から握られには来ないけど、ケージの中で握ってもおとなしくしております。外に出ているときは指には平気で乗るようになりました。

ぷりん@シルバーイノ文鳥♀

春休みの終わりころすごい勢いで換羽して、一時期ももいろのトカゲになっていましたが、今はほぼ文鳥に戻りました。
相変わらず非手乗りでビビリちゃん。…放鳥中にケージの入り口を開けてあげることもあるけど出てきません。まあ、ている君よりもおちついてるかな。

ている@シルバーイノ文鳥♂

最近ぼさぼさ気味。ぷりんちゃんほどじゃないけどはっきり換羽と分かる状態。超ビビリのうえてんかんもちらしいので、荒は荒のままにレットイットビー… 握りたい… orz
カメラを向けると大騒ぎ… 写真くらいいいじゃないか… orz

なっち@桜文鳥♀

…去年まったく飛べなくなってしまって心配したのが、いつの間にか回復しておりました… 治ったなら治ったと言えよ!(それ無理)
飛翔力回復。超回復。ぶんぶん飛んでます。

まるぴん@桜文鳥♂

ただいま換羽中。頭の黒い羽毛の間からとげがつんつん。でもあまり体力は落ちていないようで一安心。
いまだに指には乗らないけど、腕(ひじと手首の間あたり)を差し出すと乗ってくるようになりました。放鳥中は肩に止まってひとさえずりしてくれます。…これで手乗り(=指に乗る)や握り(手の中に収まる)なら言うことないのにいいいいいい。

うみ@白文鳥♀

まだほんのり抱卵モード。当然換羽はまだ。ただし、「なにかちょーだい」パワーは相変わらず。指には平気で乗ってくるけど握られそうになると逃げる。唯一握られてくれるのは照明をスモールまで落としてケージにお送りするときのみ。

けんけん@桜文鳥♂

まだ換羽前。うみちゃんのあとを追って健気についてまわる男。手の甲までは乗るんだけど指には絶対乗らない…どう違うのよおおおおお。
しかし、餌替えをしていると、ケージに文鳥キックではりついたうえに、指につまんだお米をもらって食べる。…指怖いんじゃなかったのかあああああ。

おうか@桜文鳥♀

最近換羽に気がついた。後頭部がハリセンボン状態。相当不快らしく、背中とか後頭部に触ろうとすると逃げる。
体表のセレブっぷりは相変わらず。ただし、飛べなくなったりすることはないので今のところ安心。

しぐれ@シルバー文鳥♂

相変わらず超ビビリ。どうも同じ体制で狭いところにばかりいるせいか、左の翼がこすれて傷んだっぽい。現在飛翔力がかなり落ちている。

錦華鳥ズ

今のところ子ども世代のせいかみんな元気です。…しかし抜けた羽は多いので、換羽は始まってるっぽい。毎日観察〜。

 換羽の季節…みんな元気で乗り切って欲しいです…。
posted by NOIRA at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

風邪気味…

 さすがに体力の限界が来たっぽい…

 夕方からのどが痛くて洟がとまりません。そろそろがっくりくる頃合じゃないかなあとは思ってました。うん、セルフイメージばっちり!
(主に悪い方向に)

 今日はもっている会計関係で支払いをしなきゃいけないので18時ころ退勤。「おお、早いなあ」と言われました。なんか残業付けのイメージが定着しております。
(主に悪い意味で…仕事できないとか遅いとかそういう…)

 …持ち帰った仕事をする気になりませんが…困った…。

 本日もそんなぐだぐだ日記。撮りためた桜の写真とかサルベージする気力もない…へろへろん…

posted by NOIRA at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

ぐだぐだつぶやいてみる

17:00 退勤時刻
21:00 退勤
21:30 買い物
22:00 夕飯
23:00 寝落ち
23:40 風呂←今ここ

学年便りを作ってない…
昼休みもなし(常にお子様と一緒、主に連絡ノートの返事書いてます)、食事中も仕事(給食指導っていってね、食べながら指導するとかこぼしたものの始末とかとかとか)だよ!

全国のお母さん、食事作法はしつけておいて下さい…。
そうすれば給食をかっ込んだ後に丸つけとか連絡ノートとか細かい仕事ができる…。
(結局仕事するんですね)

 うー、なんかここんところ「一応書きました」みたいな記事が多いなあ…。
アルカナやりたい…なんか新しいクエストができたり、
転生システムでレベルが100上限から更に上がったりしたらしいのに、全然行ってないよ…。

しかし、Dingoは100レベル(+風呂)で完成形なんだけどなあ…

…新キャラ作る…?
転生しまくりが似合うキャラクターって誰だ…
posted by NOIRA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

上橋菜穂子「夢の守り人」




 今日は遠足の下見で真木山公園へ。…帰ってきてご飯前に寝落ち。最近寝落ち率高すぎです。そんなこんなでストックしていたブックレビューをひとつ放出〜。2009年に読了した本22冊目、上橋菜穂子:著、「夢の守り人」新潮文庫:刊。

 「守り人」シリーズ第3弾!今回はバルサの幼馴染タンダとその師トロガイを中心とした「夢の世界を構築する花」の物語。久しぶりにチャグムも出てきて、バルサとのやりとりがほほえましい限りです。呪術的世界に…というか、トロガイがどうして呪い師になったのかとかその辺の経緯はすごく面白かったですよ〜。
 …でも個人的に「闇の守り人」のほうが面白かったかなあ。これは私が活劇スキーということなんでしょうか(あれ?今回だって活劇要素はあったぞ?バルサvsタンダなんか、実力の差を状況とかあり方で埋める好カードだったような)、それともラスボスが早々に分かっちゃったことによるんでしょうか(話の構造上、悪意を持ってるのは一人だもんなあ)、それともタンダがあんまりひどい目に会いすぎてる気がしたせいでしょうか…。

 それにしても、つまり1作目でチャグムの立場が大逆転したのって、既にこの話の伏線になっていたのでしょうか…気になる。

 そしてあと1冊しか新潮文庫版が出てないよ!早く続き出してよ新潮さん!

 ネタバレを書かれると困っちゃうんですが、今回どうも人間味に乏しい人物として描かれすぎの感があるチャグムのお父上の内面をフォローするお話は果たしてこの先あるのか。「闇の守り人」におけるログサム王は確かに悪意のある人物として描かれてはいたけど、野心にしろ息子を溺愛しているところにしろ、悪人なりに愛嬌があった気がする…。そういう意味では、チャグムの父上に読者視点のどんでん返しが(この後続く物語の中で)欲しいな、とは思うのです。さてどうなる次巻以降。
posted by NOIRA at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

かたくなってしまったらしい

 ほぼ毎週、足ツボ&ソフト整体に通っております。夫婦そろって毎週6000円ちょいの出費ですが、これがないと体がもちません…。
 …というか、平日労働→土曜病院または出勤→日曜朝寝坊&整体→平日労働…という悪夢のサイクル?…あ、いや、不況だから幸せのサイクルってことで…(どっちよ)。

 そんなこんなで、特にご指名はしないものの、楽凛のスタッフさんとはすでになじみの仲。

 しかし。先日まで「さすが毎週通ってくださるから柔らかくなってきましたね〜。」と言われていたはずの足の裏&背中腰が、本日は悲鳴を上げるほどのきしみ・痛み。「なんかかなり硬くなってるんですが…」と言われてがっくり。

 新学期のストレスだと思いたい…。それと誕生日を越えてひとつ体も年をとったのか…ぐすん…
posted by NOIRA at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

がっくり古町ウォーキング

 さて土曜日。今日は寝坊をしたので出勤しないでオフ日にする。
(いきなり駄目宣言)

 旦那といっしょに周辺の野暮用(クリーニングとか)を済ませ、うきうき整体に行ったら予約でいっぱい、今日はこれもあきらめる。…「一日なさざれば一日ほくさず(百貫禅師)」ですか?(そしてだいぶ恐れ多いところにリンクを張る私w)

 で、いったん家に帰った後、古町へ。先週買ったパンツのすそ上げが済んでいるはずなので(火曜日にはできているはずだったんだけど平日にとりに行く暇は… orz )、それを受け取ったらちょっとデパートでもふらついて帰ろう。お手軽ウォーキングさっ。

 車を立体駐車場に乗り入れ、かばんを持って外へ…

Σ 車内にかばんがない!

家から直接ここへ来たから、途中で落とすってことはありえない。…ってことは…家に忘れてきた…?

Σ お財布もケータイも今ないの!?

…仕方がない、いったん家に戻って…

Σ ちょ! 駐車場から出られないYO!

 現金がなければ車を出せないので、仕方なく駐車場から家に歩いて帰り、古町まで取って返して用事を済ませて車を出して来ました。

 な ん と い う 無 駄 足 …

orz


 …ほんのりいやんな過去を思い出したんだけど、今年のゴールデンウィークは、「ゴールデンなウィーク」だよね…?

 「ゴールデンがウィーク」だったりしないよね…?

 なんだか心配DEATH…
posted by NOIRA at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 実は実話・ネタ人生万才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

上大岡トメ&池谷裕二「のうだま〜やる気の秘密〜」




 やっと週末だ〜!と家にへろへろ帰ったら届いていたので夕食食べながら一挙に読んでしまった。2009年に読了した本21冊目、上大岡トメ&池谷裕二:著、「のうだま〜やる気の秘密〜」幻冬社:刊。

 「海馬」の池谷裕二氏による「やる気のメカニズム」…というか、やる気があるときに活性化する「淡蒼球」と、「三日坊主(=馴化)」のシステムに焦点を当てた「やる気継続・三日坊主撃退法」の本。
 上大岡トメさんによる漫画とイラスト、複雑な理論など屋実験などの経緯はすっとばして淡蒼球の働きと馴化のシステム、および生活上で習慣を作るコツの3点に内容を焦点づけてあるからすかすか読めちゃう。だらだらしながら「やる気がでねえ…」と思ってる人、やる気が出るのを待ってる時間にこの本読んどけ!

 …けっこう仕事上でも使えそうな本だと思ってほくほく。教育関係者も1時間投資するつもりで読んどけ。
posted by NOIRA at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

中村克「最後のパレード」




 今日は飲み会〜。平日なのにいいい、とか言いつつしっかり楽しんできましたYO!そんなわけで夜な夜な寝落ち寸前の体力を振り絞りつつ、2009年に読了した本20冊目、中村克:著、「3最後のパレード〜ディズニーランドで本当にあった心温まる話〜」サンクチュアリ出版:刊。まいとさんからいただきました。さんきゅーvvv

 ディズニーランドであったキャスト(スタッフ)とゲスト(お客さんたち)の心温まる交流のエピソードが紹介されている本です。
 重病で余命いくばくもない子が両親に連れられてやってきたり、若いころにはこられなかった老夫婦がやってきたり、大事な指輪を園内で落としてしまったり…といったエピソードに垣間見られるキャストたちの優しさ…
 うーん、応対したキャスト個人の優しさというよりは、ディズニーランドというテーマパーク自体の理念なんだろうなあ。いい話満載すぎて後半ちょっとお腹いっぱいな感じはするんだけど(ごめん私本質的にいい人じゃないからさ…)、あんな心を打つエピソードがあった、こんないい話があった…という読み方よりは、ある意味社員教育と自己実現とコミュニケーションの幸福な三位一体譚なんじゃないかと思ったのでした(もちろん、そういうのが肌に合わなくて辞めちゃうキャストなんかも水面下にはいるだろうから、その辺も計算して『譚(おはなし)』として構成してるのだとは思うんだよね…)。

 本来なら、どんな仕事でも教育と自己実現とコミュニケーション(対お客様、対取引相手、対同僚、などなど)が生み出すモノってのはあって、働いている人たちの喜びってのはあるべきなんだと思うけどね。
 なかなか昨今の世の中では難しそうです。世知辛いのう。
(別に今の仕事にソレがないって言ってる訳じゃないよ?)
posted by NOIRA at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

またげない雑記

 昨日は夜中に意識を取り戻したらパソ前の椅子でくたばってました。
 実は、珍しく買った「レタスクラブ」(でも今回冷凍保存のやり方とか参考になったよ!基本冷凍なんてしないけど!解凍しか!)の星占いのページに、「仕事運低調、出会い運好調、健康は15日に要注意」とありまして。

 「…なら14日までは無理しても死なないよね?」
を合言葉に連日残業の嵐でした。
(…14日までのツケを15日に払ってやろうという気満々ですな!)

 …15日がそろそろ終了しようとしておりますが、壊れる気配もなく私は元気です。あー、でもちょっと腰痛いかな…。

 …そんな状態ですが、職場で拾った小ネタを。

 朝、1年生のS君が私を訪ねてやってきました。
「おはよう、S君。どうしたの?」
「…これ…。」
彼が差し出したのは片方の靴下。しっとりと濡れております。

 …え?雨降ってたっけ???

「どうしたのこれ?」
「トイレでぬらしたの。」

 …ちょ…もしかして手の中のコレって水だけじゃなくて尿素とかアンモニアとか含んでますか…?

 しかしS君のズボンは特にぬれた様子もない。おしっこをしていて失敗したなら、ズボンのほうが盛大に汚れていてもいいはずだが。
「…おしっこしていてぬらしたの?」
「ううん…あのね、うんちをするところでね、ぬれたの。」

 つまり、便器をまたごうとして、便器の中に足が入ってしまったと。


 「…S君、先生ね、これはビニール袋にいれてあげるからね。おうちに帰ってせんたくしてもらってね。」
「うん。」
そういって、きわめて事務的に応対させていただいたが。

 またげない男ナンバーワン!

 …ごめんS君!悪いけど先生…

 今日の件、超ツボ!おもしろすぎ!

 もう大好き!

(主に下ネタが)

posted by NOIRA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

大石哲之「3分でわかるロジカル・シンキングの基本」



 週末に書こうと思っていたブックレビューが結局週明けに。むむむ、書きたいことがたまっていくと「かかなきゃなこと」になってしまってちょっと気持ちが悪いな。もうちょっと早く書くように心がけよう…
(今仕事がアレだから無理無理無理w)

 さて、ならばどうして読書をやめて仕事をしないのか謎な2009年に読了した本19冊目、大石哲之:著、「3分でわかるロジカル・シンキングの基本」日本実業出版社:刊。
 目の前の子どもを相手にしている、という意味においてロジカルにばっかり考えているわけにはいかない職種ではありますが、逆に「ロジカルな思考」の方法論ってのは使えるよなあ…とか思いつつ、旦那が仕事用に積んでおいた本に手を出してみるテストwww

 ああ、ビジネス素人の私にも分かりやすく書いてあります。考え方の「型」=フレームワークを知っているだけで、論理的思考が身につくかどうかは眉唾だけど。
 というか、知識として得たことと学習して得たことって微妙に違うよね…というか、「知っている」と「身につく」の間を勝手に埋めている時点でこの本の帯書いた人は論理的じゃないのでは…あ、いや、そこわざと埋めて書いて読者のニーズ(論理的思考ができるようになりたいなあ)が満たされるように誘導している時点で戦略かも(でもそれって所詮ミスリードじゃないのか)?

 まあそこの落差は読者のたゆまぬ努力で埋めることを前提としてるとも思うんですが。
(ビジネス書読む人って本当にみんなその辺覚悟して読んでるんでしょうか?「3分で分かる」というキャプションが大いなる自己矛盾を示唆してる気がする…)
 確かに3分で分かるけど、3分で短期記憶から消えておしまい、という読後感だったなあ。
 多分、正しいのは実践を伴ったこんな感じの読み方。

「3分で読む」
  ↓
「理解する」
  ↓
「そこで次を読むのやめる」
  ↓
「3回以上読んだ内容を実践する」
  ↓
「3回の振り返りを経て自分の仕事で実用的かどうか判断する」
  ↓
「方法論として取捨選択して次の項目を読む」
  ↓
「3分で読む」
  ↓
以下ループ


 3回の実践っていうのが、「どれだけ早く仕事の中に取り入れて実践できるか」を見るだけでも自分の仕事にとって実用的かどうかの判断基準にはなりうるけどね。1年経っても1回も仕事で使うチャンスがないような方法論はそれ自体がどれだけ優れたものであっても意味はないわな。(仕事をする主体が「取り入れられる場所」に気がつかないこともケースとして内包)

 …まあ、とりあえず4章立ての内容のうち第1章についてはまるっと「数学真面目にやっとけ!」という言葉で概ねすんじゃうかも。
 学生の皆さん、数学は役に立つんですよ。コレホント。

 第2章は会議のときに使えそうな内容がちらほら。特に「白紙の結論を避ける」あたりは、アイタタ含みで見直してみる必要がありそうだ。

 第3章。うわあ、ここでも根性論の愚昧さを指摘された!…いや、人間クールになれないから頑張るしかないんだよ…
(現在絶賛から回り中のマイ仕事)

 第4章。「超並列会議」気に入った!今年中に3回実践してみよう!事前の準備がけっこう骨だけど、職員会議にかける前の部会系会議に導入するとよさそう。どうせ部会だと人数は数人しかいないし、司会しながら相談しながら更に打ち込み作業をしてもきっとみんな気にしないよ!

 さてそんなわけで仕事に導入することができるのか。乞うご期待。

 …マインドマップはいい感じで描けるようになってきた(我流だけど)ので、こっちもひとつふたつものになればめっけもの、的な距離感で。うん。
posted by NOIRA at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

クッキーもらったよ

20090412210111.jpg

 今日はまいとさんとお食事に〜。カレーミッションのはずがせんべい王国でカレーを回避してしまうという失態を犯したのは私ですw
(でもカレー味の「ばかうけ」を買ったよ!)

 会ったときにクッキーをいただきましたが…

 これ、気になってたお店じゃん!

 イトーヨーカ堂丸大と東北電力新潟支店の間にある「人情横丁」。そこには小さいお店がたくさん集まっているのですが、その中の焼き菓子専門店「Komm zu mir」。タウン情報「にいがた」か「こまち」か「week」のどれかで見たと思ったんだけど違ったかな…。

 現在、がさがさあけてうまうましております!気に入ったのはリピートしに行こうっと。えへへ。

 まいとさん、ごちになりました〜vvv
posted by NOIRA at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

せんべい王国にて

20090412123826.jpg20090412124012.jpg

ぬれおかきコロッケ。中のおかきがとろっとろ。ウマー。
posted by NOIRA at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

バースデープレゼントが!

20090411212833.jpg

ぷるるんさんから荷物!
なんとバースデープレゼントが届きました!
中にはカードと、かわいい小鳥の蛇口が!

…蛇口…どうやってつけるんだろう…

ちゃんとひねることができるのは確認済み!
うおおお、ありがとうございました!
posted by NOIRA at 21:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする