2010年07月31日

インセプション

今日は映画を見てきたよ!タイトルは「インセプション」。

【ストーリー】
コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。

『ダークナイト』の気鋭の映像作家、クリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑む、想像を超えた次世代アクション・エンターテインメント大作。人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。主役を務めるのは『シャッター アイランド』のレオナルド・ディカプリオ。物語のキーマンとなる重要な役どころを『ラスト サムライ』の渡辺謙が好演する。斬新なストーリー展開と、ノーラン監督特有のスタイリッシュな映像世界に引き込まれる。
(映画サイトより引用)


 予告(リンク先公式サイトで最初に流れるムービーがたしか予告)を見てかなり派手だなあと思ったんだけど、映像的に派手でもさてストーリーはどうかな…と実はちょっと思いながら見にいきましたごめんなさい。

 えっと、ストーリーは期待以上のでき。画面の派手さよりも、お話の流れで魅せてくれるので、3時間の長丁場でも飽きなかったよ!
 予告に使われているスペクタクルな画面(町がぐんにゃりせりあがるとか、多数の天窓を突き破って津波?の水がどどどっと襲ってくるとか)はむしろ序盤で「夢の中の風景を自分で構築できる」という世界観の説明補完として使われていて、作中行われるミッションについては表現される世界の荒唐無稽さもしくはバラエティよりも登場人物たちの意識/無意識から起きる事件そのものの方に焦点づけられております。…そのため、予告で見るよりも画面的に地味っちゃ地味かな…。
 や、無重力廊下で殴り合いとか、いつになったら落下するのとか、それなりに見所多数なんですけれども。

 夢の世界に入り込む、という設定から、登場人物が少数(ミッション遂行のチーム5名、ターゲット1名、ターゲットの関係者1名がメイン)なので、人間関係があんまり入り組まなくて済みます。
 そのかわり、メイン登場人物としてではなく、深層心理の表れとして出てくる主人公の奥さんとの過去が謎としていい感じで関わってきます…というより、なんか見てて「主人公に影を落とす悲しい過去の女性」というよりクリーチャー扱いみたいに見えるんですけど気のせいですか?おかげで、いつ口が耳まで裂けるかとか、頭から足が生えてくるかと気が気じゃなかった…。
(というか、ラストシーンでもしも独楽の回転が止まらなかったらまた奥さんが登場するよねきっと!恐怖とともに!!)

 主人公と仲間たちは夢の中で夢を見ることで無意識の深い階層に潜り、ターゲットの意識にある思い込みを植え付ける(というミッションなのね)んですが、「作戦行動をする」という前提があるせいか、夢の階層構造とか夢の中での整合性のとれかたとか、その辺が論理的すぎる点がちょっと不満かなあ…。むしろもっとカオスでフリーダムな「夢の世界」を状況設定として出してくれると面白かったんだけどな…。
(しかしそれではシリアスな産業スパイ大作戦から単なる不条理コントになる危険性大ですよ)
 そして、無意識の「カウンターアタック部隊」が錬成(登場、じゃないでしょアレは)できるなら、超能力「天地創造」で対抗できそうなものだけど、やっぱ荒唐無稽になりすぎるから封印したのかしら…。

 「夢オチ」は安易かもしれないけど、「夢オチ」を出発点としてきれいに帰着するのって難しいよねえ…ということで、とりあえずプッシュ。
 「夢オチじゃん!」と言わずに見てみましょう、みたいな。
posted by NOIRA at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画見たよ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

ひと段落…

 本日で個人懇談が終了。お母様方、暑い中30度を超える教室へようこそおいでくださいました。エアコンがなくてごめんなさい。でもお子様たちがいないからこれでもまだ涼しいんだよ!なんたって私を含め教室内には熱源が32個も…

 …昔、「子ども一人は40ワットの熱源体」と聞いたのを覚えてるんだけど、つまり40ワット電球の温かさ(というか発光発熱中は熱いよね)を「小さめの人体程度の大きさ」に拡張した(熱エネルギーの総量が同じ場合、拡張すると表面温度自体は下がる…よね?)ものがお子様の体温で近似されるってことなのかしら。

 …唯一の救いは、お子様は電気エネルギーで動いているわけではないため、みんなで手をつないで丸くなっても直列扱いで熱さが増したりはしないところですな。…いや、この時期手をつないだだけでも暑苦しいっちゃ暑苦しいけどさ…。
 そして「手をつないで直列」が成り立つと、30人で手をつないだらエネルギーの消費量が半端ないことになるわけで。
「さあみんな、手をつないでまる〜い輪になろうね〜。」
「は〜い」
「は〜い」
「は〜い」
・・・・・・
「先生、これ以上手をつないでいるとお腹がすいてみんな倒れちゃう!!」
あ、なんかばかばかしいSFショートショートとか書けそうな。
(ちょっと待ってね、この場面エネルギー源=電池が想定されてないよ?)

 …とまあ、ばかばかしい妄想劇場はともかく、
今週初めの記事でコメント欄に書いた

…懇談会、お母さんはわずか15分だけど、
1日6〜8人来るので、
教員は汗をふく暇もないよ!
しかしドリンクを用意してがぶ飲みすると
トイレに行きたくなるので自粛自粛!

…というわけで、夏休みに個人懇談が行われる学校に
お子様を通わせている全国のお母様方!
(あ、お父様でも可)
教室に訪ねて行ったらいきなり教員が
熱射病で死んでいてもご容赦ください!

できれば教務室にそっと通報をお願いします!

…労災おりるよね!
(そこかよ!)


 って、けっこうマジです。
汗ダラダラ。
生理クーラーでカバーできる範囲なんてとっくに凌駕!

 教員だから労災ですむけど(え、済ましていいんですかソコ)、
授業中にお子様が熱射病で倒れて死んだら責任問題だよなあ…。

 …教室の温度&湿度が一定以上になったら、
学級閉鎖が適用できないかしら…。
(ちなみに、先週は霧吹きに水を入れて、
お子様の首筋とか頭とか背中とかに適宜吹きつけてました…。
…どうでもいいけど、
休み時間に顔射【もちろん水ですよ!?】希望で
並んで待つの勘弁して…先生も休みたいよ…暑いんだよ…へろへろ)

 さて、そんなわけで今週もなんとか1週間頑張りましたが、
明日は晴れたら朝からPTAの草取りです… orz ツカレテルンダヨ…
posted by NOIRA at 23:56| Comment(5) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

担々麺の店

100729_124935.jpg100729_124830.jpg100729_124750.jpg


 夏休み4日目〜。本日はデスクワーク日よりなり。いろいろ仕事をしまくったよ!

 …でもやろうと思ったことがやれてない現実… orz

 さて、夏休みには給食がないので、コンビニで買ってきたりお弁当を頼んだり食べにいったりと日々いろいろでっす☆
 学校から歩いていける距離にフレッシュネスバーガーがあるので、バーガージャンク祭りでもいいんだけど、今日は同僚と近くのラーメン屋に行ってきました。

 地元の人はわかると思うけど、赤道沿いの牛角のとなりにラーメン屋があるんですよ!びっくりドンキーの跡地だよ!おいしかったら常連になるかもしれないよ!今日は偵察GO!

 …もともとびっくりドンキーがあった建物に、2つのラーメン屋が入ってる…そんなもろに競合するお店があって大丈夫なのかしらお客さんの取り合い的な意味で…。
 で、普通のラーメン屋っぽいところとなんか担々麺が充実してるっぽいところがあったので、担々麺の店の方に入ってみる。

 …普通のラーメンとか定食のメニューもあったけど、担々麺だけで15種類もあったよ!そして一律880円!選び放題だ!(超わくわく)
 で、本日一緒に行った3名で食べた3つのメニュー。左から冷たいメニューの「冷やし担々麺」、焼きネギ、揚げネギ、白髪ネギに小口ネギのねぎだくメニュー「葱担々麺」、メニューには載ってないけど卓上のお品書きに書いてあった「裏担々麺」。…裏メニューがふらっと入った日に食べられるのはすごいと思うべき?メニュー的にレア感がないと考えるべき???

 太麺、細麺のチョイスもできてランチタイムにはドリンクor杏仁豆腐のサービス付き。担々麺スキーは行ってみそ。
posted by NOIRA at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

くすのきしげのり「おこだでませんように」


おこだでませんように

おこだでませんように

  • 作者: くすのき しげのり
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 大型本




 (お子様の)夏休み3日目。今日も定時出勤。でも切羽詰まって明日の準備をしなくてもいいので、ほぼ定時に退勤。この時期があるから1年乗り切れるよね!と定時にひける自分に言い訳してみるw
 で、生協さんで買った本のレビュー。今回は絵本。2010年に読了した本29冊目、くすのきしげのり:著「おこだでませんように」、小学館:刊。

 表紙の涙ぐんでる男の子の絵が妙に印象的で、先日の生協さんのカタログからひょっと選んでしまったんだけど、この絵本すごいストレート。
 筋立ては毎日毎日おこられてばっかりの男の子が、たなばたの短冊に「おこられませんように」とお願いを書く…というものなのだけど、誰を恨むでもなく七夕様にお願いしてしまうという男の子の純粋さ、そしてちゃんとそのメッセージを受け取ってあげる先生やお母さんの姿にがつんとやられます。

 おりしも個人懇談の真っ最中で、お母さん方とお子さんのよいところも悪いところも話をするんだけど(…というか、私の話は『教室』という人間の集団への適応…という面で話をすることが多いかなあ)、保護者教員カンケーなく、SOSの叫びになるより前のメッセージを受け止められる人間になりたいよね。(「…でありたい」とまで言える自信?ねえよ!)

 レビュー読んでけっこう泣いた大人が多いのもうなずけるかな。子どもの姿が見えるとけっこううるっときます。爆涙度は「インコの手紙」のほうが強かったけど(いや、動物ものの泣かせには弱いんだよ…)。

 やんちゃ小僧を抱える親は必読。
posted by NOIRA at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

小川一水「アース・ガード」


アース・ガード―ローカル惑星防衛記 (ソノラマ文庫)

アース・ガード―ローカル惑星防衛記 (ソノラマ文庫)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • 発売日: 1998/08
  • メディア: 文庫




 夏休み2日目。普通に仕事。でも授業がなくてデスクワークに集中できるから書類仕事が進…むかと思ったのにいろいろあって不愉快な展開。ちょっと教頭先生、教育委員会に喧嘩売ってもいいですか。
(…転勤したら短気は直そうと思っていたのに4カ月もちませんでした。瞬間湯沸かし器人生に乾杯!)

 そんな中、毎日ブックレビューですよ奥さん。(誰)
 2010年に読了した本28冊目、小川一水:著「アース・ガード」、ソノラマ文庫:刊。
 ヒロインは、ひっそりと名古屋の高校に通う宇宙人。…いやひっそりとじゃないな…彼女は天真爛漫でちょっと盗癖のある男の娘(こ)。そこに絡んでくる地球防衛超能力者(ごめん、作中ではっきり説明がないのではしょるとこーなる)のかっこいいお兄ちゃん。地元の高校生カップルに、一人称「ボク」が可愛い謎の宇宙船。宇宙警察の刑事と巨大な戦闘艦、さらに巨大な地球を『開発』しにきた都市型戦艦。
 これだけの豪華キャストが東海地方で大暴れ!名古屋ドームを崩壊させ、岐阜城をふっ飛ばし、どこかの鯱鉾をなぎ倒して空中戦ですよ!

 …具体的に景観が思い浮かばないのがとても残念です…くうっ!

 そんなわけで、萌え要素と燃え要素と名古屋ラブ(作者の地元らしいですよ)とで出来上がった本作、萌え要素がからっとしすぎていて物足りないかなあ、という不満はあれど、なかなか楽しかったっす。
 あとがき見ると続編書く気満々のようなのに、続編のなさげなのがちょっと残念。小川作品にしてはちょっと小粒だったかなあ、と感じるので仕方のないところか。

 郵便局の話が好きな人にはちょっとおすすめ。第六大陸とか、あのへんのイメージを求めて読むと肩透かし食らうだろうなあ…。
(でも、表紙絵からしてだいぶんコミカルだから)
posted by NOIRA at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あんびりーばぼー

20100727172659.jpg何この37℃って(@_@)
posted by NOIRA at 17:29| Comment(7) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルハウス

88666.jpg

ふと気がついたらそろってるー!
…なんか来月中に90000行きそうな気がします〜。
posted by NOIRA at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

麻耶雄嵩「貴族探偵」


貴族探偵

貴族探偵

  • 作者: 麻耶 雄嵩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: 単行本




 夏休み初日だよ!でも教員は夏休みじゃないよ!午前中は補習、午後は個人懇談さ!それでもお昼は学校を抜け出して近くのバーガー屋でジャンクなお昼を買ってきたよ!ちょっと夏休みっぽいぜ!

 お子様は夏休みとはいえ、がっつり仕事三昧な本日もブックレビューなり。2010年に読了した本27冊目、麻耶雄嵩:著「貴族探偵」、集英社:刊。麻耶先生5年ぶりの新刊ですよ!イエァ!

 …でも新刊とは言いつつ、足かけ10年くらいかけて書きためた短編集なので、あんまり凝った作りのお話ではなかったかな。ミステリーはネタばれが怖いので、作中の犯人とか事件とかには言及しませんが、密室は当然のこと、いろいろと犯人が仕組んでおりますので面白いですよ!

 で、この事件を解決(??)する探偵が、さるやんごとき「貴族探偵」。警察上層部に顔が利き、旧家の方々ともお知り合いで、由緒ある温泉旅館にもVIP待遇で泊まれちゃったりするお貴族様。口ひげをたくわえ、執事と運転手と小間使い(もちろんメイド服着用)を引き連れ、更に情報収集も推理の披露も彼ら召使い任せ。
 …あんた何もやっとらんやん、という周囲の突っ込み(えっと、台詞はもっと作中の人物らしい言葉ですが)に、「推理などといったくだらない労働は彼ら召使いにやらせておけばいいのです」と…

 …何もしないのがハイソの証かあああああ!

 メルカトル鮎も木更津悠也もぶっとんでたけど(いや、ぶっ飛んでたのは木更津くんじゃなくて鵜匠の香月実朝なんだけどもね)、曲がりなりにも彼らは探偵として労働したぞ?安楽椅子探偵どころか「ナニモシナイデティクティブ」なんですけど。

 ありか〜。そんなんありなのか〜。

 …どうして麻耶先生はこんな変な人ばっかりを探偵役に据えるのだろうか(超褒め言葉)。素敵過ぎる。次回作を待ってます。(ラブレター風味)
posted by NOIRA at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

蒼井上鷹「堂場警部補の挑戦」


堂場警部補の挑戦 (創元推理文庫)

堂場警部補の挑戦 (創元推理文庫)

  • 作者: 蒼井 上鷹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2010/02/28
  • メディア: 文庫




 なんか夏休み読書モードに入っているなあ…と思いつつ今日も読書レビュー。2010年に読了した本26冊目、蒼井上鷹:著「堂場警部補の挑戦」、創元推理文庫:刊。実はあと2冊読了した本があったりして…

 この作者の本は家に数冊転がっているはずなんだけど、呼んだのは初めて。…この本に関してはどっちかと言うとバカミス系。

 短編集で、収録作品は「堂場警部補とこぼれたミルク」「堂場巡査部長最大の事件」「堂場刑事の多難な休日」「堂場W/切実」の4作。
 最初の「堂場警部補とこぼれたミルク」でアレなことに気がついたので(ごめんネタばれ回避)、続く連作も同じ構造をしているのかなと思ったんだけど、それにしてもアレやソレがどうもつながらないって言うか同一人物なのホントに!?と思ってたんですが、つまりそうじゃなくてメ(ごめんネタばれ回避)ということだったようです。

 …各作品は小粒だなあという印象があるんだけど、全体の構成としては嫌いじゃないなあ。

 …なのにアマゾンのレビューだとかなりこきおろされていてかわいそうな印象…バカミスだと思えば楽しいんだけどな…
(というか、「ふざけるな!」「反則だ!」はほめ言葉だよね、殊能のアレとか鯨のアレとかさあ。)
posted by NOIRA at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

タニタ「体脂肪計タニタの社員食堂」


体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

  • 作者: タニタ
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2010/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




さて仕事が忙しくなると読書の意欲も増進するよね!というわけで、夏休み行進曲の合間に読んだ1冊をご紹介。2010年に読了した本25冊目、タニタ:著「体脂肪計タニタの社員食堂」、大和書房:刊。

なぜか生協さんのちらしに載っていて、興味をひかれて購入した1冊。そうか〜、体脂肪計&体重計の会社だもん、社員的に肥満はNGだよねえ…。

こちらの社員食堂、1食500kcl前後で野菜たっぷりのおいしい食事を提供しているそうで…給食に不満はないけど食べてみたいなあ…。
(↑ただの食いしん坊ですほんとうにありがとうございました)
でも、当初は「健康に良いメニューだけど不評だった」というような経緯もあり、「低カロリーで」「量も十分で」「おいしく」「旬のものを取り入れて」など、いろいろメニュー改善の歴史があったみたい。
そして、昼食を社員食堂のメニューに置きかえるだけで体重ダウンの社員さんも続出、これはすごいよ!

…というわけで、お話の部分はすぐに読んじゃったんですが、レシピ部分はそのうち実践してみようと思っております。このレシピ、2人分の材料で作られているので、2人暮らしのうちには使いやすいよ!更に「使いまわしレシピ」も充実。台所に置いておこうと思う1冊です。

…本も使いやすいんだけど、タニタのサイトにも「今週の社員食堂レシピ」が載ってます。…メニューをまねるならこれでもいいかもw

…台所にレシピ検索用のネットブックでも置くべき…?
(そういえばDSとかでもレシピの載ってるソフトがありますけど、使ってる人がいたら使い勝手教えてくださいな〜。)
posted by NOIRA at 23:18| Comment(6) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤルホストのチキンカレー

20100724124737.jpg

午前中に用事を済ませ、ロイホス県庁前店でお昼。
カレーフェアやってるよ!

先日は「カシミールビーフカレー(唐辛子マーク×3)を食べたけど
今日は「印度チキンカレー(唐辛子マーク×2)に挑戦。

あと2種類。夏の間に制覇できそうな勢いww
posted by NOIRA at 12:48| Comment(4) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

打ち上げ〜

20100723192036.jpg

1学期終了お疲れ様〜(^o^)
楼蘭にて学年打ち上げ会。

…とケータイから投稿してしまったけど、
学校は2学期制なので、1学期はまだもうちょっと続くんじゃ。
(ドラゴンボール風味なのが心理的な先の長さを物語っております)

まあ、明日から夏休み。
それなりに締めくくってまだ続く。
posted by NOIRA at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

ぷひょろ〜

7:30出勤&仕事開始。
21:30退勤。

明後日から夏休み(お子様が)。

明日は定時に帰るぜ!

…もし今夜不眠に悩まされたら5時ころ出勤します…
(いや、確実に眠れるからおいら)
posted by NOIRA at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

収穫の夏

20100721203451.jpg

めだかのわきに置いておいたプランターのミニトマトが赤くなりました〜。
ほとんど放置で育ててるんですが、それでも太陽の恵みはあるものですねえ。

たった2つなので、夕食のサラダに添えてぱくっとな。
posted by NOIRA at 20:36| Comment(6) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

伊藤計劃「虐殺器官」


虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 伊藤 計劃
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: 文庫




 さて連休も終わり、本日より通常営業です…というか、夏休みまで今日を含めて4日しかないのに今日の午後は研修で出張だよ!

 こんな日に出張入れたの誰だよ!

 俺だよ!(超痛恨)


 だから3連休の最終日は仕事をしようと思っていたのに、これをうっかり読み始めたら貴重な連休最後の1日が、

いなくなりました。てへw

 さてそんなわけで2010年に読了した本24冊目、伊藤計劃:著「虐殺器官」、ハヤカワ文庫:刊。

 9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう…彼の目的とはいったいなにか?大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?ゼロ年代最高のフィクション、ついに文庫化。
(「BOOK」データベースより)


 …というわけで、データベースの引用を読む限りでは、内戦を終結させるための要人暗殺部隊に所属する主人公の活躍するハードな近未来戦争ものに見えますが、どっこい主人公が全然マッチョじゃない。いや、ちゃんと作戦行動をリーダー格としてこなしているんだから多分見た目はそれなりにマッチョな軍人さんなのかもしれないんだけれど、彼の一人称で語られる小説世界はとても繊細です。…脳漿が飛び散ってたり内臓をぶちまけてたりしても、脳内を戦闘パニックに陥れないように調整して作戦行動のために降下していても、変わらぬその繊細さがなかなか素敵。

 …というか、マッチョな物語じゃないから読み進めるのが楽なんだろうなあと軟弱者の私などは思うなり…。

 そして、近未来SFという位置づけなんだけど、我々の住む現代からたやすく延長されたような世界に彼らは住んでいて、なじみのあるないにかかわらず、今この瞬間に世界にちりばめられたいろいろな事象(またはそんなに厳密に規定されていない意味でのゆるい「法則」)の中で住んでいる。

 曰く、「他人の不幸は蜜の味の法則」、または「不幸になったのが私じゃなくてよかったわの法則」。

曰く「6人間にはさめばみんな友達のmixiの法則」(作中ではケビン・ベーコン・ゲームで、なぜか3人になってたけど)。

曰く「鍛えた剣は放せませんの法則」または「核弾頭は作ったら保持しちゃうよねの法則」。

曰く「サービス過剰と成熟不全の相関」または「便利な文明世界の中であなたも私もアダルトチルドレンの法則」。

曰く「ライン細分化の罠の法則」または「責任者出てこいの法則」。特にあちこちから物質的非物質的な材料を持ち込んで、現地で戦争を組み立ててしまう仕組みには産業革命もびっくりさ。

曰く「工場で生産されるものは生き物じゃなかったと認識される法則」。今回作者が日本人ってことで鯨スキーの人たちはもしかして描写読んで怒るかも…と思ったけど、ダチョウ抗菌フィルターだって結局アフリカで似たような位相で生産されているわけで。

曰く「母と子どもは別個のパーソナリティーの法則」または「ママの与える愛情とボクの受け取る愛情は同じもののはずなのになぜか別ベクトルの法則」。

曰く「だますのが得から騙さないのが得へと進化するゲーム理論」。しかし進化は不可逆と決まっていないのが面白いというかジーンじゃなくてミームだからってこと?

曰く「実存とは何の謎」。自分とは、愛情とは、国家とは、ナショナリズムとは、正義とは、罪とは、天国とは、地獄とは。または「われ思う故に我ありったってそれが妄想じゃない証拠はないよねの法則」?

 …と、もろもろ雑多な現実の断片がぎっちぎっちに詰め込まれて発酵したシュールストレミングみたいなイメージ。表面では、謎の男ジョン=ポールを追って、謎ありバトルあり美女ありの心地よい疾走感を感じつつも、駆け抜けるプラハの街の石畳の下は軟体動物なんじゃないか(または破裂寸前になったガスとニシンと数の子の詰め合わせなんじゃないか)と、時折ぎょっとする…みたいな。

 すんごい濃厚な読後感で、けっこう満足度が高いです。ラストのたたみ方もけっこう好き。今年一番の収穫っぽいなあ。
 モラトリアムの殻をお尻にほんのりくっつけている大人のみなさんに特にお勧めしておきます。

 これから追いかけて行きたい感じのする作者なのに、既に故人というのがとても悔やまれます…。
posted by NOIRA at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

【そのくらい】ブログを長々やってると役に立つなあ【覚えとけ】

さて、世間さまは(というかお子様たちは)あと1週間ほどで夏休みです。

で、教員も夏休みをとるべく(といっても、別にまるまるひと月お休みとかじゃなくて5日間ですよ?)いろいろと予定を相談します。

そんな中で、どうやらお盆は仙台に行けそうもないので、実家の父に連絡〜。
以下電話。

「ああもしもしお父さん?お盆の予定どうなってる?
予定が合うならお墓参りご一緒しますけど〜。」
「おお、NOIRA(仮)子か。13日に村上に行って済ませてくるけどどうだ。」
「予定予定…(手帳をぺらぺら)。ああ、うん、13日なら大丈夫。」
「じゃあ午前10時くらいにこっちに来い。花とかなんとかは用意しておく。」
「了解〜。行ったついでだからドライバーは私がやりましょう。」

てな感じで予定は簡単に決まったのですが…

「ところで、お母さんの17年忌いつだったっけ…
というか、次は何年忌だったっけ…27年忌?」
「いや…23だったかな…とにかくそれはまだのはずだ。」
「おじさんの7年忌もまだだよねえ?」
「いや、去年じゃなかったか3年忌が?」

アレ…?
そこでPCの前でそういえばブログに記事書いたよなあ、と思い、
「年忌」で記事内検索をかけてみる。
…あったあった…

…っておい!2006年9月に3年忌やってんじゃんおじさん!

…ということは、今年7年忌じゃん!!

前回超いろんな人をわすれてて恥ずかしかったんだからね!
草葉の陰から数人アンブッシュだったんだからね!
(リンク先参照)

…まあ、今回も御親戚様一同に周知する余裕がなさそうなので、
とりあえず読経だけしてもらう

簡易版年忌法要(というよりもぶっちゃけお盆のオプション扱い)

に、なりそうなんですが。

…ほんとうちって死者の扱い軽いなあ…

というか、そもそも母の17年忌に後から気がついた時にも思ったんですが、

お寺さんってそういうのはがき1枚なりで通知してくれないの?
多分知ってればきちんと法要をする檀家衆もいるとおもうんですけど…。
どうも不親切だよねえ、屋根の改修とかの寄付の通知は来る(らしい)のにさ。

…で、ちょっと調べてみたところ

…やっべえ!
大学の時に死んだばあちゃんの23年忌もあるっぽいYO!

…えー、明日実家に電話することにします…。
(やっぱり先祖を大事にしないDNAが共通っぽい件について)

2010年07月18日

オフ会中〜(^o^)

20100718152601.jpgカラオケが1時間以上待ちだったので、弥彦スカイラインをドライブして今はカフェ。ウィーナバルトにてソフトクリーム。
posted by NOIRA at 15:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛恨のカレー

20100718123032.jpgうえきんぐ〜(^o^)

食べる前に写真とりわすれた…
posted by NOIRA at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

非ゲーム版すれ違い通信

そういえば一昨日、
「夏休みも近いのに動静表出ませんねえ」
「お子様が来なくても通常業務でフルタイム働けっつーことじゃないっすか〜」

(ちなみに、お子様が来ないということは、
授業として拘束されずに済むので、
有休が取りやすいということです。)
(…ということは、
「今日はどの先生が来ててどの先生がお休みでどの先生が出張かしら」
という情報が大混乱しますので、
あらかじめ予定を立てて報告しておく必要が生じます。
それで「動静を教えてね」という動静表が配られるのですが、
今年はなかなか出ないので休むなってことかしら、と
普段授業があると休めない教員は牽制としての発言をするのですね)
(お前だけだ、とか言われそうだけどなw)

というような話を近くの先生としていたところ、
どうやら管理職の耳に入ったらしく、

翌日の朝には説明書きと動静表が机の上にあがっていました。

これを業界用語で「すれちがい通信」といいますw

いや別に「ツイッター」と言ってもいいんですが。

…ところで、教室のPCの
ネットワークとかウィルス定義ファイルの更新とかに不具合があって、
先週業者が入ってメンテしてくれたんですけど、
週末にふと気がついて確認してみたらうちの教室XPのSP2なんですが。

Σついでに見てくれるとかないのっ!?

ちなみに、新潟市は、教育委員会から
「勝手に自分のPCを職場に持ち込まないように」
(まあ、当たり前と言えばあたりまえだけどさ…
ネットワークにつながなくても許可がいるのです。)
「勝手に職場のPCにアプリケーションをインストールしてはいけません」
(まあ、当たり前と言えばあたりまえだけどさ…。
そうしたら教室で使うことを前提としたものは入ってないか?
まっっっっっったく空に近い状態で、どう授業に使うんだよ…)
という決まりがあるんですが、

つまりSP3パッチ自分で当てちゃだめってこと?

…で、これをメンテナンス業者に届くようにすれちがい通信するためには、
誰の前で聞えよがしにつぶやくのが効果的なのか。

…係の人に真面目に進言したところ、
「わかりません」って言われちゃったしな…
(しかも「多分勝手にインストールしちゃだめです」って確認されたしな…)

…教室に「あるだけ」のパソコンは教育効果期待できないのですけど…
(せめてテレビにつないでDVD見れるかと配線してみたけど
それも無理だった…。CD-ROMドライブしかないとか
サウンドボードが独立してないとか… orz)
posted by NOIRA at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 実は実話・ネタ人生万才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

一週間終了〜

おしごとしゅうりょう・・・

あとはさんれんきゅう・・・

・・・と思った矢先に、
連休明けに出張が入っていることに気がついた件について

orz

どこかで出ないとまにあわな・・・

orz
posted by NOIRA at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする