2011年11月30日

お嬢さんたち、名前決定〜

さて、先週末埼玉まで迎えに行ってきたお嬢さんたち。
2日目には背中に乗ってきてくれたけど、その後ナシのつぶて…(涙)
むしろうちの先住民たちに興味が移った様子。
…ま、嫁に来て欲しいと思って迎えに行ったから正しい展開なんだけどね…。

…拗ねてもいいですか… orz

で、今日は旦那のデジイチを借りて撮影〜。
ひかとちがって近くに来ないから、
ズームでもなかなか大きくなりません…
それでも多少ましな画像をトリミングしたりリサイズしたりしてご紹介。

mizore.jpg
こっちの子は、白斑のある(でもごま塩までは行きませんが)シルバー文鳥。
でもお父さんがシナモン、お母さんが桜…
あれ?するとお母さんがシルバースプリットの可能性もある?

くちばしの横に大きな白斑が特徴。
顔が覚えやすくて助かるう…(うっとりするところ違うよ)。
しぐれよりもちょっと温かみのあるシルバー配色で、
後頭部にすこし色の薄いところ(ごま塩と言うよりもぼかし風の)があってなんだか美味しそう。

で、命名。みぞれ。
しぐれみぞれでシルバーカップルになるといいなあと思っておりますが、どうなることやら…。

nami.jpg
こっちの子は、原種的な濃い色合い。
…でもまあ、頭にちょっと白いポチポチがあるし、
シルバーの子と同じ両親から生まれたそうなので、
遺伝的にはシナモンスプリットなんだろうなあと思います。
(…話を単純にするために遺伝子1対っぽい書き方をしてるけど、
もっと羽色については複雑だとは思うんだ。ごめんね)

こっちの子は、命名、なみ
並文鳥として里親募集のときに紹介されていたから…というか、
「なみちゃん」って可愛いじゃないか!
(↑何か萌えツボに入ったらしい)

今のところ別々に放鳥中。
ケージの上に飛んで行ったりしてるので、
概ね顔見せできてると思うんだけどな。
うちの人たちとどんな化学反応(「人間?関係」ともいう)が
起きるか楽しみでっす。
posted by NOIRA at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

気に入ってたのになあ…

いつも使っている「弐萬圓堂」さんからはがき。
何?セール?とか思いながら誌面を見ると、
「BeeFree終了のお知らせ」が。

えええええ〜〜〜〜〜。
BeeFreeってのは、樹脂製のメガネフレームで、
とにかく軽くて愛用していたのです。
小鼻にメガネの重量でくぼみができるよね?
あれができない優れもの。

製造元のHOYA(株)が高品質レンズ製品の開発に集中する為
フレーム製造を中止することになり、今年12月末日をもちまして
完成品受注終了となりますのでご連絡いたします。


…ううむ…。どうも老眼入ってきたみたいなので、
4月の誕生日には自分プレゼントで新しいフレーム買おうと思ってたのに…。
弐萬圓堂に行けば、同じ値段で別のフレームは手に入る。
…でもさあ、同じフレームを4本買った眼鏡だということを考えても、
気に入ってると思うんだよねえ…。
…ううん…クリスマスに自分買いするか…?
posted by NOIRA at 22:36| Comment(3) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

ムック本「電人ザボーガー」

宇宙船別冊 電人ザボーガ― (ホビージャパンMOOK 421 宇宙船別冊) [ムック] / ホビージャパン (刊)

先日カラオケで遊んだ際にまいとさんが貸してくれた本を読んだのでレビューするなり。
2011年に読了した本61冊目、「電人ザボーガー」宇宙船別冊、ホビージャパン:刊。

2011年映画版の設定や主役級の役者さんたち、監督などへのインタビュー、そして旧TVシリーズの内容についても網羅されていて、作品に対する愛が感じられる1冊。
…というか、映画版で腑に落ちない感があった私のもやもやを完璧にフォローしてくれてありがとうという1冊ww

…でもまあ、あまり多くを語るとここに出没する特撮スキーさんたちの総ツッコミが怖いな…

…で、もうどうツッコまれても平気なように、ザボーガーのイラスト描いてみたよ!
ほらね!

zabo_2011_01.jpg
えー、じじい大門とルドルフザボーガー(またはパラリンザボーガーメリクリ仕様)ということで。

そしてごめん、色塗りしてる暇がなかったんじゃ…
さらにごめん!ジーンズ上下は季節柄赤く塗るよ!
posted by NOIRA at 23:22| Comment(14) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

2011年のクリスマスツリー09

運転疲れで肩ばきばき。
整体に行った。
そんでもって、レジ脇のツリーを撮ってアップ。
先日撮り忘れたやつだよ!

DSC_0171.JPG
posted by NOIRA at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デフォルメしすぎたwww

金曜日のおたよりに載せたざつまん。

zatu20111127.jpg

女の子は「怖すぎ〜」とコメント。
男の子は「面白い〜」とコメント。
…多分顔のデフォルメがきつすぎるせいかと…。

ざつまんは基本夜の残業で描いてるからなあ。
(勤務時間内に描く度胸はないが、仕事だとは思ってるんだ…)
怪しい精神状態の時には気をつけよう…。
(コレ描いたときに怪しかったかどうかは謎)
posted by NOIRA at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

ニューフェイス

DSC_0170.JPG

本日は、埼玉県川口市まで文鳥のお姫様を迎えに行ってきました。
関越を通って、新潟→群馬→埼玉→東京、
練馬で降りて外環に乗って、東京→埼玉

…あれ?
埼玉県って東京より遠(ばき

(というか、直線で行けないから仕方ないのよ)

で、東京外環自動車道ですが、
何故降り口も乗り口もないのか。
川口西の次に川口中央インターがあるはずなのに、

Σ 気がついたら草加についてた!

旦那が助手席でiPadナビしていたのですが、
2人揃って見落とすとか、それはアリなのか。
それともダイブしろと(ないない)

そんなこんなで、mixi経由のご縁で3月生まれの女の子を2羽お迎えしました。
両親が手乗りの姉妹だそうです〜。
本人達は半荒だそうですが、うちも半荒が多いので気にしない方向でw
1羽はシルバー、1羽は並文鳥ですが、
お父さんがシナモンだそうなので、
お母さんはシルバー因子を持ってるってことかしら。
(えーと、羽色の因子が一対とも思えないんだけど、
ざっくり乱暴に言うとシルバーの子はシルバー因子とシナモン因子を、
並の子はシナモン因子とノーマル因子を持っていて、
発現系がシルバーとノーマルということか、な?)

…まあ、うちの子たちとカップルになって、
なおかつ巣引きに成功しないと意味のない考察だけどね…。
できればしぐれちゃんとシルバーのお嬢さんが、
まるちゃんかひかちゃんとノーマルのお嬢さんがカップルになってくれると
この先の世代に期待が持てるんだけどなあ。

けんちゃんは交尾体勢がうまく取れないし、
なっちはそろそろ卵生むのやめたはずなんで、
ここはカップル度外視で同居してもいいかなあと。
で、現在仲良くしているしょこらちゃんとているくんは一緒のままで。

…とか今考えているけど、
メンバーが変わるとどう転ぶかわかんないんだよなあ…。

現在2羽とも名前がない状態。
前の飼い主さんに名前聞いてくるの忘れた(ばき
で、メールで聞いたところ「新しい名前でも大丈夫ですよ〜」と返事が来たので、
しばらく悶々して命名する予定。
その前に、うちの環境に慣れてもらうのが先かな。
1週間くらい、同じ部屋にはいてもらうけど放鳥は別々にして様子見です〜。
posted by NOIRA at 20:04| Comment(4) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年のクリスマスツリー08

DSC_0168.JPG

移動中、三芳パーキングエリアにて。
入り口にでかいツリーがどーん。
実はその前に寄った赤来高原SAでも撮ったんだけど、ケータイトラブルで保存できず。
買う勇気がなかった「トマQソフト」も一緒に写ってたのに…。
(どう見てもソフトクリームにミニトマトときゅうりがささってるような見本でした…味、合うの?)
posted by NOIRA at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天気は上々

DSC_0164.JPG

これから埼玉まで文姫様を迎えに行ってきます(^^)
空っぽのケージを車に積んで、いざ出発!
posted by NOIRA at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

2011年のクリスマスツリー07

DSC_0163.JPG
さて、市内のガトウ専科へ。
入り口にかわいいクリスマスツリー型のキャンドルホルダーがあったので、
お店の人にお願いして撮らせてもらう。
…じつは隣に普通のツリーもあったんだけど、
お誕生日黒板が入りそうで諦めたんだ…。

でもこのツリー、素敵だと思うんだよねえ。
…ちなみに背景にはクリスマスケーキの宣伝写真がww
posted by NOIRA at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメン

DSC_0161.JPG
週末は東京に行って文鳥のおにゃのこをゲットしてくる予定!
そんなわけでガソリン補給したり、おみやげ買ったり、いろいろ今日のうちに用事。
ついでなので久々に幸楽苑。

…ざるラーメンがなくなっててショック。
しかし「濃厚魚介つけ麺」なるものがあったので今日はそちらにトライ。
…節系とろっとスープがなかなかウマー。

…あ、小三太夫さん、
「ばすきや」のカリーラーメンですが、
粟山の「バルム」で復活したそうだよ。
(超私信)
posted by NOIRA at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年のクリスマスツリー06

DSC_0159.JPG

旦那を病院に送ったついでに、西堀ローサをしばし散策。
中央の広場には、4本のクリスマスツリーが立っていたよ!

…まあ、そこは良い感じとして、
(写真がぶれてるけどな…)
健康食品の店とか…なんかのセミナーやってるらしい雰囲気とか…
え。ここそういう店が多く入ってるところだったっけ?

どうしてこうなった…。
ナウでヤングでファッショナブルな西堀ローサはどこへ行った…(;A;)
シャッターも多いしさ…(ショボーン)

気を取り直して、どこかの口コミまたはタウン誌で見たはずのメロンパンのお店に行ってみた。
メロンパンが売り切れだった…。
…しくしく…

メロンパンはリベンジしたいと思っております。
多分冬休みになればもっと日中早い時間帯に突撃できるはず!
posted by NOIRA at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

鳥飼否宇「桃源郷の惨劇」

桃源郷の惨劇 (祥伝社文庫―Dramatic novelette) [文庫] / 鳥飼 否宇 (著); 祥伝社 (刊)

昨日の夜読み終わった薄い本をご紹介〜。
2011年に読了した本60冊目、「桃源郷の惨劇」、鳥飼否宇:著、祥伝社文庫:刊。

鳥飼否宇つながりで…というか、「MM9」の第2部を読むはずだったのにこっちのほうが薄いからぱらぱら見ているうちに読み終わっちゃったでござる。

舞台はヒマラヤの奥地。
まさに桃源郷といった美しい村が存在する。
そこには、日本人と同じ顔立ちの人たちが平和に暮らしている。
そこにやってきた日本の撮影スタッフたち。
まだ撮影されたことのない新種の鳥を撮るためにやってきたのである。
しかし、取材の最中にカメラマンが惨殺される。
犯人は村人から神と崇められるイエティなのか?

…という感じで、カメラマンが変死し、何故?犯人は?についてスタッフたちがいろいろ推理する(村人たちは日本語が通じないため)のですが…

アレ?
なんで鳶山久志氏がスタッフの中に混じってるの?
これつまり「観察者」シリーズ?
猫田さんがいないよ…というか、出版社違いますよね?
(と思ったけど、「樹霊」も「物の怪」も「桃源郷の惨劇」もみんな出版社違うじゃん…)

…うーん…結局判明した真犯人にも、殺害に至る動機や方法にも文句はないんだけど、物語序盤で「うおお、この一見平和な村に惨劇が!」と期待すると肩透かしを食うと言うか、序盤で期待した分、事件そのものの小粒感が気になると言うか…。
通訳と村人との間にある宗教観の違いみたいな描写とか、実は背後に密漁問題が絡んでたりとか、個々のパーツは面白いんだけどなあ…。

そして「観察者」鳶山久志の微妙な後出し感とか、探偵っぽくなさとか…ああ、でも別に「探偵」じゃなくて「観察者」だからいいのか…。事件に対して一歩引きすぎってこと?
(そして「探偵役だったらもう少し正義感とか…」と考え始めたら「メルカトル鮎」という名前が脳裏に浮かんできてそれについては引っ込めることにしました。てへ。)
posted by NOIRA at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

2011年のクリスマスツリー05

DSC_0156.JPG

ランチのお店「バローロ」のレジ脇にもツリーがあったので写真。
もうどこもかしこもクリスマスだよ!
posted by NOIRA at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランチ&カラオケの会

DSC_0154.JPG

まいとさんとF2さんとランチ中。
でもタリーズで食べたばっかりでお腹いっぱいだったので甘味だけw

小三大夫さんは都合がつかず不参加。
残念。
このあとカラオケです〜(^o^)/
posted by NOIRA at 11:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年のクリスマスツリー04

DSC_0151.JPG

DSC_0152.JPG

朝、旦那と南万代のタリーズへ。
店内がもうクリスマスって感じで可愛らしゅうございました。
ツリーも入り口にでっかいのが1本、
店内にも小さいのがあったけど、
そっちは売り物のそばにあったので失礼だから諦めたなり。
posted by NOIRA at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

役得約得〜おもしろ狂言ライブ〜

職場で演劇鑑賞。

音楽鑑賞とか現代劇とかが多いんだけど、
今回は「おもしろ狂言ライブ」と題して、
狂言を見せていただいた。

…こういう文化的な行事に(毎年興味があるジャンルとは限らないけど)
触れられるのが教員生活のいいところだよなあ。
なんたって会場に行かなくてもいいし。
(デブ症もとい出不精まっしぐらな言い草ですな)

能や狂言なんてNHKくらいでしか見たことがないので
(しかも最近はテレビ自体見ないから何十年前の記憶だよ)、
なんとなくのイメージはあったんだけど、
今回舞台に先駆けて「お作法」をちょっと教えてもらったので
とても見やすかったです。
(小学校向けの平易で短いものだったというのもあるだろうけどさ)

低学年担任だったので、
お子様たちがどの程度物語を把握していたのかは謎。
(でも「桃太郎」は知ってる物語だからとっつきやすかったはず)
(「盆山」は「鯛が鳴く」というところに突っ込めなければ負けw)
まあ、独特の言い回しを体感できただけでも文化に触れたということになるのかなあ。

…大人は楽しかったですけどね!
子どもそっちのけで楽しめたらよかったんだけどね!
(ソレ禁句)

…ああ、ちなみに表現者の方もブログもってましたwww
今日の日付の記事、うちの体育館だーwww
posted by NOIRA at 21:42| Comment(3) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

鳥飼否宇「物の怪」

物の怪 (講談社ノベルス) [新書] / 鳥飼 否宇 (著); 講談社 (刊)

 さて、読書旬間も終わったけど、とりあえずもう1冊読んでみたよ!
2011年に読了した本59冊目、「物の怪」、鳥飼否宇:著、講談社ノベルス:刊。

鬼払いの秘祭を取材するため、植物写真家の猫田夏海は、生物の知識に精通した“観察者”鳶山久志らとともに、瀬戸内に浮かぶ現代アートの島―悪餌島を訪れた。その夜、ご神体として“鬼の腕”が収められた神社で、神事の準備をしていた女性が宝物の刀で惨殺される!洞窟に潜む羅刹の正体を、生物探偵が解き明かす!“観察者”シリーズ最新作にして異才・鳥飼否宇の真骨頂(―「洞の鬼」他二編を収録)。
「BOOKS」データベースより


 一見すると犯人は妖怪か!?というような感じで起こる殺人事件。…「巷説百物語」ならともかく、現代の日本を舞台にしたお話だとするなら、それはないでしょう。では一体誰が?そんな短編が3本。
 まあ、妖怪譚と殺人事件のミックスという感じのお話なので、ある意味ダークでグログロな感じになるのは予想通り。一見人間には不可能に思える状況から、本シリーズの探偵役「観察者」鳶山久志が真相を導き出す…。

 …論理に破綻はないだろうし結末が後味悪いのも想定内なんだけど、なんか今ひとつ突き抜けない感じ…。前回読んだ「樹霊」ほど猫田嬢(どうやら「嬢」という年ではないらしいけど)の思考回路に反発は感じなかったけど(というか、「良くも悪くも女だなあ」という感想を真っ先に持っちゃった…ってやっぱ近親憎悪的な…?w)、同じトリック、同じ犯人でももうちょっとグログロながらにすっきりした後味が欲しかったなあ…(意味不明です)。「突き抜けない感」がどこに原因があるのかはよくわからないんだけどさ。
posted by NOIRA at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

アンバランス

今日でseesaaさんは8歳(8周年)だそうです〜。
おめでとうございま〜す!
今後共素敵なサービス提供をお願いします〜。

さて、最近メンバーが激減したうちの鳥たち。

もともと3月までは
2×5+1だった。
内訳は、ケージごとに、
(くるみ♂しょこら♀)
(ている♂ぷりん♀)
(まる♂なっち♀)
(けん♂うみ♀)
(しぐれ♂おうか♀)
(ひかる♂)
…という構成。
しかし、3月のくるみ、10月のぷりん、11月のおうか&うみ…と
今年はお空に羽ばたいていく子が多かった。
みんなせっかちすぎ!
もっとゆっくりしていけよもう!

で、現在2×2+1×3に。
内訳は、ケージごとに、
(ている♂しょこら♀)
(まる♂なっち♀)
(けん♂)
(しぐれ♂)
(ひかる♂)
…が。これは放鳥していない時の話。

放鳥すると、3×2+1に早変わり…
(ている♂しょこら♀しぐれ♂)
(まる♂なっち♀けん♂)
(ひかる♂)… orz

DSC_0135.JPG
最近のケージ周りの様子。
まん中にアスレチックを置いて楽しんでいただこうと思ってますが、
誰もブランコで遊ばないし巣箱にも入らない… orz
(ちょっとずつ止まり木には止まるようになってきてるけどね…。

DSC_0148.JPG
ている♂、しょこら♀、しぐれ♂組。
昨日はしょこらちゃんにしぐれちゃんが乗っているのを見たんだけど、
その後大げんか。
今日もしょこらちゃんがしぐれちゃんを避けまくり。
しぐれちゃんは放鳥後なかなか出てこないこのカップルのケージの上で待ってます。
ちょっとストーカー風味。
ているくんは…負けるから出て来ません…。
思われてるのもしょこらちゃん(多分)、戦うのもしょこらちゃん。
…なんか間違ってる…

DSC_0146.JPG
こっちはまる♂、なっち♀、けん♂組。
まるちゃんとけんちゃんが喧嘩して、なっちは涼しい顔で見てます。
熟女の貫禄…?
というか、去年あたりからほとんど卵産まないから関係ないってこと…?
(いいんです、卵産まなくても元気なら)

DSC_0139.JPG
んで、どこまでもスタンドアローンなひかるちゃん。
ひか、かわいいよひか…
だが交尾まで私の手で済ますのはやめてくれよ…

あんまりな状況なので、女の子を迎えるべく画策中です…
posted by NOIRA at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年のクリスマスツリー03

DSC_0128.JPG

いつもお世話になっている整体にて。毎年同じツリーだけど、好きな色合い。
posted by NOIRA at 12:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

2011年のクリスマスツリー01&02

旦那の通院に付き合って古町へ。
…まだ11月なのにあちこちにクリスマスツリーが!

…これは撮らねばなるまいw

そんなわけで、今年もクリスマスツリーのシリーズ開幕ですw
ただし、撮ってすぐにアップすると
横長の写真になるのが一手間だなあ…

で、写真。

DSC_0122.JPG

ツリー01は古町のハーフサイドと言うお店(古町富士屋の隣)。
スタンダードなクリスマスカラーで良い感じ。
高さ2m弱。

歩いていった先でもう一枚撮ったのでそれも。

DSC_0124.JPG

こっちは大和デパート跡地に入った「山下の家具」のショーウィンドウ。
威力偵察もしてきたよ!
キッチン用品がなかなか充実していたよ!

…明日はとりあえず本町周りを…
(出歩く気まんまんです)
posted by NOIRA at 19:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする