2017年05月16日

退勤途中に事故現場

今日も頑張ってお仕事(多分)。
18時ころまではたくさん人がいた職場も、
18時半ころから「お先失礼します〜」の声とともに徐々に人が減っていき、
19時半近くに私も店じまい。
後に残るのは教頭先生@鍵係。

さて、スーパーに寄って買出しして帰ろうといつもの田んぼ道へ。
あれ…なんか車が何台か停まってる…

…と思ったら、こっち向いて停車している車の向こうからやってきたのは
「お先に失礼」したはずの同僚。
「事故で車がひっくり返ってて通れませんよ」

Σ なんですと!?

…と思っていたら、私より少し先にいた車が農道でUターンしてきた。

そしてこの車も同僚だった。
ナニコレ、会う人合う人知った顔!
ミニマム教務室爆誕!
(というほどじゃないけど)

「フロント飛び散ってて向こうに抜けられませんよ」
「警察にはもう通報したそうですが」
「運転手さんは無事で今電話かけてます」
「警察が来るまで放っておくわけにもいかないですしね」

…というわけで、自分の車もUターンさせて外に出た。
「救急車呼ばなくていいんですか」
「本人が大丈夫って言ってますけど」
「とりあえず警察が来たら説得してくれるのでは?」

しかしこの道、田んぼの中の1本道なんだけど、
通勤路になっていてけっこう車が来る。
そうこうしているうちに教頭先生も到着した!
(鍵閉めて退勤してきたららしい)

…管理職まで標準装備!
もう驚かないw

仕方がないので、後ろからくる車をライト振り回して止めて、
事情を話してUターンしてもらうように誘導。
両方向から車が来て詰まると、警察が到着できないからね!

というわけで、数台追い返したところでパトランプに気が付く。
え、サイレン鳴らさないんですか事故ですよ…?

そんなわけで、いつもの道が通れないので高速使って帰りました。
早くて快適!
…だがスーパーが遠くなった…(別のところに寄りましたけどね)。

運転手さん、遠目で見る限りでは元気そうだったけど、ほんとに何ともないといいなあ…
posted by NOIRA at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 実は実話・ネタ人生万才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする