2017年06月30日

ど う し た ん だ ・・・

一週間終了!
お風呂上りに迷宮に死にに行く

だいぶ慣れたもんで。
「とうくつしゃ」のビルドならめいきゅうの10階はこなせるようになったよ!
で、10回を超えて探索中。
おっとマスターニンジャ出たな!

全裸になんか大人の私は負けない!

masnin.jpg

 ぜ ん ら じ ゃ な い ・・・(呆然)

なぜビキニ…
公式にも何も書いてないような気がするんですが、
もしかして夏イベントがこんな形で来てるんですか…???
posted by NOIRA at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ルーシー・ナップ「モナ・リザをぬすんだのはだれ?」

モナ・リザをぬすんだのはだれ? (大型絵本) -
モナ・リザをぬすんだのはだれ? (大型絵本) -

 読書週間4日目。
並走して一人読書週間レビュー祭り開催中www
今日は司書の先生の手伝いもしたんだぜ!

 2017年に読了した本17冊目、「モナ・リザをぬすんだのはだれ?」、ルーシー・ナップ:文、ジル・マックエルマリー:絵、結城 昌子:訳、岩波書店:刊。

 モナ・リザが消えた!世界一有名な絵は、いったいどこへ?かくしたのはだれ?ぬすんだのはだれ?


 絵の中のモナ・リザ視点で追うアバウトモナ・リザ追跡行。
絵が描かれたとき、王家の人にひきとられ、
そして盗まれてふたたび美術館に戻るまでの物語。
ただし、主人公は「絵の中の人」なので、
「誰?_」に関しては言及しません。
「あの男」というように、絵の中の人が回想できる程度の情報に限られています。
凝ってるなあ。

あくまで「きれいな絵が描かれてから今までの経緯をたどる」物語を、
絵の立場になって語っているのがユニーク。
作者も美術館ゆかりの人らしく、時代背景や裏話をもりこみつつも、
子どもが読者であっても感情移入しやすい本になっております。

実際に盗んだ人について気になる人は、あとがきで紹介されているので読んでみてね☆
posted by NOIRA at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

内田麟太郎「イタチとみずがみさま」

イタチとみずがみさま (えほんのぼうけん28) -
イタチとみずがみさま (えほんのぼうけん28) -

 読書週間3日目。
並走して一人読書週間レビュー祭り開催中www
だがほんのり司書の先生ばっかりが頑張っている気がして申し訳ない…

 2017年に読了した本16冊目、「イタチとみずがみさま」、内田麟太郎:作、山本孝:絵、岩崎書店:刊。

あざみに恋したイタチ。しかし、日照りが続き、あざみが枯れそうになる。
水神様に必死に祈るイタチの願いが届いたのか、空からポツポツと雨が落ちてきた。6月の行事絵本。


大切なアザミを死なせないために、イタチは必至で雨ごいをする。
それはいつしか忘れられた雨ごいの踊りとなって、天に雲を沸かせ雨を降らせる…

他愛ないながらもかわいらしい、民話風語り口のお話。
だが、読みながら「恋かよ!」「おまえかよ!」と突っ込みが止まらない。
これが恋心である必然性がよくわからないのだが、
それは私の女子力が枯れたせい?
それとも昭和の腐女子の「やおい」談義の名残??

わりと何も考えずに「はあ〜」「かわいそう〜」
「がんばったんだね〜」「よかったね〜」で済ませそうなお子様を前に、
かわいらしく読み聞かせしたい1冊。
でもラストで「おまえかよ!」という突っ込みが聞かれたらそれはそれで面白いかも。
posted by NOIRA at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ムウェニエ・ハディシ「くいしんぼうシマウマ」

くいしんぼうシマウマ〈新装版〉 -
くいしんぼうシマウマ〈新装版〉 -

 読書週間2日目。
並走して一人読書週間レビュー祭り開催中www

 2017年に読了した本15冊目、「くいしんぼうシマウマ」、ムウェニエ・ハディシ:文、 アドリエンヌ・ケナウェイ:絵、 草山万兎:訳、西村書店:刊。

 ずっとずっと昔、サバンナで暮らす動物たちの体は、みんなうすぼけたつまらない色でした。ある日、大きな音とともに現れたほら穴で素敵な毛皮を見つけて、動物たちは思い思いに着飾ります。さて、くいしんぼうのシマウマくんは...? ケニアの昔話。


 動物の体色や模様の起源話。
動物たちは自分の好みの毛皮を自分で縫って着飾ったんだそうな。
だけど食いしん坊のシマウマは、あっちこっちで寄り道をして、
着いた時には黒い毛皮しかなかった。
しかも食いしん坊で太っているもんだからびりびりに破けて今のあの縞々が…

Σ ちょっと待った!!
シマウマのあれを「太っている」とするならば、
私はどうしたらいいの〜〜〜〜〜〜!!

レーシング・ストライプス」とかを見た感触では、
さすがに馬よりはお尻がむっちりしてるかなと思うけど
(瞬発力を感じさせるトモの発達)
太っているという印象はないじゃないのよ…

…それとも後日談として「反省してやせ細った」のかしら…

重箱の隅的な感想はともかく。
途中でなんだか読めてくるオチに向かって楽しく進む物語と、
きりっとビビッドでポップな絵柄がマッチしてて素敵な絵本。
文の人も絵の人も、ケニアにはゆかりの深い国際人。
そして訳者の人は翻訳が本業じゃなくって生態学とかやっている理学博士らしいぞ。
あんまり情緒的な感じのしない仕上がりになっているのはそのせいかもしれない。
(…まあ、この手の起源話はそんなに情緒を追いかけないけどねえ)

不透明水彩とか取り出したくなる1冊でしたw
posted by NOIRA at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

かさいまり「くれよんがおれたとき」

くれよんが おれたとき -
くれよんが おれたとき -

 読書週間開幕!
休み時間は阿鼻叫喚!
一週間駆け抜けるわよ!みたいな。

 というわけで、今週は読み終わった本のブックレビュー強調週間ですw
読んだらとっとと記録しろや自分www

 2017年に読了した本14冊目、「くれよんがおれたとき」、かさいまり:作、北村裕花:絵、公文出版:刊。
平成29年新潟県課題図書。課題図書つながりで「ばあばは、だいじょうぶ」の後で読んでみた。
友達との微妙ないさかいについて描かれた物語だけど、
ばあちゃんが認知症になるよりほっとするよ…。
というか、この物語がアンハッピーエンドで終わったとしても、
この先仲直りすることはあり得るわけで、
子ども視線で「こんなとき、どうするかな」「あの時の〇〇ちゃん、こんな気持ちだったのかな」と
考える余地があることもあり、こっちの方が安心してお子様に渡せるなあ…
(いや、「家族が病気」枠もそれはそれで大事だとは思うんだけどさ!)

主人公の女の子は気が小さくておとなしいようだけど、
それでもしっかり感じていることはあって、
それがなんだかあるある過ぎて好感が持てます。

新しいクレヨンがもったいなくて使えない。あるある。
仲良しのお友達に「貸して」って言われて、本当はいやなんだけど断れない。あるある。
がっつり使われちゃってがっかり。あるある。
返してって言えない。だったら我慢すればいいのに顔や態度に出ちゃう。あるあるある!

幼いころのあるある中枢をいろいろと刺激されました。
でも、だからこそ最後にふり絞った勇気は素敵だよね。
素直に共感出来ましたとも!
(う〜ん、逆に素直に共感できすぎるから引っかかりが少なくて感想文課題図書向けじゃないのか?)

自分にも、もったいなくて死蔵してしまったあれやこれやがあるわけですが、
(そしてそれがハムスターの巣を構成していて断捨離なんてとてもとてもなのですが)
「モノはモノ」と割り切って使えるようになることが成長なのか、
「大事なものだから貸せない」ときっぱり言えるようになることが成長なのか、
「不満があってもポーカーフェイス完璧」が成長なのか。
いや、どれもある意味成長なんだろうけど、どのベクトルが正しいのかなあ…。
(個人差であるとは思うけどさ)

そして、最近の自分を振り返ってみるに、
「新しく買ったものがもったいなくて使えない」はまだかすかにあるけど、
「お気に入りだから貸したくない」が徐々になくなってきた感じ…

たぶん「布教活動」になっちゃってるんだろうなあ。
特に文具。
困ったもんだ。
posted by NOIRA at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ちまちま整理

トラックバックの件もあり、
ちょっと右サイドバーの見直しを…

Σ プロフ3年前に書き換えたきりじゃん!

というわけで、この期に及んで誰も読んでいないであろうプロフの書き換えw
そのうちTB履歴も外します。

で、あと600ほどで17万カウントです。
今回も何もしませんがw

今日は小三太夫さんに誘われてランチをしてきました。

Σ 写真撮るのをわすれたどころかスマホ忘れて出かけたよ!

そんなわけで、いろいろグダグダな週末…
平日もグダグダだし、ちょっともう少し気合いを入れた生活はできないものか。
(たぶん仕事で使い切ってる)
posted by NOIRA at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

休日ルーチン

今日は洗濯と買出しと整体に行く土曜ルーチン。

ムサシが15周年記念祭でえらい混んでいた…
ペットショップでトカゲとか蛇とかがんがん推しでコーナー作ってましたよ!

…爬虫類も嫌いじゃないけど、
やはり鳥が一番です!

…だがみんな見られまくってお疲れモードでした…
(とはいえ、平日に行く余裕はないしなあ)
posted by NOIRA at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

今週は気力がなかった…

本日…スポーツテストの手伝いで3時間体育…
(と言っても運動はしていないが)

その後放課後に陸上…
(と言っても歩いて移動と計測くらいしかしていないが)

なんでこんなへろへろなの…

睡眠とって英気を養うなり…(ばたんきゅー)
posted by NOIRA at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

読書週間寸前

なんということでしょう!
余裕をもって1か月以上前に計画を立てたのに、
来週から始まる読書週間の準備がぐだぐだです…!

去年よりも勝手がわかってるはずなのにこのていたらく…!

これ絶対年のせいじゃないよなあ…
(何もかもを年齢のせいにすることはできないのですよ)

多少なりとも新しいことをやろうと思ってるのですが、
体も能力もなかなかついてきませ…(死亡

なのに陸上練習も始まるんだぜ… orz
posted by NOIRA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

「鼓童」鑑賞

今日は近隣の小学校がホールに集まって音楽鑑賞会〜。
何年かぶりに「鼓童」を見たよ!

前回の公演と同じ人がいたりして、
何度も見る醍醐味も味わえました。
そして、なんといっても体に響く音の迫力!
ええもんみせてもろた…(うっとり)。

今回、公演メンバーに女性がいたのが意外。
前回はみんな男性だったような…
(女性が駄目だってことじゃないけど、
舞台衣装が女性向けじゃない気がして心配)
また、中には息を切らして演奏しているメンバーがいたりして、
体力使うんだろうなあと思いました。

サイトを見ると一般公演向けの衣装はもっときらきらしてるんだなあ。
そのうち機械があったらそっちも見てみたいです。
posted by NOIRA at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

トラックバック機能の終了のお知らせ

運営からの連絡で、
トラックバック機能終了のお知らせ」というのが来ていた。

Σ まだ機能していたのか!

送ることももらうこともかなりまれになってきたこの機能、
前から送っては失敗することも多くて、
もう使えないのかと思ってました。

…もしかしたら報告すれば少しはましになったのかなあ?

ちなみに、今までやり取りしたTBは消えないらしいです。
…ほかになにか変わる機能はないものか。

…イイネボタンとか実装されないかなあ。

追記:SCさんのTBに反撃してみたww
posted by NOIRA at 23:53| Comment(13) | TrackBack(1) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ひとあんしん

まき直したホウセンカの芽が出てきた…
やった〜!
これで今後の理科も安泰だ…
(そうかなあ)

とりあえず移植できるまで見守りつつ育てます…
posted by NOIRA at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

楠章子「ばあばは、だいじょうぶ」

ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち) -
ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち) -

 2017年に読了した本13冊目、「ばあばは、だいじょうぶ」、楠章子:作、いしいつとむ:絵、童心社:刊。
平成29年全国課題図書。一応課題図書だから読んでみた。

大好きな、やさしいばあばが、この頃変わってしまった。何度も同じ質問をしてきたり、とくいだった編み物ができなくなったり。ばあばは「わすれてしまう病気」なんだ。そして冬の寒い日、ばあばがいなくなってしまい…。


 うわわわわ。認知症のおばあちゃんを子どもの視線から見た物語か!
課題図書にはどうも「病気枠」があるんじゃないかと思うほど弟や妹が病気になったり死んじゃったりするわけですが、これもそういう系統の選書なのでしょうか。
だいじょうぶ、だいじょうぶ」あたりでも思うんだけど、「病気」の弟や妹ならなおる希望もあるんだよなあ(まあ、そういう物語では結構な頻度で死にますが)。
だが、老人の場合は、なおる希望がとても少ない。
そして、作者の体験が元になっているという「大好きだったはずのおばあちゃんにやさしくできなくなっていく主人公」のリアル。
…ごめんなさい、絵本でこれは…きついっす…。

そもそも「だいじょうぶ、だいじょうぶ」なんかは5年生の教科書に載ってるんだけど、
ベッドに横たわるおじいちゃんに、ぼくが「だいじょうぶだよ」と話しかけるラストで、
私自身が「大丈夫なもんか〜〜〜〜〜〜っ!」って言いたくなるからなあ。
(授業ですのでお子様の解釈とか教科書の解釈に合わせますけどね)

大丈夫じゃないけど大丈夫って言わなきゃいけないんだよ!
それが病室に行った時のジャスティス!
(祖母が末期がんで入院してた大学時代の叫び)
目の前で呼吸が止まっても冷静にナースコールですよ!

…そんなわけで「大丈夫じゃないがな!」と内心叫びつつも読了。
お子様読者はそこで終了なんだけど、
大人な私はあとがきまで読んでさらに身につまされました…。
老々介護とかこの先自分の身にも…
(というか、若いころの人生設計ではそろそろいなくなってるはずなんだけど、
なんかとりあえずもうしばらく生きられるっぽいから自分の認知に心配が…)

で、読書感想文の審査もしたことがあるんだけど、
本の内容と感想にリンクして、
自分(感想文を書いた人)の生き方の変化を問う…みたいな読み方するんですよ…。
この本の感想文、なんか壮絶そうだなあ…

というわけで、意外に重たい1冊。
感想文を書かない人も、ぜひ。
posted by NOIRA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

エロ認知

うちの学校の司書の先生は、
新刊図書を購入すると、
表紙の縮小カラーコピーを取って、
掲示板に貼って告知している。

図書室に向かう階段の踊り場にその掲示板はあって、
朝、教務室から図書室に向かう途中で新刊が増えていく様子が
視覚的にわかるようになっている。

で、今週私の目に飛び込んできた1冊の本の表紙。

「おんなのしろいあし」

Σ これエロい奴だ〜!!

と、直感した。
表紙は淡い水彩での少年の絵。
うつむき加減の彼は、リコーダーを口にあてている。

Σ これエロい奴だ〜!!

ん、待てよ?
縮小された表紙絵に寄っていくと、
「怪談えほん」と書かれている。

ああ…これ「エロい奴」じゃなくて「怖い奴」のほうだったか…
悪い本」と同じシリーズですね。

まあねえ、小学校の図書室に入る本だし、
エロの方向性はごく限られてくるよねえ。
(性教育系の本はエロいこともあります。
むしろ出産直後の血まみれの赤ん坊と陰部的なグロいのもあります。)

…えーと、これ「先生なのにエロ判定して恥ずかしいわ」と思うべきところ?
それとも「わがリビドーの生存を確認したり!」と喜ぶべきところ…?

ちなみに、ずっと貸し出し中で戻ってきません。
朝のカウンターで隙を見て読もうと狙っているのになあ。
posted by NOIRA at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

週末ヘロヘロアワー

週末だ…

最近疲れやすく感じるのは何なのか。
年か。
年なんだろうなあ…。

来週から陸上が始まります。
そのうちプールも始まります。
(現在ポンプが壊れて始まってません)

…つらい夏になりそうなり…

…プールはいりたい…
(担任じゃないからプールサイド監視任務ばっかり)

というわけで体が重いので寝ます…
(寝ても体重は減らないの法則)
posted by NOIRA at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

キム・ファン「すばこ」

すばこ [ キム・ファン ] - 楽天ブックス
すばこ [ キム・ファン ] - 楽天ブックス

 今日も今日とて限界体力。
昨日の「いってらっしゃ…(がくり)」に引き続き、
今日は「おかえりなさ…(ばたり)」という感じなんだけど、
6年生は無事に帰ってきましたのでまあいいかなと。


 で、相変わらずのカウンター読書。2017年に読了した本12冊目、「すばこ」、キム・ファン:文、イ・スンウォン:絵、ほるぷ出版:刊。

 「小鳥さんが子育てしやすいように巣箱をかけよう!」
さて、この発想はいったいいつ頃できたものなのか。
なんたって昔は鳥なんてどこにでもいたし、
人間の頭には「保護する」なんていう単語はなかった。
パパゲーノは鳥もちもって捕って売ってたわけだしね。

 で、ドイツのベルレプシュ男爵による巣箱の発想とその完成、
世界への広がりなどを絵本で表現したのが本作。
鳥スキーは読んで感動するのがいいと思うよ!
ちなみに、日本では森岡農林高等学校の実習で使われたのが最初である…みたいな
しびれる蘊蓄もちらり。

元祖鳥スキーの男爵に敬礼!
緑あふれる挿絵もちょっとほっとするよ!
posted by NOIRA at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

いってらっしゃ…(がくり)

6年生が修学旅行にお出かけだ!

…というわけで、今日は早起きして、
出発式に間に合うように&スクールバスの交通整理に行ってみた。
楽しんできてね〜!!

…1時間弱の早出なのになぜこんなに疲れたのか。
さっきまで寝落ちしてました… orz
ホント体力落ちたよなあ…
posted by NOIRA at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

おうち焼肉

昨日は遅く帰って来たんだけど、
スーパーのお総菜コーナーとかお弁当コーナーとかを見つつ、
ついでに通りかかったお肉コーナーで焼肉セットが安かった。

1500円のお肉3種類セットが560円ってもう買うしかないでしょ!

これで一挙に肉欲求の高まったワタクシw
(「肉欲」と省略してはイケナイwww)

というわけで、今日は早く帰って焼肉だ〜!

とはいえ、ホットプレートとか出すと大掛かりになるし、
先日買ったグリルプレートで焼肉を試してみることに。

こんなの↓
グリルプレートL(ブラック・ブラウン)ツールズ イブキクラフト 陶器のクリル用プレート 魚焼き【あす楽対応】 - ルブレ
グリルプレートL(ブラック・ブラウン)ツールズ イブキクラフト 陶器のクリル用プレート 魚焼き【あす楽対応】 - ルブレ

皿をそのままグリルの中に放り込んで、
肉を並べて、しばらくたったら裏返す。
グリルはそう広くないので繰り返し作業が必要だったけど、
なにこれかんたん!
(まあ、焼肉自体はそう難しい料理ではないな…)
(…「料理」…といっていいのか…?)
しかも落ちた脂が目に見える!
焼きあがったお肉はお皿に放り込み、
たまった油はキッチンペーパーでふきふき。

なかなかおいしくいただけました。
グリルの中も脂だらけにならなくてよろしい!

…で、焼肉のたれとかそういう調味料は使い切れないことが大変多いので、
今回はついでに見つけたポーションタイプのものを使用。

[エバラ食品]黄金の味 中辛 プチサイズ 42g×3個入/焼肉/タレ/ポーション/調味料 - ドラッグストアザグザグ通販
[エバラ食品]黄金の味 中辛 プチサイズ 42g×3個入/焼肉/タレ/ポーション/調味料 - ドラッグストアザグザグ通販

3個入りで、1人1個をたれ皿に入れて使用。
一つ余ったけど、一つくらいなら炒め物で使う機会もあるに違いない。
消費期限は来年になってたし。
(しかしそこで忘れ去る落とし穴がががが)

焼きながら食べるわけじゃないけど、
出来上がったころにやや冷めてるのが難点と言えば難点かなあ。

…旦那に運びつつ、自分の分はグリルの隣で立ち食いすれば
あちあちうまうまなんじゃないかしら…
(もう職場で食育とかマナー指導とかする資格がない)
posted by NOIRA at 22:51| Comment(1) | TrackBack(0) | モノは試しだ!(えー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

久しぶりに絵の具

やべえ。
読書週間のポスター作ってない…
(委員会のお子様と張り合って作りますw)

貼り絵っぽく構成しようと思っていたんだけど、
昨日どこかでマスキングインクの記事を見て(どこだか失念)、
水彩絵の具がいじりたくなった。
単純ww

でもマスキングインクを買っている暇もないので、
修正ペンでラインを書いた上に、絵の具をざかざか使用。
そんでもって乾いてから綿棒で修正液の上の絵の具だけこすり取るという変な方向に。

…狙った効果はそれなりに出たけど、
昔使ったマスキングインクとラバークリーナーのほうがよかった…
(紙の地の色が出ないんですよ…)

そして写真に撮ってくればよかった… orz
posted by NOIRA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

【心配だから】15才の母【やめてください】

確か去年に「14歳の母とかドラマかよ〜!」と思いながら写真記事を投下したけど、
(そして「鳥天国」カテゴリーじゃなかったので探すのに苦労した)
先月からまたぺん様が卵を産んでます。

というわけで、あれから1年、今度は「15才の母」です。

…人間だったら「ちょっと早すぎるからやめて〜」なんだけど、
寿命15年とか本に書いてあったのを記憶しておるのですが。
人間に換算すると私よりもひどい高齢出産にあたるのでは…

そして今回、4個産んで3個温めてるんですが…
帰って部屋の電気をつけると、
鳥かごの下の方にうずくまってあっためてるんですが…

お願いぺん様…
その行動は無駄なの…
(だってどう考えても無精卵)

まあ、産卵よりは抱卵のほうが体力は使わないだろうけどさ…
お留守番でも毛引きとかしたことないのに、
抱卵のために胸の毛抜いてるっぽいのよ…

心配です…
(寒くないことだけが安心材料かな…)

でも本気モードの時に卵を撤去すると、
また産みそうだしなあ…
posted by NOIRA at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | うきうき鳥天国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする