2017年07月01日

ディビッド・シャノン「ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった」

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった -
ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった -

 昨日で一応読書週間は終了。
並走して一人読書週間レビュー祭り開催中…なのに昨日の記事はビキニアーマーのインパクトに負けた…
最終日は、6年生のテーマ読書にお付き合い!仕事したよ!

 2017年に読了した本18冊目、「ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった」、ディビッド・シャノン:文・絵、清水奈緒子:訳、セーラー出版:刊。

 ほんとうは好きなのに、みんながリマ豆を嫌いなので、
食べたいのを我慢しているカミラは、まわりにどう思われているのか気にしてばかり。
そんなカミラの体が、ある朝とつぜんしまもように!


 たまった本の放出なので昨日読んだ本じゃないけど、
5年生対象に読み聞かせをした1冊。

 体が縞々模様になったのを皮切りに、
どんどん外見が変化していく恐ろしい病にかかったカミラ・クリーム。
本当の姿はどこに?
本当の「わたし」はどこに?

 …うわ。
絵本だから面白おかしくストライプとかチェックの体色になっちゃって、
最後に治って良かったね、
ついでに人目をあんまり気にしなくてもいいことがわかってよかったね、という内容だけど。
これは大人でもけっこう深刻な問題をはらんでいるような…

整形とかはちょっと特殊な例かもしれないけど、
アンチエイジングとかダイエットとか、
マスク外せない話とか眉毛を抜かずにいられない話とか…

♪ありの〜ままに〜♪

いや、難しい。
全く何の人目も気にしないのも問題だろうし、
人目を気にしすぎて委縮するのも問題だろうし、
紙一重超えちゃうと被害妄想とか誇大妄想とか…

ピアプレッシャー感じ始める時期に読み聞かせするのが妥当だとは思うんだけど、
とりあえず大人も時々読んで自省しとけ、みたいな。

私?御多分に漏れず人のことは言えませんとも!

かわいいし面白いけどボディブローのように効く1冊。
posted by NOIRA at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

ど う し た ん だ ・・・

一週間終了!
お風呂上りに迷宮に死にに行く

だいぶ慣れたもんで。
「とうくつしゃ」のビルドならめいきゅうの10階はこなせるようになったよ!
で、10回を超えて探索中。
おっとマスターニンジャ出たな!

全裸になんか大人の私は負けない!

masnin.jpg

 ぜ ん ら じ ゃ な い ・・・(呆然)

なぜビキニ…
公式にも何も書いてないような気がするんですが、
もしかして夏イベントがこんな形で来てるんですか…???
posted by NOIRA at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ルーシー・ナップ「モナ・リザをぬすんだのはだれ?」

モナ・リザをぬすんだのはだれ? (大型絵本) -
モナ・リザをぬすんだのはだれ? (大型絵本) -

 読書週間4日目。
並走して一人読書週間レビュー祭り開催中www
今日は司書の先生の手伝いもしたんだぜ!

 2017年に読了した本17冊目、「モナ・リザをぬすんだのはだれ?」、ルーシー・ナップ:文、ジル・マックエルマリー:絵、結城 昌子:訳、岩波書店:刊。

 モナ・リザが消えた!世界一有名な絵は、いったいどこへ?かくしたのはだれ?ぬすんだのはだれ?


 絵の中のモナ・リザ視点で追うアバウトモナ・リザ追跡行。
絵が描かれたとき、王家の人にひきとられ、
そして盗まれてふたたび美術館に戻るまでの物語。
ただし、主人公は「絵の中の人」なので、
「誰?_」に関しては言及しません。
「あの男」というように、絵の中の人が回想できる程度の情報に限られています。
凝ってるなあ。

あくまで「きれいな絵が描かれてから今までの経緯をたどる」物語を、
絵の立場になって語っているのがユニーク。
作者も美術館ゆかりの人らしく、時代背景や裏話をもりこみつつも、
子どもが読者であっても感情移入しやすい本になっております。

実際に盗んだ人について気になる人は、あとがきで紹介されているので読んでみてね☆
posted by NOIRA at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

内田麟太郎「イタチとみずがみさま」

イタチとみずがみさま (えほんのぼうけん28) -
イタチとみずがみさま (えほんのぼうけん28) -

 読書週間3日目。
並走して一人読書週間レビュー祭り開催中www
だがほんのり司書の先生ばっかりが頑張っている気がして申し訳ない…

 2017年に読了した本16冊目、「イタチとみずがみさま」、内田麟太郎:作、山本孝:絵、岩崎書店:刊。

あざみに恋したイタチ。しかし、日照りが続き、あざみが枯れそうになる。
水神様に必死に祈るイタチの願いが届いたのか、空からポツポツと雨が落ちてきた。6月の行事絵本。


大切なアザミを死なせないために、イタチは必至で雨ごいをする。
それはいつしか忘れられた雨ごいの踊りとなって、天に雲を沸かせ雨を降らせる…

他愛ないながらもかわいらしい、民話風語り口のお話。
だが、読みながら「恋かよ!」「おまえかよ!」と突っ込みが止まらない。
これが恋心である必然性がよくわからないのだが、
それは私の女子力が枯れたせい?
それとも昭和の腐女子の「やおい」談義の名残??

わりと何も考えずに「はあ〜」「かわいそう〜」
「がんばったんだね〜」「よかったね〜」で済ませそうなお子様を前に、
かわいらしく読み聞かせしたい1冊。
でもラストで「おまえかよ!」という突っ込みが聞かれたらそれはそれで面白いかも。
posted by NOIRA at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ムウェニエ・ハディシ「くいしんぼうシマウマ」

くいしんぼうシマウマ〈新装版〉 -
くいしんぼうシマウマ〈新装版〉 -

 読書週間2日目。
並走して一人読書週間レビュー祭り開催中www

 2017年に読了した本15冊目、「くいしんぼうシマウマ」、ムウェニエ・ハディシ:文、 アドリエンヌ・ケナウェイ:絵、 草山万兎:訳、西村書店:刊。

 ずっとずっと昔、サバンナで暮らす動物たちの体は、みんなうすぼけたつまらない色でした。ある日、大きな音とともに現れたほら穴で素敵な毛皮を見つけて、動物たちは思い思いに着飾ります。さて、くいしんぼうのシマウマくんは...? ケニアの昔話。


 動物の体色や模様の起源話。
動物たちは自分の好みの毛皮を自分で縫って着飾ったんだそうな。
だけど食いしん坊のシマウマは、あっちこっちで寄り道をして、
着いた時には黒い毛皮しかなかった。
しかも食いしん坊で太っているもんだからびりびりに破けて今のあの縞々が…

Σ ちょっと待った!!
シマウマのあれを「太っている」とするならば、
私はどうしたらいいの〜〜〜〜〜〜!!

レーシング・ストライプス」とかを見た感触では、
さすがに馬よりはお尻がむっちりしてるかなと思うけど
(瞬発力を感じさせるトモの発達)
太っているという印象はないじゃないのよ…

…それとも後日談として「反省してやせ細った」のかしら…

重箱の隅的な感想はともかく。
途中でなんだか読めてくるオチに向かって楽しく進む物語と、
きりっとビビッドでポップな絵柄がマッチしてて素敵な絵本。
文の人も絵の人も、ケニアにはゆかりの深い国際人。
そして訳者の人は翻訳が本業じゃなくって生態学とかやっている理学博士らしいぞ。
あんまり情緒的な感じのしない仕上がりになっているのはそのせいかもしれない。
(…まあ、この手の起源話はそんなに情緒を追いかけないけどねえ)

不透明水彩とか取り出したくなる1冊でしたw
posted by NOIRA at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

かさいまり「くれよんがおれたとき」

くれよんが おれたとき -
くれよんが おれたとき -

 読書週間開幕!
休み時間は阿鼻叫喚!
一週間駆け抜けるわよ!みたいな。

 というわけで、今週は読み終わった本のブックレビュー強調週間ですw
読んだらとっとと記録しろや自分www

 2017年に読了した本14冊目、「くれよんがおれたとき」、かさいまり:作、北村裕花:絵、公文出版:刊。
平成29年新潟県課題図書。課題図書つながりで「ばあばは、だいじょうぶ」の後で読んでみた。
友達との微妙ないさかいについて描かれた物語だけど、
ばあちゃんが認知症になるよりほっとするよ…。
というか、この物語がアンハッピーエンドで終わったとしても、
この先仲直りすることはあり得るわけで、
子ども視線で「こんなとき、どうするかな」「あの時の〇〇ちゃん、こんな気持ちだったのかな」と
考える余地があることもあり、こっちの方が安心してお子様に渡せるなあ…
(いや、「家族が病気」枠もそれはそれで大事だとは思うんだけどさ!)

主人公の女の子は気が小さくておとなしいようだけど、
それでもしっかり感じていることはあって、
それがなんだかあるある過ぎて好感が持てます。

新しいクレヨンがもったいなくて使えない。あるある。
仲良しのお友達に「貸して」って言われて、本当はいやなんだけど断れない。あるある。
がっつり使われちゃってがっかり。あるある。
返してって言えない。だったら我慢すればいいのに顔や態度に出ちゃう。あるあるある!

幼いころのあるある中枢をいろいろと刺激されました。
でも、だからこそ最後にふり絞った勇気は素敵だよね。
素直に共感出来ましたとも!
(う〜ん、逆に素直に共感できすぎるから引っかかりが少なくて感想文課題図書向けじゃないのか?)

自分にも、もったいなくて死蔵してしまったあれやこれやがあるわけですが、
(そしてそれがハムスターの巣を構成していて断捨離なんてとてもとてもなのですが)
「モノはモノ」と割り切って使えるようになることが成長なのか、
「大事なものだから貸せない」ときっぱり言えるようになることが成長なのか、
「不満があってもポーカーフェイス完璧」が成長なのか。
いや、どれもある意味成長なんだろうけど、どのベクトルが正しいのかなあ…。
(個人差であるとは思うけどさ)

そして、最近の自分を振り返ってみるに、
「新しく買ったものがもったいなくて使えない」はまだかすかにあるけど、
「お気に入りだから貸したくない」が徐々になくなってきた感じ…

たぶん「布教活動」になっちゃってるんだろうなあ。
特に文具。
困ったもんだ。
posted by NOIRA at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ちまちま整理

トラックバックの件もあり、
ちょっと右サイドバーの見直しを…

Σ プロフ3年前に書き換えたきりじゃん!

というわけで、この期に及んで誰も読んでいないであろうプロフの書き換えw
そのうちTB履歴も外します。

で、あと600ほどで17万カウントです。
今回も何もしませんがw

今日は小三太夫さんに誘われてランチをしてきました。

Σ 写真撮るのをわすれたどころかスマホ忘れて出かけたよ!

そんなわけで、いろいろグダグダな週末…
平日もグダグダだし、ちょっともう少し気合いを入れた生活はできないものか。
(たぶん仕事で使い切ってる)
posted by NOIRA at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

休日ルーチン

今日は洗濯と買出しと整体に行く土曜ルーチン。

ムサシが15周年記念祭でえらい混んでいた…
ペットショップでトカゲとか蛇とかがんがん推しでコーナー作ってましたよ!

…爬虫類も嫌いじゃないけど、
やはり鳥が一番です!

…だがみんな見られまくってお疲れモードでした…
(とはいえ、平日に行く余裕はないしなあ)
posted by NOIRA at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

今週は気力がなかった…

本日…スポーツテストの手伝いで3時間体育…
(と言っても運動はしていないが)

その後放課後に陸上…
(と言っても歩いて移動と計測くらいしかしていないが)

なんでこんなへろへろなの…

睡眠とって英気を養うなり…(ばたんきゅー)
posted by NOIRA at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

読書週間寸前

なんということでしょう!
余裕をもって1か月以上前に計画を立てたのに、
来週から始まる読書週間の準備がぐだぐだです…!

去年よりも勝手がわかってるはずなのにこのていたらく…!

これ絶対年のせいじゃないよなあ…
(何もかもを年齢のせいにすることはできないのですよ)

多少なりとも新しいことをやろうと思ってるのですが、
体も能力もなかなかついてきませ…(死亡

なのに陸上練習も始まるんだぜ… orz
posted by NOIRA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする