2017年08月23日

松本零士展

DSC_0333.JPG

入場券をいただいたので、
新津美術館の松本零士展に行ってきました〜。
ヤマトとか999とかけっこう直撃の世代なので楽しめました!

…とかいいつつ、もっと前のオメメのでっかい松本絵も好きなんだよなあ…
(東芝の光速エスパーとかさ)
展示はやはり999、ヤマト、ハーロックなどのスペースオペラ物が中心でしたが、
新人賞の投稿作品など貴重なデビュー前の原稿なんかもあってよかったです。

…ただ残念なのはハヤカワSF文庫の表紙絵・挿絵がカバーされてなかったことかな。
「大宇宙の魔女」とか大好きだったんだよ…
(むしろヤロール君ラブ)

新津美術館はハヤカワ文庫表紙イラスト展を開くといいと思うんだ!(錯乱)
(その際には川原由美子版「たった一つのさえたやり方」表紙とか、
グインサーガの表紙シリーズとかもぜひ)
posted by NOIRA at 20:50| Comment(4) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランパス2017夏04

DSC_0331.JPG

今日は江南区の鎌倉にてスイーツ。
(2件ほど振られてランチの時間を逃したなり)
940円のお汁粉とドリンクのセットが500円。
よし、もとはとった!
(我ながら世知辛いな)

そろそろランチなどと言っている暇がなくなるので、
今後は車に乗せておいてテキトーに扱いたいと思います。
ありがとうランパス!

ちなみに鎌倉のお汁粉ですが、
中の餅っぽいものが白玉とわらび餅のツインで攻めてきているため、
食感がなかなか面白いです。
あんこスキーは食べとけ。
posted by NOIRA at 14:43| Comment(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

出張に行ってきた〜!

午後から出張!
教科ごとの研究協議会の発表を見てきました。
刺激がいっぱい!

夏休み明けの仕事のヒントと
目に見えない宿題をたんまりもらった気分…!

いかん、いろいろやらなくては…
(追いつめられ感増)
posted by NOIRA at 23:58| Comment(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

仕事モード復活う!

久しぶりの出勤日!
仕事の仕方忘れてるよどうしよう…と思ったけど、
机の上の山(まあ1週間以上行ってないからね)を見たら
自動でスイッチが入ったwww

ちゃんと机が出てくるまで仕事をしたよ!
ついでにテニスボール50個のノルマも達成したよ!

明日は午後から出張なので午前はお休みですよ!
旦那が「送ってもらえる〜」と喜んでおります…

お昼には出発するから朝兼お昼でタリーズにでも行こうかなあ…
posted by NOIRA at 23:24| Comment(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

明日からお仕事

やっべえ休みすぎた!
仕事モード完全に抜けてる!!

…でもまあ明日からは仕事なので早めに休みます。
(部屋が暑くてよく眠れない)

一応ちょっと仕事してみた。
(作っておいたプリントのカラー印刷とか)
明日は日直なので1日ほとんど教務室。
とりあえず間に合うように行って、
学校内の見回りをしたら、
何の仕事ががっつり残ってるのか確認するところから始めたいと思います…
(ほんとにいろいろ忘れ果ててるなあ)
posted by NOIRA at 23:08| Comment(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ほぼ日手帳2018ラインナップ発表!

今年も来年のほぼ日手帳の発売予告の時期になりました。
(これがくると夏休みの終わりを実感する…)

今年のラインナップは全79種類!
増えたなあ…
仕事も含めてカズンを利用する使い方が定着してきているので、
来年度(使うのは4月はじまりです)もその方向で。
で、多分ジッパーズを使うと…
あれ、あんまり候補になるものがない…

TOTE BOOK(マスタード)
これ、見た目がシンプルで丈夫そう。
気に入ったんだけど、外側のポケットがない…
投函直前の手紙とか、準備したチケットとか、
宴会会場の地図とか、けっこう使うんだけどなあ。

mermaid
基本的なジッパーズのカバーの形を求めるならこっちかなあ。
テキスタイルがちょっと地味な気もするけど、
これは多分慣れる…というか、なじんでくると思います。
そして見た感じよりも触った感じが楽しみv
(minä perhonenのファブリックだからね)

今年の使い方は、なるべく分厚くならないように調整するような方向でやってきてるので、
バタフライストッパー型カバーに戻るのもありかしら。
そうするとウォーターブルーかヘーゼルが好みかな。

ビートルズのシリーズとか、
マザーのシリーズとか、
今年もオリジナルサイズのほうに面白そうなのがいっぱい…
だがオリジナルサイズだとスペースが足りないような気がしてるんだよ…
(思ったほど書き込んでなかったりもするんだけど、
週間ページにTODOが書けないと仕事がとっちらかりそう…)

そうそう、「取扱説明書」がヨシタケシンスケ氏で地味に楽しみ!
posted by NOIRA at 23:57| Comment(4) | モノは試しだ!(えー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

ランパス2017夏03

DSC_0328.JPG
旦那が午後休取るというので迎えに行ってランチ!
なかなか提供しているお店のない「牛筋カレー」ランチをいただいてきました。
(途中まで食べちゃったので見切れた写真で失礼)
ランチはカレーかオムライスを選べるのですが、
「うちはオムライスのほうが人気なんですけど」と言われちゃったw
いいの!
牛筋カレーを目当てに来たの!

ランチ価格700円→500円!
そろそろパスポート分の元を取った感じですw
posted by NOIRA at 13:12| Comment(0) | ケータイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ジャネット・ウィンター「バスラの図書館員―イラクで本当にあった話」

バスラの図書館員―イラクで本当にあった話 -
バスラの図書館員―イラクで本当にあった話 -

今日もお休み〜。
暑くて基本的にはやる気の出ない日々。
仕事どうしよう…(月曜からです)。
とりあえず、洗濯機を2回ほど回し、
床がぬめる気がしたので浴室の床を磨いてみた。

…私には専業主婦は無理です…怠けたい…

同様に怠けていたブックレビューも消化中w
2017年に読了した本24冊目、「バスラの図書館員―イラクで本当にあった話」、
ジャネット・ウィンター:作、長田広:訳、晶文社:刊。

6月の読書週間の時に、「テーマ読書」という企画をやって、
6年生のテーマ「戦争」の中に入っていた1冊。
テーマが戦争といっても、太平洋戦争ばっかりじゃなくて、
これは2003年イラン・イラク戦争を背景とした実話をもとに構成した絵本です。

イラクの街・バスラの図書館員が、広がる戦火の中、
図書館の蔵書を守るために、隣のレストランに本を隠したり、
友人たちと手分けをして本を自宅に避難させたりする。
なんか日本人としては「広島に原爆が」とか「大空襲で東京の街が焼けて」みたいな
イメージをどうしても持ってしまうのか、
まずは「自分の命が危ないのに本を守る余裕があるのか!」というのがひとつ驚き。
もうひとつは「隣のレストランにうつすことで本が守れるのかよ!」というのも驚き。
図書館には役所(=政治的施設)が移ってきた、ということなので、
ああ、それは攻撃対象なんだろうなあとは思うわけなんですが、
空爆とはいっても街自体が対称なわけではないのかなあとか、
東京大空襲みたいなのとはかなりイメージ違うけどこれは戦争の人権的側面の進歩?とか
家が基本木造じゃないと焼夷弾落としても大丈夫なのかしらとか、
空爆するにしても「上から爆弾落としてどかーん」というアバウトなものじゃなく
もっと精密に壊したいところだけ壊せるのかしらとか、
なんかいろいろ考えちゃった。

でもそうしたらグアムの避難訓練とか必要ないよなあ…。
それとも攻撃する主体によってその辺かなり異なる?

晶文社のこの本の紹介のページを見ると、
よそにはない手稿などもあったようだし、
救えなかった本もかなりあるみたいだけど、
この図書館自体は再建されたようでよかったです。
(現地の復興に関しては、まだまだのところもあるようですが)

そして、ちょっとぐぐってびっくり。
イラク(というかバスラ県)のグーグルマップは、
ストリートビューが使えないのね…
posted by NOIRA at 22:57| Comment(4) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ジャーヴィス「アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ」

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ -
アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ -

 今日は旦那を送り出してオフ日。
古いケージを金属ゴミに出し、
机の上をちょっときれいにしました。
…が、きれいじゃない場所のなんと多いことか…(ため息)

しばらく途切れていたブックレビューも消化しましょうかね。
2017年に読了した本23冊目、「アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ」、
ジャーヴィス:作、青山南:訳、BL出版:刊。
今年度の全国課題図書です。

アランはこわーいワニの一族。ジャングルのみんなは、アランをこわがるけど、それはアランのどりょくのたまもの。うろこをみがき、つめをとがらせ、歯を、いっぽんにつきさいてい10分かけてみがいてジャングルにでかけます。


Σ 嫌われ者にもプライドとアイデンティティが!

ジャングルのみんなを怖がらせているワニのアラン。
だけど、みんなが考えている「乱暴者で意地悪な怖いアラン」像を保つための努力!
すげえな!
(微妙にその方向性は間違ってないかと言いたくなるけど)

なんだか、悪役ばっかりやっている俳優さんとか、そんなのを連想した。
あと、「ぱぱのしごとはわるものです」とか。
(こっちもいい絵本だよね)

で、実はそのアランのピッカピカの歯は、入れ歯…!!
その入れ歯がなくなって…というお話。

最後にはジャングルのみんなとも仲良くなって、
もっぱら役に立つ「怖いアラン」になってめでたしめでたし。
みんなもアランのことが好きになるし、
アランもみんなに受け入れられて、
そのうえで「怖がらせる」こともできるし、
よかったね…という結末なんだけど。

なんだろう、この…
孤高さが失われたような感覚は…

いや、だれしも嫌われるのは嫌だろう。
だからハッピーエンドなんだけど…
お子様にはそういう読み方は進めないけど、
個人的にはもやもやする部分もあったりして…ううむ。

そして、感想文を書くとするなら、
「はみがき」に焦点を当てるか
「いじわる」「きらいなともだち」に焦点を当てるかによって
かなり切り口の違う内容になりそうだなあ…
ああ、でも、低学年のお子様の感想文になるだろうから、
「お兄ちゃんはいじわるだとおもってたけどじつはやさしいとおもいました」とか
「らんぼうできらいだと思っていた子とこんな面を見てなかよくなりました」的な
主旨の作文になっていくのかなあ…
posted by NOIRA at 23:03| Comment(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

本葬終了

予定通り1時間前に葬儀場入りして、
受付業務も葬儀参加(新規の方が少なかったからね)も無事終了。
焼き場のお別れまで行ってきました。

多少なりともお役に立てればよかったかな。
…弔問客に粗相がなかったと信じたい…

さて、今週いっぱい夏季休暇なんだけど、
そろそろいろいろリハビリ始めないと詰むかもしれない…

ピアノの練習とか… orz
posted by NOIRA at 21:57| Comment(0) | まったり周辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする